61件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

広陵町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第3号 3月 8日)

また、産業、農業、観光とその他分野を総合的に運営する取り組みは全国的に見ても余り例がないということで、地方における新たな官民連携のあり方や運営方法の試金石になるものと位置づけておられ、今後は、モデルケースとして全国に横展開を図ることが考えられているようであります。  

橿原市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第1号)〔行政経過報告〕

2月号では、専用のアプリをダウンロードしたスマートフォンやタブレット端末を紙面にかざすと、動画を視聴できるAR機能を奈良県内自治体で初めて導入しました。今後も市民の方々に、わかりやすく見やすい紙面作成に努めていきます。(所管:広報広聴課) [生活安全部] 1 1月12日に、橿原運動公園大駐車場において、橿原市・大和高田市・御所市・高取町・明日香村による「平成31年連合出初式」を実施しました。

橿原市議会 2018-09-12 平成30年決算特別委員会(平成29年度決算) 本文 開催日: 2018-09-12

5番目の人と文化のふれあうまちということで、国際地域間交流推進というところが1つありまして、その中で例えば海外の訪問観光団の参加者を増やしましょうと、目標が29年度は60やったのが、6しかできない、10%と、そういう評価をされています。  一方、これは何番になるかわかりませんけども、歴史を活用する観光の振興、これはどっちかというと観光政策課がメインで、観光客数については表示されております。

橿原市議会 2018-03-13 平成30年予算特別委員会(平成30年度当初予算) 本文 開催日: 2018-03-13

246 ● 広報広聴課長 アプリとこの今のデジタルコミュニケーションプラットフォームの違いなんですけれども、まずウエブサイトのほうで基盤を構築するということと、アプリはそういう便利な情報を使うツールでありまして、いろいろなところからアプリは出ておりますけれども、決定的な違いというのは、市民との対話を、今のデジタルの世界を通じて実施する基盤を構築するというのが

王寺町議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会-03月06日−01号

第2回奈良県観光サービス向上委員会が開催されております。基調講演では「更に魅力のある奈良を目指して」と題しまして、株式会社リクルートライフスタイルじゃらんリサーチセンターの稲荷山健生氏の講演が行われております。また、委員会において、地方への外国人観光客の誘客と観光サービスのあり方についてをテーマにオープンディスカッションが行われております。  20日でございます。

生駒市議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年03月06日

当委員会は、観光の産業化に向けたまちづくりについてをテーマとして調査を行ってまいりましたが、去る2月27日に委員会を開催し、調査報告書を取りまとめましたのでご報告をいたします。  まず、調査の目的ですが、本市として初めて平成29年6月に商工観光ビジョンが策定され、その中で観光の観点からも、産業振興に向けた方向性が示されていることを踏まえ、本テーマについて調査することといたしました。

広陵町議会 2017-12-14 平成29年第4回定例会(第3号12月14日)

私、馬見丘陵公園周辺、竹取公園を含む巣山古墳というのは、非常に広陵町にとって観光資源だと思いまして、元気なまちづくりをということで何回も訴えさせていただいたものが、今着実に進んでいるという状況かなというのを思っております。この県との包括連携協定が進む中で、非常にここ、重要なことではないかなと思うんですね。

広陵町議会 2017-12-13 平成29年第4回定例会(第2号12月13日)

これいろんなのがあるんですわ、実例を見ると、おもしろいところやったら古民家再生、体験観光とか、田園都市カレッジ事業とか、若きクリエイターや起業家が集まる徳島県神山町プロジェクト、これテレビにも出てましたね。あんな田舎で東京の事業所が十何社来ているとか、若者がいっぱいいるとか、人口がふえているのは何でかなと、こういう話ですね。元気の出る事業、町民アイデア募集など、ソフト面の強化も必要であります。

橿原市議会 2017-12-12 平成29年予算特別委員会(平成29年度補正予算) 本文 開催日: 2017-12-12

そういう事業だから、アプリの回収に何ぼの金がかかったって、それに対して見合うだけの効果が上がってきたなんか検証はないわけじゃないですか。違いますか。精神的な部分がつくりから全然変わってくるじゃないですか。それなら、この事業、じゃ、本当に観光協会でしかできないのかといったら、僕は必ずしもそうじゃないと思います。

天理市議会 2017-12-11 平成29年 12月 総務財政委員会-12月11日−01号

周遊観光の滞在拠点、また、県が整備をしておる国際芸術家村で活動するアーティストの長期滞在拠点、また、移住・定住促進の拠点として、今後幅広い活用を見込んでおります。事業費につきましては、全体で5,400万、国からの交付金として1,250万円交付されることになりましたので、市としても同額の1,250万円を補助するもので、国の分と合わせて2,500万円を計上するものでございます。  

生駒市議会 2017-12-08 平成29年第5回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年12月08日

はどのようなことを行っているのかとのご質問ですが、受け手の意思に関係なく情報を強制的に送ることができるものとして、緊急災害情報、こども安全メール、ホームページ新着情報といったメール通知サービス、生駒の魅力を発信する「まんてんいこま」や、人事課が所管する生駒市職員採用事務局などのフェイスブック、27のアカウントで情報発信するツイッター、予防接種の情報や教室の案内、子どもの健康についての情報などを配信できるアプリ