1103件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御所市議会 2029-06-19 06月19日-07号

誰もが気軽に乗れ、日常生活に欠かせない乗り物である自転車ですが、近年、自転車による事故の裁判で高額の賠償を命じられるケースが相次いでおります。 今、自転車普及台数は約7,200万台で、自動車台数にほぼ匹敵するそうであります。その自転車が関連する事故は年々減少しておりますが、自転車歩行者、これに限れば年間約2,500件で横ばいが続いていると、このようになっております。

奈良市議会 2021-06-10 06月10日-01号

報告第21号は、環境清美工場内におきまして、相手方の搬入物を運ぶ際に普通自動車接触し、損傷させた事故であります。 報告第22号は、中山町地内におきまして、収集車自転車接触をした事故に対する賠償であります。 報告第23号は、神功四丁目緑地におきまして、トラックが伸びた樹木の枝に接触をし、荷台部分を損傷した事故に対する賠償であります。 

香芝市議会 2020-07-08 07月08日-02号

その人たちのことを考えて、そして切り離すのではなく、私自身がある日突然何らかの障害を負う可能性があるというふうなことは常に思っております、大きな交通事故があるかもしれません、何かの災害によってとか、あとは例えば病気によって障害を持つかもしれません、だから障害者施策ということではなくて、あすの自分たちのための施策だというふうな思いを持って取り組んでいるところでございます。 以上です。

御所市議会 2020-03-26 03月26日-04号

自動車発進防止装置助成金について、事故防止対策とともに、ドライブレコーダー設置補助についても行うようただしたところ、検討するとの答弁がありました。 長寿者祝品及び慰問品について、家庭訪問をしているのか、また品物についての説明を求めました。 老人福祉センター費イベント開催委託料について、内容と実施時期の詳細な説明を求めました。 

桜井市議会 2020-03-17 令和2年予算特別委員会 本文 開催日:2020年03月17日

この「わかざくら」というのは、自治会においても、各区長とか自治会長が、やっぱり自転車で配ったり、汗をかいて配っておられる中で、やはりこの削減とか、また、その経費をなくすようなお考えはないのか、1点だけ担当部長に聞かせていただきたいと思います。 ◯青木浩之総務部長 ただいまの小西委員のご質問にお答えさせていただきます。  

香芝市議会 2020-03-16 03月16日-02号

過去の一般質問でも私自身自転車事故に関する質問事項をさせていただきましたが、今回はこの県の条例に対しての内容市民の皆様へのかかわりなどについてお聞きしたいと思います。 まずは、この4月から施行される12条から15条、この4つの条文についての概要について教えていただけますでしょうか。 壇上での質問は以上です。よろしくお願いいたします。 ○議長(福岡憲宏) ただいまの質問に対する答弁。 

桜井市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2020年03月10日

公益財団法人日本体育協会が示します熱中症予防のための運動指針は、奈良教育委員会が作成しました学校管理下における体育スポーツ活動中の事故防止するためにということの中に資料として記載をされ、気温が35度以上、また暑さ指数、WBGTといいますが、31度以上では、特別の場合を除いては運動を中止することというふうに示されております。

橿原市議会 2020-03-10 令和2年予算特別委員会(令和2年度当初予算) 本文 開催日: 2020-03-10

128 ● 竹森衛委員 特別会計から一般会計に移行した駐車場特別会計にかかわる自転車駐車場使用料と、それから自動車駐車使用料の件で、それぞれ1億1,790万6,000円と1億6,197万1,000円を上げられているわけですけれども、歳出ではそれを上回る、自転車でいえば、その金額が支出で計上されているんですけども、この市営の自転車の駐輪場の収支に関して

奈良市議会 2020-03-05 03月05日-03号

車に乗られる方ばかりではございませんので、自転車に例えば子供を2人乗せて、子供を迎えに行って、そして帰りに買物などをされるというようなケースも多いんではないかと思います。 そういった中で、毎日自分子供たちおむつおむつも御案内のように結構かさばりますし、結構重量がございます。そういったことで、子育てをされる当事者の方には、一つは非常に負担になっているであろうというふうに考えたわけでございます。

王寺町議会 2020-03-05 03月05日-02号

昨年の5月、大津市の交差点右折車直進車が衝突し、巻き添えで保育園児ら16人が死傷する事故が起こりました。歩道防護柵がなく、大惨事となってしまいました。その後、国からも町に対して、この事故を受けて通学路等の一斉点検の依頼があったと聞いております。 そこで今回の事故を受けて、通学路について、王寺町としてどのような対応をされているのかをお尋ねいたします。 2問目ですが、介護保険料について。 

広陵町議会 2020-03-03 令和 2年第1回定例会(第3号 3月 3日)

主に通勤・通学自転車通行が多いと思われます。バイクの方もおられますし、車で送迎で通る方もおられるでしょう。この道は、事故も多く転落している車もあると聞いています。スピードを出して通る車が多く、自転車で通る方々は冷や冷やして通っています。開発が進み、移り住む方もふえている百済地域利便性を高めるため、水路やのり面にボックスカルバートなどで自歩道をつくり、広げて安全な町道にすることはできませんか。

広陵町議会 2020-03-02 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 2日)

歩車分離交差点における自転車走行について。  歩行者の安全を高めるため歩車分離交差点普及しつつある。  ①自転車走行は「歩」ではなく「車」であると認識しているが間違いないか。例外規定はあるのか。なお、私自身自転車をおりて歩いて押す場合は「歩」が適用されると認識している。  ②現状自転車違反行為がよく目につく状態で心配している。町の対応はどのようになっているのか。  以上でございます。

大和高田市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第3号) 本文

当時の寺井教育委員会事務局長より、「現在、各小学校では、教職員をはじめ保護者地域のボランティアの方々のご協力により、登下校立哨指導や見守り活動を実施しており、交通事故防止不審者出現抑止力となっております」。  「議員ご指摘の会のことにつきましては、個人のプライバシーのことでございますので、この場で申し上げることはないと考えております。  

大和高田市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

さて、電動車椅子電動アシスト自転車などの小型モビリティは、自動車路線バスにかわる高齢者の新たな生活の足として、その可能性に期待が高まっております。超高齢者社会を見据え、国も普及に力を入れているようであります。  小型モビリティは、経済産業省が昨年開いた多様なモビリティ普及推進会議で、主な4種類、小型電動モビリティ電動車椅子電動アシスト自転車、電動キックボードを想定されております。  

橿原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第3号) 本文

近年、交通事故件数が減少しているとの報道を見かけますが、その要因は、自動車安全性能の向上に起因するところがあると思われます。しかし、高齢者による重大交通事故発生を受け、運転免許証を自主返納される方が増加したこともその背景にあると思われます。  高齢者に代表される交通弱者における病院や買い物といったお出かけは、行政の支援なしには困難な状況であると思います。