46件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桜井市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年06月25日

そこから考えられるのは、潜在的な空き家がふえ、特に中山間地区では人口の減少、高齢化、ひとり暮らし、もしくは高齢者だけの所帯、さらに地域を離れる人がふえ、地域、集落を維持するのが非常に困難な状況となっています。既に限界集落というようなところができていると思っております。  

生駒市議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会 予算委員会(企画総務分科会) 本文 開催日:2019年03月14日

ごめんなさい、ここじゃないけども、空き家、空き地のプラットフォームという言葉も生駒市にはあるんだけども、あれは一つの会議体じゃないですか。様々、銀行であったりとか専門家が寄って会議体を作って、一つの課題に対してどうしようかという解決策を導いていく。このプラットフォームは魅力創造課のことですか。だから、各課が事業を持っていて、それをつなぎ合わせるために課があるんだ。

桜井市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年03月04日

協働推進費におきましては、少子高齢化人口減少、社会的ニーズの変化等に伴い、近年、増加傾向にある空き家について、発生の予防、適正管理や危険防止の啓発、利活用の推進を目的として、引き続き、空き家バンクの運営、啓発チラシの作成を行っていくとともに、平成31年度からは、専門家団体と連携して、空き家相談者に対し、具体的な手法や経済的な試算を含めたさまざまな情報の提供を行うことができる、空き家ワンストップ相談窓口事業

生駒市議会 2018-10-29 平成30年総合計画特別委員会 本文 開催日:2018年10月29日

579 ◯有山将人都市計画課長 まず、都市スポンジ化といいますのは、空き家、空き地が各所で生まれることによってスポンジ化されるということがございます。この中で、要は人口密度を維持しながら、各都市拠点であったり、地域拠点であったり、そういったところに都市機能が集約することによって、移動しやすく、その拠点に行けると、そういったところから、空き家対策というのも当然そうです。

桜井市議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年09月13日

それから、2点目の空き家対策につきましては、私は、交付金などを活用した事業でありますけれども、これまでの空き家の利活用の取り組み実績と空き家バンクへの登録数について、これは市民生活部長にお尋ねをいたしたいと思います。  それから、3点目のふるさと納税でございますが、今日も新聞に載っていました。

桜井市議会 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年03月12日

移住・定住につきましては、地方創生交付金を使い、移住体験事業として、これまで2回の移住体験モニターツアーを開催させていただいたほか、移住・定住の受け皿として桜井市空き家バンクを昨年9月に開設し、10月からは国土交通省の全国版空き家バンクとも連携し、全国から桜井市の空き家を簡単に検索していただけるようになりました。  また、全国に桜井市をアピールするため、情報発信も必要であります。

生駒市議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年03月06日

ワークショップの議論から、市民自治協議会の設置が進めば、まちづくりの推進母体とすることができますが、そのための拠点として自治会の集会所、空き家公共施設などを活用した健康福祉の拠点への支援の実施も提案いたします。  4点目は、地域の見守り体制の強化についてです。  誰もがいつでも、いつまでも安心して暮らせる地域にするためには、子どもや高齢者地域ぐるみで見守ることが重要です。

桜井市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年03月05日

協働推進費におきましては、人口減少や少子高齢化社会的ニーズの変化等に伴い、近年、増加傾向にある空き家の発生を予防し、適正管理、空き家危険化防止及び利活用の啓発のため、地方創生推進交付金を活用し、常設相談窓口の設置、啓発チラシや冊子の作成、空き家バンクの運営や自治会向け出前講座などの空き家対策事業のための所要額を計上しております。

広陵町議会 2017-09-08 平成29年第3回定例会(第1号 9月 8日)

インスペクション、実態調査、空き家利活用調査委託料として、昨年度に実施しました、「すむ・奈良・ほっかつ!」住宅診断の活用調査として20万円、民間活用空家バンクホームページ開設委託料として30万円、移住促進基本構想作成委託料として300万円、これは本町への移住促進のためには、何が必要か、不足している部分はどうかなど、マーケティング調査を実施する費用を計上しております。  

生駒市議会 2017-06-13 平成29年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年06月13日

空き家問題に関しては、平成23年度から取組を始め、平成25年度は空き家等の適正管理に関する条例を制定、平成26年度は空き家セミナーの開催と相談窓口の設置、平成27年度は住宅流通等促進奨励金制度空き家バンクを創設、平成28年度には空き家等実態調査の実施と、空き家家財処分補助制度を創設しております。そして、今年度からは既存住宅解体補助制度も開始しております。  

桜井市議会 2017-03-15 平成29年予算特別委員会 本文 開催日:2017年03月15日

◯大園光昭委員 2点ございまして、55ページの総務管理費の空き家利活用普及啓発事業支援業務委託料についてと、コンビニ交付について教えてほしいんですけれども。  この新しき部門ができて、恐らくこれが空き家利活用の啓発ということで、具体的な中身ですね。どんなことをされるのか。

生駒市議会 2017-03-09 平成29年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年03月09日

本市もこの状況を受け、国の空き家対策の推進に関する特別措置法の制定に先駆け、適切な管理が行われていない空き家等が防災衛生景観等で市民の生活環境に深刻な影響を与えないよう、平成25年度に生駒市空き家等の適正管理に関する条例を制定し、これまで空き家に対する様々な施策を推進されてきました。

生駒市議会 2016-09-29 平成28年第5回定例会 決算審査特別委員会(都市建設分科会) 本文 開催日:2016年09月29日

意見交換会の後、具体的に空き家が何件減ったかというのは数字では表すことはできませんが、現在も萩の台の住宅地の方が自主的にそういった空き家対策などについて、月1回、お集まりになっているということを自治会長からも聞いておりますので、そういったコミュニティの形成と空き家に対する動機付けになったということは我々の方で分析しております。  

桜井市議会 2016-03-16 平成28年総務委員会 本文 開催日:2016年03月16日

協働推進費で地方創生加速化交付金を活用して行う空き家利活用普及啓発事業支援業務委託料ですが、この文字だけをとると、空き家利用の普及を啓発する事業を支援するのですね。これは誰が啓発をするのか。主体となるのはどこなのかがいまいち分からないのと、この事業に関しては、平成28年度で5,000万円の予算で組んでおります空き家のあれとは全く関係のない事業なのか、そこからまずお伺いいたします。  

生駒市議会 2016-03-07 平成28年第2回定例会(第1号) 本文 開催日:2016年03月07日

調査においては、まず、本市における空き家率の推移を始めとする空き家の概況に加えて、空き家等の適正管理に関する条例の制定や空き家バンク制度の導入、萩の台住宅地でのいきいき交流会の実施を始めとする本市における空き家対策の取組、今後の取組の方向性について建築課から説明を受けました。  

生駒市議会 2015-12-07 平成27年第5回定例会(第1号) 本文 開催日:2015年12月07日

10月15日の委員会では、説明を受けた39カ所の修正及び追加箇所に対する質疑を行い、大分野1の小分野「行政サービス」においては、たけモニからアンケートシステムに代わってどのように行政サービスが変わっていくのか、大分野2の小分野「子育て支援」においては、子育てサークルの活動場所も含めてとあるが、活動場所以外の支援については何か具体的に検討をしているのか、大分野3の小分野「住宅環境」においては、従来の空き家