215件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桜井市議会 2019-12-17 令和元年総務委員会 本文 開催日:2019年12月17日

◯松村喜弘都市建設部長 減額につきましては、初瀬の特定空き家行政代執行させていただいたと思うんですけども、それが当初予算は、業者等々で見積もりいただいた金額で予算をつけていただいて、最終入札をさせていただいた結果、約850万ぐらいの落札になりましたので、その分の減額はさせていただいてます。それとそれに伴う、弁護士費用、18万ほどなんですけども、減額がございます。

生駒市議会 2019-10-04 令和元年第5回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年10月04日

そこで、地域、民間事業者との連携、協力のもと、各地域において空き家等の利活用を研究し、拠点機能を設置、展開していくための手法を検討されたい。  次に、6、学童保育施設運営事業に関して。  学童保育所の在籍児童数は増加の一途をたどっており、それに伴い、専用区画面積が運営設置基準を下回っている学童保育所がある。

桜井市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月13日

具体的な内容としましては、街なみ環境整備事業につきましては、長谷寺門前町周辺地区の住環境の整備改善を行うために、奈良県平成30年度に策定いたしました長谷寺門前町周辺地区まちづくり基本計画に基づきまして、空き家、空き地等の増加によって良好な美観が損なわれつつあります長谷寺門前町周辺地区の住環境の整備改善を行うための基本方針と基本計画の策定の分でございます。  

橿原市議会 2019-09-09 令和元年決算特別委員会(令和元年度決算) 本文 開催日: 2019-09-09

ただ、前回も申し上げたかもわかりませんが、現状住んでおられるケースがほとんどでございまして、特に、先ほど来からも出ております少子高齢化の問題もある、そしてまた空き家等々の問題も出てきておりますけども、ご高齢の中で1人あるいはご夫婦でお住まいの方、そして年金所得というような低所得で非常に厳しい、特に国民年金であれば月10万もないような状況の方、結構現状もおられます。

桜井市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月26日

このような背景の中で、近年、人口減少や社会的ニーズ等の変化により、適切な管理が行われていない空き家が増加傾向にあります。防災衛生景観などの面でさまざまな社会問題が生じています。  総務省住宅土地統計調査によれば、2013年の全国の空き家数は820万戸、空き家率は13.5%となり、10年前と比べ、空き家数は107万戸増加、空き家率は1.3ポイント上昇しています。

桜井市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年06月25日

そこから考えられるのは、潜在的な空き家がふえ、特に中山間地区では人口の減少、高齢化、ひとり暮らし、もしくは高齢者だけの所帯、さらに地域を離れる人がふえ、地域、集落を維持するのが非常に困難な状況となっています。既に限界集落というようなところができていると思っております。  

生駒市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月17日

空き家の利活用についての具体的なプランということで、これはもちろんコミュニティのための拠点としての活用等いろいろあるかと思いますが、まずは空き家対策、プラットホームというのをつくっておりますので、第1としては、空き家が既存の市場においてしっかりと流通していくというのが第1、リノベーション等を行うことでそのような賃貸とか売買につながるということが、まずは優先的に行うべきことかと思っておりますが、その

生駒市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年06月13日

小さく二つ目に、空き家問題・ニュータウンの高齢化への対応でございます。  高齢化の進行人口減少に伴い、空き家問題がこれから重要となっていることを踏まえ、地域の状況に応じた適切な土地利用を進め、自然とバランスよく調和した良好な住環境の維持・形成を進めてまいります。

生駒市議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会 予算委員会(企画総務分科会) 本文 開催日:2019年03月14日

ごめんなさい、ここじゃないけども、空き家、空き地のプラットフォームという言葉も生駒市にはあるんだけども、あれは一つの会議体じゃないですか。様々、銀行であったりとか専門家が寄って会議体を作って、一つの課題に対してどうしようかという解決策を導いていく。このプラットフォームは魅力創造課のことですか。だから、各課が事業を持っていて、それをつなぎ合わせるために課があるんだ。

桜井市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年03月12日

桜井市においては、歴史的な背景や規制による空き家の改築の難しさもあると思いますが、引き続きご検討のほどよろしくお願いいたします。  続きまして、常日ごろから市役所市民が連携をするための情報共有手段として、広報「わかざくら」があると言われておりますが、全ての所帯に必ず配布されていますでしょうか。私の身近でも広報を市役所にみずから取りに来られる方がおられると聞いています。

生駒市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会 予算委員会(厚生消防分科会) 本文 開催日:2019年03月12日

31 ◯吉波伸治委員 この施設はたまたま以前消防防災施設があって、そこが利用できるということでやっておられると思いますが、なかなか今言われたようなことはこれからの高齢化社会に向かってやっていくべきだと思うので、他の地域でも空き家を利用してとか、こういうことをやっていくという、そういう考えはありますか。

生駒市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会 予算委員会(都市建設分科会) 本文 開催日:2019年03月11日

款6、土木費、項1、土木管理費、目2、建築指導費は建築基準法に基づく建築確認事務空き家対策などの経費を計上しています。まず、節13、委託料には空き家対策委託料として、空き家流通促進支援や地域ワークショップ、新規事業として中古住宅の流通に向けたリノベーション事例等を発信する中古住宅活用促進などの経費を計上しております。

広陵町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第2号 3月 7日)

なぜかと申しますと、やはり民間がどんどん賃貸住宅なり、集合住宅なりつくっていって、かなり空き家も出ているわけですので、よってそのことを踏まえたら、未来永劫公で住宅をこれから維持し、またつくっていくということじゃ、私はそういう時代じゃないんじゃないかと判断して、民間に渡すとか、委託するとかいう考え方も私は必要じゃないかなと思います。

生駒市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年03月06日

今、生駒市空き家率は3%を切っておる状況でございまして、いわゆるスポンジ化というのがそこまで深刻な状況では、現状はないというふうに認識していますが、ただ一人暮らしの高齢者も多い中で、これから例えば周辺部のニュータウンの空き家率が上がっていくということは当然考えられますので、空き家対策のプラットホームを全国に先駆けて整備をしておりますので、そういうものを活用して、市場空き家が出て流通するような仕組

生駒市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年03月05日

住宅政策については、空き家の発生予防に努めるとともに、いこま空き家流通促進プラットホームを支援することにより、空き家問題に取り組んでまいります。また、転入転居者が地域の特徴を生かした良質な中古住宅を積極的に選択できるよう、ユニークで質の高いリノベーション事例を発信していきます。  

桜井市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年03月04日

協働推進費におきましては、少子高齢化人口減少、社会的ニーズの変化等に伴い、近年、増加傾向にある空き家について、発生の予防、適正管理や危険防止の啓発、利活用の推進を目的として、引き続き、空き家バンクの運営、啓発チラシの作成を行っていくとともに、平成31年度からは、専門家団体と連携して、空き家相談者に対し、具体的な手法や経済的な試算を含めたさまざまな情報の提供を行うことができる、空き家ワンストップ相談窓口事業

広陵町議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第4号12月12日)

教育委員会も通学路については、いろいろありました、ブロック塀もありましたし、空き家の問題もあって、ここだけではないですけれども、危ないという判断をしたら臨機応援に変えるとか、そもそも標示について警察のほうにも協議が必要な場合、時間帯を何時から何時まで書くとかそういうふうなこともいろいろと地域にはいろいろ熱心な方もおられます。

桜井市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月11日

しかし、急速な少子高齢化人口減少、空き家の増加と経済成長の制約要因が増加する今、残された歴史建造物や町並みを市民共有の資産と捉え、保存活用してまちづくりに生かそうとする運動が活発化しています。  こうした活動は、住民の地域に対する愛着感が高まり、まちづくりに参加する人材が増加することにより、地域コミュニティの再生が進み、災害時における共助の連帯感にも影響を及ぼすと示唆されています。