13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

橿原市議会 2018-03-13 平成30年予算特別委員会(平成30年度当初予算) 本文 開催日: 2018-03-13

50 ● 竹森衛委員 次に移らせてもらうわけですけども、27年度の補正も含めてですけど、そういう拡充されたものを、どう市民生活の中で、例えば防災安全交付金の問題とか、学校施設の整備とか、そういうものに18年度の拡充内容は、今、ユニバーサルデザインのことをおっしゃいましたけども、長寿命化事業の社会基盤施設を対象に河川砂防、治山、それから港湾漁港農道

桜井市議会 2014-09-08 平成26年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2014年09月08日

先月の27日にも、お隣の宇陀市で認知高齢の方が行方不明になられて、地域の住民や消防団、警察などで捜索されたようですが、何の手がかりもなくて、いまだに発見をされておられないというような状況も近くでございました。  また、徘回症状のある認知症の方が鉄道事故を起こし、家族に多大な損害賠償を求められる事案なども報道されています。

広陵町議会 2013-09-20 平成25年第3回定例会(第4号 9月20日)

広陵町行政組織条例の一部を改正することについて    議案第30号 広陵町特別職報酬等審議会条例の一部を改正することについて    議案第31号 広陵町税条例の一部を改正することについて    議案第33号 広陵町税外収入金にかかる督促手数料及び延滞金徴収に関する条例等の           一部を改正することについて    議案第34号 平成25年度広陵町一般会計補正予算(第3号)    議案第47号 第4分団消防

橿原市議会 2012-09-01 平成24年9月定例会(第2号) 本文

また、メンテナンスといたしまして実績として回線テストは過去に行っておりますけれども、先ほど議員お述べのとおりマニュアルをつくってきちっと操作し、市民を誘導することができるのかということでお聞きであったと思いますけれども、そのことにつきましては、今危機管理課とも詰めておりまして、消防とも詰めた上で市民誘導できるかどうかということも含めまして、今回訓練できるかどうかも検討してまいりたいと考えております。

天理市議会 2010-09-22 平成22年  9月 定例会(第3回)-09月22日−03号

ちょっと大きな国規模の話になりますが、国土交通省によれば、建設から五十年以上が経過した社会基盤の割合は、二〇二九年度に道路橋の約五一%、水門などの河川管理施設の約五一%、港湾岸壁の約四八%と、全体の約半数に及ぶとされております。このため、今後五十年間で必要な費用は、同省試算で約百九十兆円にのぼるとされ、このうち三十兆円が予算不足に陥ると見込まれております。  

生駒市議会 2007-09-07 平成19年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2007年09月07日

生駒市消防本部に平成18年度の小児の救急搬送状況を尋ねました。1年間に15歳までの287人を搬送、うち2歳未満が100人です。この287人にメディカルセンターを受診後、病院へ搬送された63人を加えると350人になり、18年度1年間に生駒市内では350人の子どもが救急搬送されました。つまり、平均すると1日に約1人搬送されたことになります。

橿原市議会 2003-06-01 平成15年6月定例会(第2号) 本文

市民からの相談をはじめ保健所医師会・消防署等の関係機関との連絡、情報の収集と提供、また保健所の指示がありましたらそれに対応して消毒に応ずるなどの対応を考えております。広報につきましては、SARSのお知らせを6月5日号の広報誌に折込で、また各庁舎に張り紙で周知を図ったところでございます。  次に、福祉センターやわらぎの郷の諸問題でございます。

橿原市議会 1999-06-01 平成11年6月定例会(第2号) 本文

第1には、地方公共団体の長に対して求める協力項目例、地方公共団体が管理する港湾施設使用空港施設使用危険物貯蔵所の設置許可等、そういったこともあるわけでございます。それから国以外に対してもする問題、項目例もたくさんあります。民間に対する依頼項目もあります。人員・物資の輸送、公海上の輸送も含む。

橿原市議会 1998-09-01 平成10年9月定例会(第3号) 本文

次に、第9款、消防費の質疑において、先般の水害において、市の職員に現場で一生懸命作業していただいたが、土のうなどの資材が足りなかったように思え、今後の災害等の対応について疑問を感じたが、どうかと問われたのに対して、防災資材については、阪神・淡路大震災以来、年次的に充足してきたが、不備な点があるという指摘もあるので、今後は土のうの保管場所を拡張していきたいと考えている。

  • 1