運営者 Bitlet 姉妹サービス
20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-12-06 王寺町議会 平成30年 12月 定例会-12月06日−01号 都市基盤整備事業推進大会が、東京都千代田の砂防会館で開催されておりまして、都市基盤施設の整備促進に関する決議が採択されております。また、大会の終了後に奈良県及び県内市町村合同で、県選出の国会議員の皆さんに要望活動を行ったところでございます。   もっと読む
2018-09-12 桜井市議会 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年09月12日 今年度は、織田小学校人権教育推進協議会において研修を実施する予定であります。  職員の取り組みに対しては、桜井市人権政策推進本部が中心となり、性的マイノリティーについて部局単位の研修を実施しており、今年度で全ての部局での研修を終了する予定であります。   もっと読む
2018-03-09 広陵町議会 平成30年第1回定例会(第2号 3月 9日) そして、次にまちづくり懇談会、これにつきましては、校区単位ということなんですけれども、小学校、中学校あると思うんですけれども、校区単位でやっていくと、参加された方が自分たちの校区全体のことの話になってしまうので、核心のほうからずれていくことになります。私はできれば、これは自治会、もしくは単位でやられるほうがベストだというふうに思います。 もっと読む
2017-12-13 大和郡山市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月13日−03号 日本での性的少数者にかかわる権利擁護の取り組みについて注目を集めたのは、何といっても渋谷のパートナーシップ条例で、同性カップルを家族同様に公的に認めるパートナーシップ証明書を発行するというものです。また、条例でなくてもパートナーシップ要綱ということで同等の取り組みをしている自治体もあり、世田谷や伊賀市、宝塚市や那覇市、札幌市があります。 もっと読む
2017-07-21 広陵町議会 平成29年第2回定例会(第3号 7月21日) 次に、地域の振興策と私権の調整についてですが、今回は、古寺のミニ公園に隣接する農地を宅地化するに際し、町道までの接道を図る方法として、公園内の一部を通路として使わせてもらえないかと相談がありました。このミニ公園は、クリーンセンター建設の際に、古寺から児童の通学安全対策として、また地域の憩いの場として整備要望された施設であり、古寺区民にとりましては、貴重な施設となっています。   もっと読む
2015-12-09 生駒市議会 平成27年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2015年12月09日 2番、世田谷渋谷のように、同性パートナーシップ制度を制定した自治体もございますが、本市においては今後どのようなことに取り組む必要があるとお考えでしょうか。  登壇しての質問は以上で終え、次の質問からは自席で行います。 もっと読む
2014-06-17 生駒市議会 平成26年第3回定例会 環境文教委員会 本文 開催日:2014年06月17日 21 ◯浜田佳資委員 それで、これからのあすか野小学校での、いろいろ新しい、マンションを含めて建っておりますが、そういったことに大体何年ぐらいは対応可能、少なくとも、これから言っても、あの敷地、開発可能な面積もありますので、どこまでやっても、要するにぎりぎりまで開発されたとしても大丈夫という想定でやられているんでしょうか。 もっと読む
2013-03-06 生駒市議会 平成25年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2013年03月06日 7月には、東京都千代田の労務、財務のモニタリングやパフォーマンス指標の取組、神奈川県横浜市の第三者評価制度の取組について先進地視察を行うとともに、10月から11月にかけて、市内指定管理者9施設を現地調査し、担当所管課等にヒアリングを行いました。   もっと読む
2012-09-07 桜井市議会 平成24年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2012年09月07日 私は、8月2日の三輪小学校の合同点検に参加し、市、県、学校、警察、PTAとの合同で通学路を見て回りましたが、歩道が狭く、傘を差すと歩道からはみ出るところ、歩道の中央で段差があるところ、コンクリートまた鉄板が突起していて、つまずきそうになるところ、また、歩道のないところもありました。 もっと読む
2011-09-13 天理市議会 平成23年  9月 決算特別委員会-09月13日−01号 これに関しましては、地名でいいましたら、渋谷。あの付近が、特別保存地区になっておりまして、委員にも説明させてもらったと思うんですが、地主の方からこの土地の買い取りに関するような申請が県に出されております。それの対応になってきます。  以上です。 ◆堀田佳照委員 課長にこの前資料をいただいた件ですね。これ、特別保存地区行為という。 もっと読む
2011-09-02 生駒市議会 平成23年市民福祉委員会 本文 開催日:2011年09月02日 高山第2工の開発に慎重だったのも、そういう点でございます。 もっと読む
2010-08-03 生駒市議会 平成22年市民福祉委員会 本文 開催日:2010年08月03日 4 ◯委員(小笹浩樹君) テーマを決める際にもさせていただきましたけれども、元々この生駒市で住民票のコンビニ交付の話等々があって、先行的に取り組んでいるところの事業のメリット、それからデメリットについて調査してはどうかということでしたので、4月23日の自治日報に実際に取り組んでいるところは4つ取り上げられておりまして、東京都の三鷹市、それから東京都の渋谷、それから福島県の相馬市 もっと読む
2010-06-25 生駒市議会 平成22年第3回定例会 市民福祉委員会 本文 開催日:2010年06月25日 59 ◯市民課課長補佐(奥谷規子君) 今年の2月から、先進地の方、4市町村の方で実施されていまして、されているところが福島県相馬市、東京都の三鷹市、千葉県の市川市、東京都の渋谷になっております。 もっと読む
2010-03-15 橿原市議会 2010.03.15 平成22年3月定例会(第3号) 本文 21年度には小学校の余裕教室の活用を図りまして、耳成南小学校の第2学童、それから真菅小学校の施設整備を行ってまいりました。今後は未整備となっております学童クラブの整備、それと既に公設置済みではございますが、狭隘と言われておる学童クラブにつきましても、整備を検討してまいりたいというふうに考えております。   もっと読む
2010-02-09 桜井市議会 平成22年第1回臨時会(第1号) 本文 開催日:2010年02月09日 まず、議案第1号、工事請負契約の締結につきましては、桜井小学校改築事業第1期工事について、去る1月28日に一般競争入札,総合評価落札方式を行いました結果、中和・中尾・渋谷特定建設工事共同企業体 代表者 桜井市大字桜井281番地の22 株式会社中和コンストラクションが12億960万円で落札されましたので工事請負契約を締結いたしたいと存じます。 もっと読む
2009-03-11 生駒市議会 平成21年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2009年03月11日 例えて言いますと、鹿児島市、宮崎市、栃木県の大田原市、滋賀県の長浜市、品川、荒川渋谷、中央などです。このほかにも幾つかあったと思うんですけども。先ほどの冒頭の説明でもしましたように、細菌性髄膜炎の早期発見は非常に困難なわけで、これの予防は、もうワクチンしか対策がないわけなんですね。それで、国の定期接種も、今のところまだされてません、任意接種です。 もっと読む
2008-03-12 天理市議会 平成20年  3月 市民経済委員会-03月12日−01号 これは集中豪雨によります桜井市と天理市の境界、渋谷町におきます水路工事の事業確定に伴います桜井市の工事負担分としての減額補正でございます。  次に、7ページをお願いいたします。第2表繰越明許費、7款 商工費、1項 商工費、山の辺の道活性化事業416万7,000円。 もっと読む
2007-03-12 天理市議会 平成19年  3月 予算審査特別委員会-03月12日−01号 それと、それに関連しまして、県議会につきましても、定数が3から2に今回、天理選挙減りましたので、平成15年のときは12枠でしたが、今回8枠ということで減っております。市議会につきましては、平成15年のとき33枠で、今回も33枠ということで設置させていただいております。 ○三橋委員長 ほかにございますか。 もっと読む
2006-09-15 天理市議会 平成18年  9月 総務財政委員会-09月15日−01号 2款 総務費、1項 総務管理費、7目 財産財産管理費、19節 負担金補助及び交付金357万円の増額です。これにつきましては、前栽町におきます道路修繕工事等におきまして、地元公共事業に対する補助金でございます。  10目 地域情報化推進費につきましては、財源更正をさせていただきました。  22ページをお願い申し上げます。   もっと読む
2005-12-08 大和高田市議会 2005.12.08 平成17年12月定例会(第2号) 本文 東京荒川では、通所介護と通所リハビリの食費に対して、非課税世帯の方を対象に食費を25%負担する減免策の実施を決めています。大阪吹田市でも、食費のうち100円を市が負担することを決めています。10月から利用の利用者の負担増になろうとしてデイケアなど通所系サービスの利用料の負担軽減策として、食事等に対する市独自の助成策を行うべきではないでしょうか。   もっと読む
  • 1