126件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大和高田市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第3号) 本文

そこで質問ですが、蔵之宮の貯留施設は単純なため池に見えるのですが、やはり何年間後には土もたまって残土処分の工事もしなくてはならないと思われます。また、見た感じも余りよく見えません。  そこで、きょう提出させてもらっております資料1を見てください。

橿原市議会 2018-09-12 平成30年決算特別委員会(平成29年度決算) 本文 開催日: 2018-09-12

その次の1億2,776万円につきましては残土処分をさせていただいたと。これも起債を借りましてしたわけでございますけど、その分については先にお支払いしたと。あと残りについては、分割でお支払いさせていただくということになっておりますので、よろしくお願いいたします。

橿原市議会 2018-03-12 平成30年市庁舎建設及び八木駅周辺整備事業等に関する特別委員会 本文 開催日: 2018-03-12

やはり要らぬ風評を立てたり、もし市民に心配をかけるということをまず第一に考えまして、もう一度きちっとして、そして残土の処理ができるようにしてから報告しようということでございました。本来であれば、処理をするに際し予算も必要でございました。

橿原市議会 2018-01-01 平成30年1月臨時会(第2号) 本文

特別委員会を再開後、理事者より、残土の基準不適合の処理についての説明があり、質疑がありました。国からの建築主事が違法と言っているのに見学時のエレベーター利用をなぜ再開したのか。昨年度3月から契約変更で扱うべきと指摘していたにもかかわらず、今になったことへの強い指摘がありました。  

橿原市議会 2017-12-20 平成29年市庁舎建設及び八木駅周辺整備事業等に関する特別委員会 本文 開催日: 2017-12-20

そうしまして、あともう1点、最後の明細書の部分につきまして残土処理運搬費を現設計減額分から、マイナスすることにつきまして、奥田寛委員からおかしいのではないですかということがご指摘ございました。これにつきましては、現在、まだ精査しているところでございます。

大和郡山市議会 2017-12-11 平成29年  建設水道常任委員会-12月11日−04号

掘削して、それを流用土で使う場合もあるし、余ったものは残土処分でするという計画をしていたが、その 2,244立米全てに産業廃棄物が混じっていたので、これを全て場外へ搬出するということなので、今回 3,600トンをそのままそっくり場外へ搬出したという形である。 ◆大垣委員 中間処分場。

天理市議会 2017-12-08 平成29年 12月 経済産業委員会-12月08日−01号

というのは、ほかのいろいろな残土を入れられると、やはり元の状態には戻りませんので、その辺、監督がやはり当然必要になってくると思います。それはいかがでしょう。 ◎羽山建設部次長 いい土を入れる予定をしております。現場監督いたします営繕課といたしましても、変な土が入らないように、ちゃんと見極めていきたいと思っております。以上です。 ○榎堀秀樹委員長 ほかございませんでしょうか。      

橿原市議会 2017-11-22 平成29年市庁舎建設及び八木駅周辺整備事業等に関する特別委員会 本文 開催日: 2017-11-22

このたび、基準不適合土の掘削、残土処分などの工事は完了し、基準不適合土の処分量が確定いたしましたので、ご報告させていただきます。  事業者からの報告のございました基準不適合土の処分数量は5,500立米でございます。実際、設計では処分数量が5,500立米でございまして、設計どおりの数量を事業者が処分したことになります。

大和郡山市議会 2017-07-06 平成29年  建設水道常任委員会-07月06日−02号

場内に購入土も若干あり、当初残土処分を行った形で計画しているがこれが廃棄物に変わるので、それらを引いて24万円程度の金額が発生している。それと産廃税 360万円、経費が 4,500万円程度、消費税、これを足すと1億 4,860万 440円である。 ◆村田委員 結局は工期が押し迫っている中での今回の埋設物の排出となるのだが、事業計画どおりに進めてもらえるものと思うが、その辺は大丈夫なのかを問う。

大和郡山市議会 2017-07-05 平成29年  教育福祉常任委員会-07月05日−02号

これは、現在建設中の(仮称)矢田認定こども園の園庭として計画していた区域において、配布した写真のとおり、地下埋設物に遭遇したため、これらを含む残土を産業廃棄物として撤去、処分するために要する経費である。なお、当該地下埋設物には、分析結果報告書並びに分析結果証明書のとおり、ダイオキシンを初めとする有害物質は検出されていない。以上で福祉健康づくり部の関係部分の説明を終わる。

橿原市議会 2017-03-15 平成29年予算特別委員会(平成29年度当初予算) 本文 開催日: 2017-03-15

まず、新分庁舎複合施設に関する予算については、ヒ素の汚染土の処理費が含まれるとの説明がありましたが、昨年より汚染の実態を掌握したにもかかわらず、今議会まで幾度も報告質疑の機会があったにもかかわらず、突然の予算計上となっていること、また残土処理金額も確定しないこと、また10階の展望施設整備費については、設備内容も提示できないにもかかわらず、高額の予算を計上していること、本庁舎整備費に関する予算については

大和郡山市議会 2017-03-14 平成29年  予算特別委員会-03月14日−02号

その結果、県での工事に発生する残土を活用して、県が現地の測量、設計、造成工事を行い、市が必要な用地を確保するということで、県と市、力を合わせて当該事業に取り組んでいく運びとなった。 ◆堀川委員 県で発生した残土を用いてということであるが、県の事業で発生した残土と認識するが、どこの事業で発生した残土をこの駐車場に用いるのか。

生駒市議会 2017-03-14 平成29年第1回定例会 予算委員会(都市建設分科会) 本文 開催日:2017年03月14日

したところでございますけれども、まずやっぱり、水を加水しながら土砂をバキュームで吸っていくしか、それが一番安価であるというような判断に至って、そのような形で設計を進めたんですけれども、その土砂ですけれども、その処分につきましては、やっぱり汚泥と同じような形の処分しかできないというようなものがまた判明いたしまして、今後、事業を進めていこうとするならば、大きな池でたくさんの土砂がたまっている分につきましては、やっぱり残土処分