67件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

香芝市議会 2020-07-08 07月08日-02号

事業費につきましては79億2,730万円、事務費につきましては6,910万円、こちらの概算払いを既に受けております。 なお、事業終了後において、実績に基づく精算のほうを予定しているところです。 以上です。 ○議長中村良路) はい、中谷議員。 ◆3番(中谷一輝) それでは、特別定額給付金、この未申請件数を教えてください。 ○議長中村良路) はい、遠藤企画部理事答弁

橿原市議会 2020-05-01 令和2年予算特別委員会(令和2年度補正予算) 本文 開催日: 2020-05-01

してするのは難しいということでありましたけれども、現在この給付金本部を立ち上げるまでにつきましては、企画政策課のほうで責任を持って実施してきたところでありますけれども、本部を立ち上げるとなると、5月になると実務といたしまして調査員さん654名、委嘱するんですけれども、実際調査員の中でも感染のリスクで難色を示されているということもありますし、委嘱するに当たって集会が持てないということで、企画政策課のほうで概算

広陵町議会 2020-03-02 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 2日)

飼い主がいないと考えられる猫、町内、または一定区域で見かけますが、その猫の数量区域が拡大しているように見受けられます。現状をどのように把握しているのか、行政に持ち込まれた苦情やトラブル事例、そしてその対応策として実施していることについてお教えください。  以上、よろしくお願いいたします。 ○議長奥本隆一君) ただいまの質問に対し、答弁をお願いします。  山村町長

大和郡山市議会 2019-09-12 09月12日-03号

また、文部科学省令和2年度予算概算要求主要事項の中でも、いじめ対策・不登校支援等総合推進事業で、不登校児童生徒に対する教育機会の確保の推進をうたい、スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーの配置充実、SNSを活用した相談体制の構築、関係機関の連携のためのコーディネーター配置やICTを活用した学習支援体制整備などの予算を計上されています。

奈良市議会 2018-12-04 12月04日-02号

これら計画地投棄物につきましては、投棄物調査によるボーリング調査で得られましたコアの分析などを行った上で、処分費についても精度の高い積算を行っていると認識をしておりますが、そのような中で、実際にはやはり掘削をしてみないと確定的な数量というものはやはりわからない部分もございますことから、ある程度の増減というものは発生をする可能性はあるということは当然考えております。

王寺町議会 2018-09-05 09月05日-02号

なお、必要なビブスの種類ですとか数量につきましては、避難所規模等を考慮した上で決定する必要があると考えております。さらに、避難所運営訓練ですとか防災訓練などでそのような防災ビブスを使用することを通じまして、より実用性実効性を高めていきたいというふうに考えております。 以上でございます。 ◆5番(伊藤) はい。(発言の挙手) ○議長(鎌倉) 5番、伊藤議員

橿原市議会 2018-06-01 平成30年6月定例会(第2号) 本文

そこで、本市では、避難所生活に必要な食料でありますとか毛布、あるいは避難所でのプライベートルームパーテーション組み立て式トイレ発電機といったものを計画的に備蓄しているところでございますが、あわせて、市が備蓄できる品目数量には限りがあるため、協定を結びまして、支援物資として提供していただくという体制も構築しております。

橿原市議会 2018-06-01 平成30年6月定例会(第2号) 本文

そこで、本市では、避難所生活に必要な食料でありますとか毛布、あるいは避難所でのプライベートルームパーテーション組み立て式トイレ発電機といったものを計画的に備蓄しているところでございますが、あわせて、市が備蓄できる品目数量には限りがあるため、協定を結びまして、支援物資として提供していただくという体制も構築しております。

香芝市議会 2017-12-13 12月13日-02号

ただ、今回、ごみ搬入問題の関連でご説明のほうをさせていただきましたが、せんだって9月議会鈴木議員一般質問におきまして、本市一般廃棄物処理計画におきますごみ発生量計画数量と実際に搬入されたごみの量が大幅に異なるのに、市は何もチェックしていなかったのかとご指摘された事項について数値の訂正をさせていただきたいと思います。

香芝市議会 2017-12-04 12月04日-01号

予算の段階で当然概算をもちろん立てて、それをもって計上していくことと、鈴木議員言われましたように実際の積算、これまた並行してやっております。この実際の災害査定については国庫でありますので奈良県の基準、あるいは奈良県の審査もこれからということになりますけれども、それは並行してやっていきますので、予算についてはこのなかできちっと県のほうでも承認されるものというふうに考えております。 

香芝市議会 2017-09-20 09月20日-03号

1つ目は、香芝一般廃棄物処理計画事業系ごみ発生量の算出についてですが、香芝一般廃棄物処理計画事業系ごみ発生量計画数量では、平成27年度が5,580トンに対して実数は7,238トンで1,658トンの超過です。平成28年度の計画が5,516トンに対し実数は7,371トンと1,855トンの超過です。ちなみに、平成29年度は5,755トンの計画を定めています。

御所市議会 2017-09-06 09月06日-12号

この数量また減らせるように、来年度も努力してください。よろしくお願いします。 次に、1点目の質問県水への移行についてでありますが、受水費の今後はどうなりますか。 ○議長丸山和豪) 岡本水道局長。 ◎水道局長岡本一行) 県水受水費については、単独で市独自で要望してもいけませんので、相手があまり聞いてくれなかったものですので、受水協議会日水協を通じて要望するようになっております。

広陵町議会 2017-03-08 平成29年第1回定例会(第2号 3月 8日)

償却資産固定資産台帳というのがきっちり整備されているのか、特に管路台帳とかいうのは、もう既に準備できているのかということと、棚卸資産であるとか、貯蔵品などの購入日数量とかで減耗などきっちり評価、把握した上で、平成29年度からスタートできるのかという状態になっているのかというのを確認させていただきたいと思います。 ○議長笹井由明君) 池端教育委員会事務局長!

王寺町議会 2016-12-02 12月02日-02号

数量的な把握をすることから始めたいというふうに思っております。 当然のことですけれども、重要な効果的な施策に取り組むためには、そういったデータに基づきまして、地域、学校あるいは行政が連携し、協働して動くということを念頭に、体制整備に努めてまいりたいというふうに考えておるところでございます。 私からは以上でございます。 ○議長(楠本) 3番、小山議員。 ◆3番(小山) 3番、小山です。