99件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-04 大和郡山市議会 平成31年  2月 定例会(第1回)-03月04日−02号 人口が減ってくるということは、当然市、これが減少してくるわけでございまして、阪奥時代のときには、一番多いときには 160億円ぐらいありました。 もっと読む
2019-02-28 大和郡山市議会 平成31年  2月 定例会(第1回)-02月28日−01号 環境の分野では、スズメバチによる危害を防ぎ、市民生活の安全を図るため、スズメバチ駆除費に対する補助を継続するとともに、地球温暖化対策の推進、温室効果ガス削減及び環境保全意識の向上を目指して、家庭用燃料電池設置に係る助成についても継続してまいります。  3点目は「子育て・教育」でございます。  まずは、教育の分野について述べさせていただきます。   もっと読む
2018-09-13 大和郡山市議会 平成30年  決算特別委員会-09月13日−02号 第6目 環境対策費の決算額 1,169万 9,533円、その主なものは、第13節 委託料 690万 1,236円、第19節 負担金、補助及び交付金 277万 4,600円で、環境調査業務及び第二次環境基本計画策定、家庭用燃料電池設置費補助金等に要した経費である。 もっと読む
2018-06-19 桜井市議会 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年06月19日 近年の社会経済の発展と都市化の進展により、生活が物質的に豊かになるのに伴い、石油などの燃料や電力が大量に消費され、ごみの排出量が増加するなど、環境への負荷が増大し、自然環境、生活環境のみならず地球環境にも悪影響を与えていることが懸念されています。  それだけに、大事なことは、私たちの先人が守り、そして慈しんできた桜井市の環境を守り、後世に伝えていくためには、我々一人一人が行動しなければなりません。 もっと読む
2018-03-06 王寺町議会 平成30年  3月 定例会-03月06日−01号 自主財源の確保に向けた取り組みでは、町の徴収率につきまして、町民皆さんのご理解に支えられまして、全国的にも高い率を堅持しており、平成26年度は98.9%、27年度は99.1%、そして28年度は県内トップの99.3%となりました。引き続き公平、公正なの徴収確保に取り組んでまいります。 もっと読む
2017-09-15 橿原市議会 平成29年決算特別委員会(平成28年度決算) 本文 開催日: 2017-09-15 先ほど、うすい委員さんのほうからご質問いただきました、生活困窮者の方がの情報を共有しているかというご質問がありまして、私のほうで共有しているというふうに申し上げたんですが、これはもちろんの情報でございますので、ご本人様の了解がないと、それを勝手に共有することはもちろんできません。 もっと読む
2017-09-14 王寺町議会 平成29年  9月 定例会-09月14日−02号 自転車は手軽に便利に利用できる移動手段であり、議員ご指摘のとおり、利用者の方にとっては燃料が不要であることから経済的でもあります。また、適度な運動をとることにより、健康面からも、また、地域にとっても温室効果ガスを発生させないため環境にやさしいことや、移動手段が自動車から自転車に転換されることによる渋滞の緩和にも寄与するといった長所が考えられます。   もっと読む
2017-07-18 広陵町議会 平成29年第2回定例会(第1号 7月18日) 移住プロジェクト」の推進、磯城郡3町との国保中央病院をとした地域包括ケアシステムの構築など、より一層効果を高めるために、さらなる連携を進めてまいります。  私に与えられた大きな使命に、クリーンセンターの問題があります。過去には、操業期限をめぐって町政が混乱した時代もあり、広陵町の歴史における最重要課題であるといえます。 もっと読む
2016-09-08 桜井市議会 平成28年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2016年09月08日 纒向遺跡は、ヤマト王権の発祥にかかわる重要な遺跡として、また、邪馬台国畿内説の最有力候補地として広く認識されており、文化財としての価値はもとより、歴史文化を生かしたまちづくりのとして、地域のみならず、市全体の活性化につながるものと考えております。   もっと読む
2016-03-14 橿原市議会 平成28年予算特別委員会(平成28年度当初予算) 本文 開催日: 2016-03-14 これは教育委員会の方々と勉強会もさせていただいた中で、これがになるんですね。これがきちんとでき上がっていってるところは、コミュニティスクールに対する移行が非常にスムーズにいく。杉並の例ですけれど、学校、地域のパートナーシップができた上で、コミュニティスクールに一気にやられているという現状があります。   もっと読む
2015-12-08 生駒市議会 平成27年第5回定例会(第2号) 本文 開催日:2015年12月08日 一方、市町村は、県から示された標準保険税率を参考に、保険の徴収率等を勘案し、市域での保険を算定し、県に納付金を払うことになります。こういった仕組みが予定されております。   もっと読む
2015-07-06 大和郡山市議会 平成27年  6月 定例会(第2回)-07月06日−03号 政府の社会保障との一体改革の一環として立案され、消費の引き上げに伴う税金の増収分を子育て支援に充て、安心の子育てを目指す施策です。子育て支援といえば、待機児童解消対策と響くほど、重要政策として2年前倒しで既に取り組まれています。それ以外におきましても、今年度から本格的にスタートした妊娠・出産包括支援事業があります。 もっと読む
2015-06-17 天理市議会 平成27年  6月 文教厚生委員会-06月17日−01号 支給対象者といたしましては、基準日、平成27年1月1日現在、市町村の住民基本台帳に登録されている市町村民の非課税の方でございます。市町村民が課税されている人に扶養されている人及び生活保護の被保護者は除くことになっております。2番といたしまして、給付金対象人数といたしまして、約1万6,000人を見込んでおります。次に、3番の支給金額でございますが、支給対象者1人につき6,000円でございます。 もっと読む
2015-03-09 桜井市議会 平成27年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2015年03月09日 その間伐材は、桜井市で言うところでは油が使われているわけですね、補助燃料として間伐材を使ってらっしゃる。それは、油と大して変わらない値段で買い取ることによって、間伐をしてくる方々がそこで買い取ってもらえるというので、少しでも間伐の促進を図っていこうという取り組みでございました。   もっと読む
2014-12-02 王寺町議会 平成26年 12月 定例会-12月02日−02号 それから、この4月からの制度改正といいますか、国全体でございますが、これもご案内のように国の社会保障との一体改革ということで、消費の税率が4月から8%に引き上げがなされたところでございます。 もっと読む
2014-09-08 王寺町議会 平成26年  9月 決算審査特別委員会-09月08日−01号 まず、一般会計につきましては、安定した財政運営を進めるためには、歳入において町を初め、自主財源をできる限り確保することが重要であります。  まず、歳入におきましては、自主財源の要である町は、徴収率において全体で98.78%、速報値で県内1位と引き続き、高水準を維持されており、負担の公平性の確保に努められたことは評価できるものでございます。   もっと読む
2014-03-19 香芝市議会 平成26年第1回 3月定例会-03月19日−04号 ◎福祉健康部長(吉村宗章君) お尋ねの対象者数でございますが、この臨時給付金につきましては、税務課において情報を利用いたしまして、平成26年1月1日に香芝市の住民基本台帳に登録されている方で、平成26年度分の市民均等割が課税されない方を抽出いたします。ただし、生活保護受給者並びに課税者の扶養親族は除いています。   もっと読む
2014-03-10 王寺町議会 平成26年  3月 定例会-03月10日−01号 避難誘導や避難所運営のとなる自主防災組織は、現在52自治会中39自治会(75%)で設立がなされております。現在の自主防災組織への補助率は3分の1ですが、平成26年度から平成28年度の3年間に限り、補助率を2分の1に引き上げることで、組織の設立を促進するとともに、既に設立されている組織における防災資機材の充実を図ってまいります。   もっと読む
2014-03-05 広陵町議会 平成26年第1回定例会(第1号 3月 5日) 法人住民につきましては、実効税率の引き下げの影響や新たな企業進出等もなく、2,200万円の減収が見込まれます。  固定資産につきましては、旧クリーンセンター跡地の開発や好調な住宅開発に伴い、3,500万円の増収、また軽自動車・たばこにつきましても増収を見込んでおります。  以上により、町全体としては平成25年度当初予算に比べ、約4,200万円の増収を見込んでおります。   もっと読む
2014-03-03 桜井市議会 平成26年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2014年03月03日 相談員は一人で二つの中学校区を担当し、将来的には地域福祉相談員をとして、中学校区ごとに設置されている地域包括支援センター、訪問看護ステーションや地域の医療機関等とともに医療と介護の連携強化を図り、市民が安心して暮らせるよう、医療面、介護面において、総合的な生活支援体制の確立を目指すものであります。   もっと読む