運営者 Bitlet 姉妹サービス
644件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 王寺町議会 平成30年 12月 定例会-12月14日−03号 付託外案件3、王寺町総合計画の進捗状況について報告を受けております。  王寺町総合計画については、これまでの総合計画審議会において出された意見を反映した、平成31年度から10年間の基本構想及び総合計画策定に係る今後のスケジュールが資料として示され、現在審議会においては、前期5年間の基本計画について活発な意見をいただきながら策定に取り組んでいるとの報告を受けました。   もっと読む
2018-12-11 桜井市議会 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月11日 制度では、日本語能力や仕事をするのに必要なスキルを総合的に判断をして、特定技能があると認められれば、就労資格が取れ、正式に労働者として入国し、就労できる制度であります。   もっと読む
2018-12-10 王寺町議会 平成30年 12月 総務文教常任委員会-12月10日−01号 ◆(中川委員) 次の予算で、来年、年度の予算のときにできたらお願いしたいなと思いますんで、よろしくお願いします。 ○(嶋内委員長) 要望で。 ◆(中川委員) はい、要望です。 ○(嶋内委員長) ほかにございませんか。  松岡委員。 ◆(松岡委員) 7番、松岡です。  桃山住宅の屋根の改修の件ですけれども、足場組まんのかな。桃山の人がやっぱり足もとを大分通りにくくなったりします。 もっと読む
2018-12-06 王寺町議会 平成30年 12月 定例会-12月06日−01号 27日から28日にかけてでございますが、県選出の国会議員の皆様にお会いいたしまして、北葛地域のそれぞれの地方創生や、あるいはまた年度予算に関する要望等を行わせていただきました。  27日でございますが、奈良県町村長研修会、これは県の町村会主催でございますが、開催されておりました。 もっと読む
2018-09-12 天理市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−01号 本年度につきましても3事業者が決定されておりまして、いま、商品の開発に向けて、うちが仲介をするような形で、grafと新たな3事業者の方とブランドモノづくりの方の支援の方を継続させていただいております。   もっと読む
2018-09-11 桜井市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月11日 そして、その避難所に対しての調査なんですが、避難所台帳を整備して、昭和56年という耐震基準以前の部分についても若干あろうとは思いますが、その対象になっていない56年以降の部分におきましても、災害の程度やその状況に応じて避難所を開設できるかは、そのときに判断していくことになろうかと考えております。 もっと読む
2018-09-10 王寺町議会 平成30年  9月 総務文教常任委員会-09月10日−01号 目2教育振興費では、制度の私立幼稚園に対する施設型給付費を児童数等の増に伴い52万9千円を増額。  項3小学校費、目2教育振興費では、準要保護児童への補助金103万4千円を増額しております。  予算書の26頁をお願いします。   もっと読む
2018-06-25 大和郡山市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月25日−03号 路線バスにつきましては奈良交通バスが運行しており、JR大和小泉駅と近鉄郡山駅を結ぶ奈良法隆寺線、郡山小泉線、近鉄、JRの駅前からイオンモール、シャープ前、奈良学園などを結ぶそれぞれの路線、近鉄郡山駅から奈良県総合医療センターを結ぶ郡山若草台線など15の路線を運行しております。 もっと読む
2018-06-19 香芝市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月19日−02号 例えば、地域ブランド認定件数については、既存の商品に対してKASHIBA+の認定を行うことにより価値を高めるような取り組みを行っており、さらに今年度からは新たな商品開発を行っていただくための補助事業を商工会で実施していただく予定でもございます。そういったなかで何か少しつけ加えていただく、改良を加えていただくというところの試みを行っているところでございます。  以上でございます。 もっと読む
2018-06-19 桜井市議会 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年06月19日 平成30年度事業として、国の地方創生推進交付金を活用して、桜井市の誘客をさらに進めるため、桜井市観光協会に対し新たな旅行商品の開発等を含んだ事業の委託を行っております。おもてなし協議会にお願いをいたしていると思います。  具体的には、市内のホテル・旅館などの利用の促進に向けた滞在型旅行商品づくりや、観光地周遊を目的としたタクシーやバスの利用の可能性の調査等を行います。   もっと読む
2018-06-13 天理市議会 平成30年  6月 文教厚生委員会-06月13日−01号 そのほか、改元に伴う改修といたしまして言語部分の改正でありますとか、国の年次調査につきましてこの言語を追加していくということの改正でございます。  また、世帯の状況といたしまして、保護歴の有無という形で、前回の廃止年月というところもこの改修内容に入ってきてございます。   もっと読む
2018-06-05 王寺町議会 平成30年  6月 定例会-06月05日−02号 変換した自治体ポイントは、民間事業者が運営するホームページの中でその自治体ゆかりの商品と交換することができる、あるいはまた、地元の協力店舗で利用できるポイント券と交換することができる、こういった取り組みが可能ということになっております。   もっと読む
2018-03-22 香芝市議会 平成30年第1回 3月定例会-03月22日−03号 文科省も同じくLINEによるいじめ相談等の窓口を開いて、自治体補助を年度から始めてます。近隣府県等も進めてるんですけども、こういったことで友人関係を悩む子供さんに利用しやすくなると思いますので、いじめ通報アプリというやり方もあります、これは匿名性がありますので、そういったことから導入したらどうかと思うんですけど、どうですかね。 ○副議長(福岡憲宏君) はい、福森教育部次長。 もっと読む
2018-03-16 桜井市議会 平成30年予算特別委員会 本文 開催日:2018年03月16日 そういったこともございますので、あまり知られていなかった商品というのが売れるようになったりとか、事業者の方の新たな商品開発意欲というものも高まっております。また、市内の宿泊施設の宿泊券も選ばれておりますので、誘客にも貢献できているのかなというふうに考えております。  このように市内にお金がとどまって循環をいたしますので、地域の活性化にも大きく役立っているのかなと考えております。 もっと読む
2018-03-15 大和郡山市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月15日−03号 このようなアクティブラーニングの授業の加速は必至であり、学習要領に定められたのは四、五十年に一度になるという大改革であると言われております。もう既に、アクティブラーニングの授業を始めておられる学校もあります。本市は、学習要領に定められたこのアクティブラーニングの授業に対して、どのような準備を進めていこうとされているのかお聞かせいただき、1点目の質問を終わります。  以上です。 もっと読む
2018-03-14 桜井市議会 平成30年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年03月14日 これにつきましては、寄附額から経費等、商品代等を除きまして、また今年度、29年度で活用させていただいております額を差し引きいたしまして、纒向遺跡の保存活用につきましては29年度末見込みといたしまして1,690万円ほどを見込んでおります。 もっと読む
2018-03-14 生駒市議会 平成30年第1回定例会 予算委員会(厚生消防分科会) 本文 開催日:2018年03月14日 この目につきましては、消防団の運営や充実、活性化に要する経費、消防団員の操法訓練や本市操法大会、2年に一度開催されます奈良県消防操法大会出場に要する経費、また、消防団の装備強化のため、193名全団員に準則活動服を更新するとともに、昨年に引き続き、防火服の購入に要する経費でございます。  続きまして、88ページ中段をお願いいたします。  目3、消防施設費でございます。 もっと読む
2018-03-12 香芝市議会 平成30年 3月12日 予算特別委員会-03月12日−01号 それとまた、本市に特産物が例えばなかったとしたら、他市のところからでも特産物をされているという自治体も今は結構見受けられると思うんで、そんなのも含めて本市と似通った返礼品をできるようなそういった商品も、本市と他市とよく似通ったところがあれば他市の部分も本市に買わせていただいて返礼品とするような、そういったよりよいちょっとでもいい取り組みをしていただきたい。 もっと読む
2018-03-12 桜井市議会 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年03月12日 その背景として、移住促進住宅整備事業、地域定住促進拠点整備事業、Uターン者住宅購入・改築支援商品券交付制度、児童手当以外の各種祝い金など、豊富なメニューがありました。  また、京都府綾部市においては、市長から直接、移住・定住対策についてお聞きすることができました。 もっと読む
2018-03-12 大和郡山市議会 平成30年  予算特別委員会-03月12日−01号 同じく24ページの第8節 報償費、報償品についてであるが、免許返納された高齢者への商品券配布と思うが、返納の推移を問う。 ◎山中市民安全課長 ここ3年の推移であるが、平成27年のときに 292件、28年度 271件、29年が 287件ということで、おおむね横ばいとなっている。 ◆徳野委員 バス回数券から商品券に変えられたということで、返納数は上がったと考えてよいのかを問う。 もっと読む