369件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大和郡山市議会 2019-03-18 平成31年  2月 定例会(第1回)-03月18日−04号

次に、商工費の主な質疑について、商工業振興費の諸業務手数料における金魚のまちプロジェクト事業の内容はに対し、金魚の町大和郡山を訪れていただく方々に、一目でわかる仕掛けづくり、町なかで金魚に触れることのできるまちづくりを進めることを考え、金魚のオブジェを制作し、JR郡山駅などに設置しようとするもので、できるだけ人目を引くようなわかりやすい金魚の造形物をつくりたいと考えていますとの答弁がありました。  

大和郡山市議会 2019-03-14 平成31年  2月 定例会(第1回)-03月14日−03号

まず、外国人労働者の受け入れの状況でございますけれども、当市での受け入れの状況をお聞かせいただき、大勢の外国人が昭和工業団地を中心に就業され、市内で生活されている様子がわかりました。4月からは、外国人労働者の就労可能期間が延長になることに伴い労働人口もふえることが予想されます。

広陵町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第3号 3月 8日)

特に箸尾準工業地域は、未活用地が残る貴重な工業系の用途地域であり、広陵北地域の活性化を図る上でも優良企業の集積が求められております。  箸尾準工業地域では、平成24年度に企業誘致に向けた地権者説明会を開催し、土地活用に関する地権者アンケートを実施しました。平成28年度からは、地権者代表による検討委員会を設け、6回の検討委員会と4回の地権者説明会を開催しております。

広陵町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第2号 3月 7日)

企業誘致の条例も以前にはつくらせていただきましたが、やはり町の状態でもございましたので、今回箸尾準工業地域の開発については、積極的に町が主体的に取り組んでいこうということでございます。法人数は結構あるわけでございますが、割合、小規模な法人が多いということでございます。今度地域産業総合振興機構も立ち上げますので、これによって広陵町の産業をもっと活性化していこうと。

広陵町議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第4号12月12日)

○町長(山村吉由君) 当該地は、御承知のとおり、準工業地域に指定されてから土地活用がほとんど進まずに来てまいりました。土地所有者の皆さんには、固定資産税、準工業地域ですので多額の固定資産税も納付をしていただいているわけでございます。

王寺町議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会-12月07日−02号

それから、すみません、行ったり来たりで強縮ですけれども、あとバスの点でもう少しつけ加えさせていただきたいんですけれども、住民の皆さんの高齢化が進む郊外の団地というのは当然ふえてきておりますので、今後、将来的に自動運転の実証実験といったものにも機会があればぜひ手を挙げていきたいというふうに思っております。  

橿原市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第1号)〔行政経過報告〕

68,759,280│ 平成31年3月29日│ │              │地内     │                         │       │            │     │        │ ├──────────────┼───────┼─────────────────────────┼───────┼────────────┼─────┼────────┤ │日高山団地長寿命化

橿原市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会(第1号)〔行政経過報告〕

(所管:社会教育課) 2 8月2日及び8月8日の2日間、佐藤薬品工業及び橿原郵便局において、小学校3年生から小学校6年生までを対象に、青少年の育成を目的として「夏休み子どもワクワク体験学習」を開催しました。佐藤薬品工業及び橿原郵便局の御協力のもと合計59名が参加され、職場体験を行い、ふだんはできない楽しい時間を過ごしました。

大和郡山市議会 2018-06-19 平成30年  産業厚生常任委員会-06月19日−02号

商工会あるいは大和郡山市の昭和工業団地等、企業群もある。ホームページのみならずあらゆる全ての方法を利用して周知徹底をお願いしたい。 ○西村副委員長 ほかに質疑はあるか。 ◆尾口委員 国からの補助金とは最大でどのぐらいあるか問う。 ○西村副委員長 休憩。      午前10時26分 休憩      午前10時26分 再開 ○西村副委員長 再開。 ◎熊木地域振興課長 国からの補助金だが4つある。

大和郡山市議会 2018-03-19 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月19日−04号

次に、市営住宅のエレベーター管理委託料の内容はに対し、南谷団地と片桐東団地のB棟、C棟、D棟、G棟及び平成30年度に設置しますF棟のエレベーターについて、日常の維持管理や定期的な診断等調査を行うための委託料で、24時間遠隔の管理システムで管理し、緊急時にはインターホンでの対応や技術員の派遣を行ってもらうこととなっておりますとの答弁がありました。  

大和郡山市議会 2018-03-13 平成30年  予算特別委員会-03月13日−02号

その内容については、城小泉線、昭和工業団地内線などの舗装、補修工事に要する費用である。残りの 7,500万円が単独事業で、矢田山町での側溝整備、あと九条ヶ丘、その他市内一円の舗装整備に要する費用である。それと、要望件数であるが、平成30年1月末現在で 113件ある。年度内に処理しているのが83件で、率にして 73.45%となっている。

桜井市議会 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年03月12日

そして、大和朝倉駅周辺地区のまちづくりの方向性としては、昭和50年代に、先ほどお述べをいただきましたが、大規模住宅団地として開発された朝倉団地では、今後も人口密度が高く推移するものの、高齢化や空き家等の増加が懸念されますことから、空き家等を生かした良好な住宅の提供など、居住環境の維持、向上を図りつつ、定住を促進するよう考えております。  

大和郡山市議会 2018-03-12 平成30年  予算特別委員会-03月12日−01号

だけどそれは昭和工業団地が、今から50年ぐらい前に、先人がつくった財産によって我々の独自財源が確保されてるわけである。上田市長になって、平成13年になって、人口がどんどん減ってきた。そして、市税は 140億円を割っている。どんどん市税が減ってきて、平成28年度はついに 120億円を切った。もっと危機意識を持ってほしい。  

橿原市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会(第1号)〔行政経過報告〕

                │      │        │ ├────────────────────┼────────────┼────────────────────────────┼────────────┼────────────────┼──────┼────────┤ │今井五井線舗装工事           │橿原市今井町・五井町地内│L=131.9m W=5.4~7.5m         │三建工業

橿原市議会 2017-12-01 平成29年12月定例会(第1号)〔行政経過報告〕

                │         │平均幅員 W=3.2m               │            │             │      │        │ ├────────────────┼─────────┼──────────────────────────┼────────────┼─────────────┼──────┼────────┤ │四分団地内装等改修工事