2108件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桜井市議会 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年03月27日

2款、総務費につきましては、防災費、防災関連新規事業として避難の機能強化とあるが、その内容はどうか。  戸籍住民基本台帳費、住民票等のコンビニエンスストアでの交付にかかる経費に対する費用対効果はどうか。  マイナンバーカード交付率を上げるため、市民に対しどのような啓発をしているか。  3款、民生費につきましては、プレミアム付き商品券事業費の内容について聞きたい。  

広陵町議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第5号 3月20日)

なぜ繰り越しになってきているのかと申しましたら、これは既設公共施設の建物の調査を事前にしていなかったと、これは以前の北保育園の問題から発しまして、早急に是正、必要な公共施設については是正、そして調べて対処していくということは約4年前に話があったものです。それがいまだにできていなかったということが起因をしておるものです。これがはっきりできておれば、そういうのを見越して話を進められた。

桜井市議会 2019-03-20 平成31年文教厚生委員会 本文 開催日:2019年03月20日

第1号、政策等の発生元、桜井市子供一時預かり事業は多様化する保育需要に対応するため、断続的また緊急もしくは一時的に保育を必要とする児童に対し、子供を一時的に預かり保育することにより、子育て家庭に対する育児の支援を図ることを目的として実施しているものでございます。すでに保健福祉センターひだまり内の集いの広場におきまして実施しているものでございます。

大和郡山市議会 2019-03-18 平成31年  2月 定例会(第1回)-03月18日−04号

子供の医療費の助成や、保育や学童保育の充実、教育内容の充実など、若い世代が魅力を感じるところを伸ばすことが重要です。今回、未就学児の医療費助成に関しては現物給付が導入されますが、福祉医療全般においてさらなる拡充が必要です。  10月から幼児教育無償化が行われようとしておりますが、無償化することで保育需要がふえ、待機児童がふえることも予想されます。

桜井市議会 2019-03-18 平成31年予算特別委員会 本文 開催日:2019年03月18日

学童保育の運営というところで、いつも学童保育に関しましていろいろ質問等をさせていただいています。これ、4月からまた新たな制度が始まるところがあると思います。今、学童保育のところで、申し込みとかいうのはたくさん来ていると思うんですけど、今の現状、学童保育の待機児童というのはあるのかどうか、お伺いいたします。

大和郡山市議会 2019-03-14 平成31年  2月 定例会(第1回)-03月14日−03号

6番村田議員の学童保育について、また2点目、高齢者外出支援について、御質問にお答えいたします。  まず、学童保育につきまして、片桐学童保育につきましては、片桐小学校及び保護者会と協議を重ねました結果、会議室を学童保育に使用できることになり、片桐第2学童保育を平成31年4月から開設する準備を進めております。

橿原市議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(平成31年度当初予算) 本文 開催日: 2019-03-12

31年10月から幼児教育、保育の無償化が実施されようとしております。幼稚園、認可保育、それから認定こども園の費用を無償化していくというところです。3歳から5歳児は所得にかかわらず無償化となります。0から2歳児は住民税の非課税世帯が該当というところです。  

桜井市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年03月12日

このような状況の中、本市においては、桜井市立保育・幼稚園のあり方に関する基本方針(案)をまとめ上げ、平成31年1月15日から2月14日までパブリックコメントも募集されています。  そこで、本基本方針は、市長からの諮問に基づき、平成30年度に桜井市立保育・幼稚園のあり方検討委員会から答申を得て策定されていますが、この答申は、市長の考えに沿った内容になっていたのか、市長にお尋ねいたします。  

広陵町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第2号 3月 7日)

○11番(谷 禎一君) この育成教室の分に関しては、これ間違っていたらあれなんですけれども、北保育園のもともとのプレハブ園舎をそっちへ移すということのものやと思います。これ北保育園のプレハブ園舎につきましては、前の副町長がおられるときにきちっと許可をとるということでやられた部分が許可を得ずして建物を建てたと。

橿原市議会 2019-03-07 平成31年文教常任委員会 本文 開催日: 2019-03-07

37 ● 教育委員会事務局副局長 なぜきちんとした考え方を出さなかったのかということですが、21年の当時、この基本方針で出しておりますのが、幼保一体化施設、幼稚園の現状とすると子どもの数が非常に減っている幼稚園でその同じ地域にある保育が待機児童も出るような状況と幼稚園で子どもが減っているという、そういう状況を考慮して、方針としては幼保一体化施設を検討するということで

生駒市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年03月05日

子育て世代の保護者が地域で孤立することなく、子どもたちが安心して成長できる地域づくりを進めるとともに、幼稚園、保育、こども園など、就学前教育・保育ニーズに対応した環境整備に取り組みます。  母子保健については、妊娠に至らない人の一般不妊治療に要する検査・治療費を助成いたします。

大和郡山市議会 2019-03-04 平成31年  2月 定例会(第1回)-03月04日−02号

そうした中で、子育て支援については、民間の社会福祉法人との連携ということに力を入れておりますが、保育園や認定こども園の拡充、あるいは学童保育の増設も進めているところであります。  高齢者福祉については、地域包括ケアシステムの推進や地域包括支援センターの公民館内への設置などとあわせ、これからも民間事業者と連携をしながら地域福祉の推進に努めていきたいと思います。  

桜井市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年03月04日

児童福祉施設費におきましては、平成30年度に引き続き、今後の公立保育・幼稚園の適正配置や適正規模について検証し、就学前の子どもたちにとって望ましい保育・教育施設の環境整備に取り組むための所要額を、また、宝くじ助成事業を活用して子どもの広場の遊具設置にかかる所要額を計上しております。  

大和高田市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第4号) 本文

本市にかかわるところでは、本市東雲町にある高田消防署東出張が橿原消防署の北出張との統合が検討されています。また、建築確認など予防業務を消防本部に集約することが予定されており、これらをあわせ、旧中和広域消防管内において消防職員の人員減が見込まれています。消防職員の減少、また予防業務が現地の地形や防災上の問題を熟知した現場から離れていくことで、地域の消防力の低下が懸念されます。

大和高田市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第3号) 本文

委員より、「現在も保育への途中入所は困難と考えるが、幼児教育の無償化の実施には対応できるのか」との問いに、担当者は、「3歳児から5歳児は、保育士1人が保育できる子どもの数が多いことから対応できるものと考えている」と答弁されました。  

大和高田市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第1号) 本文

次に、国民健康保険天満診療特別会計であります。  予算総額は1億2,800万円で、対前年度900万円の減となっております。  次に、駐車場事業特別会計であります。  予算総額は2,010万円で、駐車場補修工事の減少により、対前年度1,430万円の減となっております。  次に、介護保険事業特別会計についてであります。