運営者 Bitlet 姉妹サービス
102件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-20 大和郡山市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月20日−04号 続いて、衛生費について、一般不妊治療費助成金の実績はに対し、平成29年度は57人から申請があり、 262万 1,834円を助成しました。その後の聞き取り調査などは行っていませんが、申請者のうち23人に対して母子手帳を発行しておりますとの答弁がありました。  次に、火葬場の年始における利用状況はに対し、平成30年1月3日に市内の方3件の利用がありましたとの答弁がありました。   もっと読む
2018-06-25 大和郡山市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月25日−03号 TNRとは、Tがトラップ、けがをしないように捕獲し、Nがニューターで不妊手術ですが、その際、目印として片耳の先をカットします。もちろん全身麻酔で、痛みはありません。そしてRがリターンで、もとの場所に戻すことを意味します。 もっと読む
2018-03-27 桜井市議会 平成30年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年03月27日 一般不妊治療助成金は、少しずつ認知されふえてきている。直近の実績はどうか。また、拡充する考えはないか。  「陽だまり」における休日診療所の夜間及び休日の利用実績はどうか。費用対効果はどうか。  がん検診は、毎回定員を上回る募集があると聞くが、本市の受診率及び目標受診率はどうか。  平成30年度の自殺対策はどのような取り組みを行うのか。   もっと読む
2018-03-16 桜井市議会 平成30年予算特別委員会 本文 開催日:2018年03月16日 82から83ページ、母子保健費のうちの補助費、一般不妊治療助成金につきまして、1つ目をお伺いしたいと思います。  この事業、何年か続けていただいているところですけども、昨年、一昨年からかは不育の治療費の助成費も含めた形で一般不妊治療助成金という形でしていただいているところですけども、この29年度の一番直近までのところの実績であったりというところをお伺いをまず1つさせていただきます。   もっと読む
2018-03-14 生駒市議会 平成30年第1回定例会 予算委員会(厚生消防分科会) 本文 開催日:2018年03月14日 同じく61ページから62ページ上段にかけまして、款4、衛生費、項1、保健衛生費、目1、保健衛生総務費につきましては、主に乳幼児健康診査や妊婦一般健康診査、一般不妊や不育症の治療費助成交付などの母子保健事業に係る経費でございます。   もっと読む
2018-03-12 大和郡山市議会 平成30年  予算特別委員会-03月12日−01号 第19節 負担金、補助及び交付金の一般不妊治療費助成金 150万円について、施政方針の中にも記載されていたように、安倍総理が言われるように少子高齢化は国難であると。その国難に直面していると。大和郡山市も例外ではないと私も理解をしておる。その中で、一般不妊治療費助成金 150万円、平成29年度から開始された事業で、平成30年度で2カ年目の事業に当たると思うが、29年度予算と同額の当初予算である。 もっと読む
2018-03-03 橿原市議会 2018.03.14 平成30年予算特別委員会(平成30年度当初予算) 本文 今、委員お述べのように、ピロリ菌が例えば陽性になった場合に、当然、治療につながってという形で個人的にしていただいている方もあると思いますし、今回のピロリ菌の検査から治療に進まれるという方もあると思いますので、市としましては検診と同時に実施するという条件においてのみの1回という形でさせていただいております。 ● 大北かずすけ委員長 ほか、ございませんか。                  もっと読む
2017-09-19 大和郡山市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月19日−03号 次に、不妊治療についてお聞きします。一般不妊治療費助成制度が、本年度より市単独の事業として取り組まれるようになり、非常に評価をいたします。まず、導入された理由と、そして制度についてお聞かせください。  次に、学童についてお聞きします。大和郡山市内の学童保育に通う子供が増加傾向にあり、郡山南小学校の学童施設の新設に続き、現在、矢田南小学校の学童施設の建て増し事業を進めていただいています。 もっと読む
2017-07-10 大和郡山市議会 平成29年  6月 定例会(第2回)-07月10日−03号 東京一極集中ということを一方通行という看板とおっしゃったのだろうと思いますけれども、しかし、経済はもちろんのこと、子育ての環境−−朝から出ておりました、働き方や家族のあり方、あるいは人生観とか家族観とか、あるいは国家観とか、あるいは不妊治療の問題もあるでしょうし、地域のありよう、変化ということもあって非常に多岐にわたる課題であると思っております。   もっと読む
2017-03-21 大和郡山市議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月21日−04号 次に、衛生費の主な質疑について、一般不妊治療費助成費の内容はに対し、不妊に悩んでいる夫婦の治療の経済的な負担を軽減するため、一般不妊治療としてタイミング療法、排卵誘発剤などの薬物療法、人工受精などに対し年間5万円の助成を行うものですとの答弁がありました。  続いて、ごみ処理費における測量設計等委託料の内容はに対し、来年度から行う長期包括責任委託の発注、支援業務の委託料です。 もっと読む
2017-03-15 橿原市議会 2017.03.15 平成29年予算特別委員会(平成29年度当初予算) 本文 中小企業に対する施策の改善、不妊治療への補助など、医療費の助成制度をするなど、市民生活に関わる予算は盛り込まれていますけれども、民間のホテル業者のために15億円公費を投入するPFI方式により、八木駅南の私有地活用に上限127億円の債務負担行為を計上する、そして複合施設購入費として、市債を23億1,721万円を計上しています。 もっと読む
2017-03-15 生駒市議会 平成29年第1回定例会 予算委員会(厚生消防分科会) 本文 開催日:2017年03月15日 平成29年度からは妊婦一般健康診査の1人当たりの助成額を増額するとともに、新たに一般不妊治療費助成事業として、一般不妊治療治療費助成交付に要する経費を計上しております。   もっと読む
2017-03-14 大和郡山市議会 平成29年  予算特別委員会-03月14日−02号 今回の予算に関しては、求めてきたクーラーの設置、これに関して中学校の普通教室へのクーラーの設置を進めるための準備費用であるとか、学校事務職員の配置、そして妊婦健診の充実、また不妊治療への助成を始めたことなどは評価できるところである。 もっと読む
2017-03-13 橿原市議会 2017.03.13 平成29年3月定例会(第2号) 本文 特に妊産婦健診公費助成の充実や不妊治療に対する助成制度の導入、また、産前産後における切れ目のない支援として日本版ネウボラの整備など、高く評価をさせていただきます。今後もさらなる充実に向けて推進を図っていただきますようによろしくお願いいたします。  まず1点目は、不育症治療における助成制度の導入について伺います。  不育症とは、妊娠は可能だが死産や早産、流産を繰り返し生児に恵まれない状態をいいます。 もっと読む
2017-03-13 大和郡山市議会 平成29年  予算特別委員会-03月13日−01号 続いて第19節 負担金、補助及び交付金のところで一般不妊治療費助成金について、これは新規事業であると思うが、この内容を問う。 ◎細川保健センター所長 一般不妊治療の助成について、不妊に悩まれている夫婦の治療として、経済的な負担を軽減するために助成するものである。一般不妊治療としてタイミング療法や、排卵誘発剤などの薬物療法、人工授精、そういったものに年間5万円の助成を行うものである。 もっと読む
2017-03-09 橿原市議会 2017.03.09 平成29年予算特別委員会(平成29年度当初予算) 本文 今回、妊産婦保健事業費で、不妊治療の補助金と、それから系統的に母子包括支援事業ということで、それぞれ健康増進課が新規事業について起案をして、そして進め、これを実際に運用されようとしていますけれども、実際にはこれは、まず不妊治療に関しては、予算315万円で上限5万円ですから、上限5万円として70人もいかない、60人強ですけども、これに関してどういう進め方をしていくのか、これの主体はどうなのか答弁をしてください もっと読む
2017-03-07 生駒市議会 平成29年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2017年03月07日 安心して子どもを産める環境づくりとして、妊娠しても、その継続が困難な不育症の検査・治療費を助成する制度を引き続き実施するとともに、新たに一般不妊治療に対し、検査、治療費を助成する制度を創設いたします。   もっと読む
2017-03-06 御所市議会 平成29年  3月 定例会-03月06日−01号 妊婦健康診査事業としまして、不妊治療費助成金を新設し、不妊治療中の夫婦に対し、治療費用の一部を助成することにより、その経済的負担の軽減を図ります。   もっと読む
2017-03-03 王寺町議会 平成29年  3月 定例会-03月03日−01号 未来を担う人づくりでは、出産、育児の支援として、不妊に悩む夫婦の経済的及び精神的負担を軽減するために、人工授精などの一般不妊治療費助成制度の対象を第1子から、新たに第2子以降にも拡大をいたしました。また、母親の産前産後の負担を軽減し、安心して出産、子育てができるように、家事や育児の手助けをする産前産後すくすくヘルパー事業についても昨年8月から新たに実施をいたしました。 もっと読む
2017-03-03 広陵町議会 平成29年第1回定例会(第1号 3月 3日) 保健・医療の充実の主要施策では、(1)健康づくりに関する指針の評価・実行の②といたしまして、医療費適正化を総合的かつ計画的に推進するとともに、国保データベースシステム等によるデータ分析に基づいた生活習慣病予防対策など、地域の健康課題に効率的に取り組むほか、(4)母子保健等の充実の②といたしまして、妊娠・出産の希望をかなえるため、不妊治療に関する支援を行うことといたしております。   もっと読む