26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

桜井市議会 2016-06-09 平成28年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2016年06月09日

ごみを家の外に出せば、カラス野良猫に袋を荒らされますし、家の中で保管すれば、生ごみの腐敗などで衛生面でも大変問題が出てきます。今年度も昨年と同様に、年間を通じて不公平が生じないよう、これを検討されたのかどうか。他市のごみの収集カレンダーをインターネットや、またあるいは各市の共産党議員にも聞いたんですけども、ほとんどの市が祭日や振替休日であっても収集業務を行っております。

生駒市議会 2016-03-09 平成28年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2016年03月09日

144 ◯9番 惠比須幹夫議員 これもお聞きした範囲では、大体、4,300のうち、1,300はまだネットのみの対応ということだと思うんですが、その中で、やっぱり相変わらずカラス被害、ごみの散乱被害、駆除というものもございますが、有料化になってから、若干、その辺、軽減された嫌いもあるというふうにも聞くんですが、その辺はいかがですか、散乱とかカラス被害とかですね。

天理市議会 2015-09-24 平成27年  9月 定例会(第3回)-09月24日−03号

いわゆる鳥獣の個体数調整を進めていくことについて、特に本市でイノシシカラスといった有害鳥獣対策として、取り組みはどのように進められているのかお聞きしたいと思います。 ○議長(大橋基之議長) 環境経済部長。 ◎環境経済部長(北門克之) ただいまの御質問にお答えいたします。  自然環境の変化により、鳥獣の生態系も大きく変わり、イノシシや鹿などの鳥獣による農作物への被害が全国的に問題となっております。

天理市議会 2015-03-13 平成27年  3月 定例会(第1回)-03月13日−03号

イノシシアライグマカラスニホンジカなどが年間を通じ、食害や農作物の踏み倒し、農地の掘り起こしなどの被害が多発しています。イノシシによる被害では、春季、いわゆる春のタケノコ、野菜、また、夏の果樹、野菜、そして秋季、秋の収穫前の水稲や果樹などに被害が拡大しています。近年では、耕作放棄地の増加により、山際の平坦部まで被害が拡大してきています。

御所市議会 2014-06-20 平成26年  6月 定例会-06月20日−08号

そういった中で、他市でも問題になっておりますカラスによるごみまき散らしの対策をふれあい収集の一環として担当自治会長承諾のもと、ポリ容器を一定期間貸し出し設置するカラス対策を実施しております。また、収集日程カレンダーの要望もありますが、粗大ごみ収集日程のカレンダー作成については、以前、各地域の粗大ごみ集積場所から有価物の窃盗事件が多発したため、現在は各自治会の担当者のみに日程連絡をしております。

生駒市議会 2013-09-26 平成25年第4回定例会 決算審査特別委員会(環境文教分科会) 本文 開催日:2013年09月26日

新たな取組といたしましては、事業系ごみの分別促進による減量化を進めるため、処理料金の値上げと併せ、原則、指定袋制を導入するとともに、ごみ集積時のカラス被害対策として、折り畳み式の集積かごを集積施設整備補助金の対象に加え、地域環境美化の促進と公衆衛生の向上に努めました。

生駒市議会 2013-09-19 平成25年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2013年09月19日

しかし、ごみ集積所ではカラスによるごみ散乱被害、ゴミ出しのマナーの悪さによるトラブルなどが絶えず発生し、各地域の課題となっています。また、ごみ集積所への不法投棄も多々報告されています。そのような状況を踏まえ、以下の点についてお聞きいたします。  1つ、現状、大型ごみ、燃えないごみは電話申込みにより戸別収集されています。集積所収集と比べ、改善された点と課題点についてお聞かせください。  

橿原市議会 2013-03-08 平成25年予算特別委員会(平成25年度当初予算) 本文 開催日: 2013-03-08

これを奈良市、例えば宝塚かどこかでも、あれはカラスの被害という形で、餌やりの方がおられるという形で、この野性動物についての餌やりを禁止する条例をつくられたという自治体があるというのは知っております。ただ、それを規制条例までをつくっていくかというのは、1つちょっと判断のところで。

天理市議会 2012-03-19 平成24年  3月 定例会(第1回)-03月19日−04号

せっかくつくった、特に精根込めてつくった出荷前の作物が、無残にもイノシシカラスアライグマ等に荒らされ、出荷がだめになった例はたくさんあります。一年に一回しか収穫できない農産物が被害に遭うと、次は一年後しか栽培できません。また、果樹園では石垣を崩され、果樹、樹木が倒される被害もあります。このような状態がたび重なれば、当然生産意欲もなくなり、耕作放棄地ともなりかねません。

御所市議会 2010-09-08 平成22年  9月 定例会-09月08日−11号

さらには、鳥、これはカラスとドバトでございます、20年度は148羽、21年度か172羽でございます。  それと、葛城市のそういう対策を、トタンさく等のそういう葛城山系の一角ということで連続しているんじゃないかと、御所は連携、少なくとも個人対応で個々のそういう対応で連続性がないのじゃないかということ、確かにこれもそのとおりでございます。

広陵町議会 2009-09-14 平成21年第3回定例会(第3号 9月14日)

そういうことで、今度は悪い人がおりまして、だったらウグイスカラスの鳴き声を聞かせたらまねできるだろうかということをやったんですけども、幾らかかってもカラスの鳴き声はできなかった。そこでそのことを言われる中では、あらゆる生き物というのは、いろんなそういう親から子へ、子から孫へとつないでいく、そういう教育のプログラムというのがあるんだと。

生駒市議会 2007-09-10 平成19年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2007年09月10日

カラスネットの設置や収集後の片付け等、集積場の維持管理が不要である。また、ごみ排出者が1軒単位に限定されるので、ごみを正しく出す意識や自覚が増し、ごみ分別等の徹底が図られ、万一不適正な排出があった場合でも、直接排出者に指導できるなどが考えられるところでございます。  

  • 1
  • 2