37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

橿原市議会 2017-03-08 平成29年予算特別委員会(平成29年度当初予算) 本文 開催日: 2017-03-08

2つ目が、先ほどちょっと言いましたけれども、発電するためにはごみを焼却いたします。そのごみ量が、今年度までは御所市のごみをとっておりました。その関係で、来年度以降は、御所のごみをとらないというところで、焼却する量が減るということで、当然それに伴いました発電量が減るいうことで、余剰電力が減っていくということがございます。  

橿原市議会 2016-03-11 平成28年予算特別委員会(平成28年度当初予算) 本文 開催日: 2016-03-11

195 ● 竹森衛委員 次に、同じく概要の22ページで、指定ごみ袋の購入費が4,978万3,000円、去年より約250万円増額になっているわけですけれども、当然、市民がそれを買って、決められた曜日にごみを捨てるわけですけれども、これに見合う販売額、平成15年度から指定ごみ袋でごみの有料化が始まっているわけですけども、大体平均どれぐらいの、商売で言うたらいわゆる

天理市議会 2015-12-14 平成27年 12月 経済産業委員会-12月14日−01号

藤井町地内の残土処分場は水道水源保護条例の制定前から事業を開始していましたが、林地開発の許可を受けず無許可で開発区域を広げ、平成22年に県から是正指導を受けていました。しかし、事業者である山本建設は事業途中で資金繰りが困難になったとのことで是正工事は行われず、その後は現地は放置された状態であります。

奈良市議会 2013-11-01 平成25年 11月 建設委員会-11月01日−01号

ほかに、道路公園緑地調整池、集会所用地、防火水槽、ごみ集積場、水道施設用地が計画されております。  続きまして、経過でございますが、平成22年7月9日、奈良市都市問題調整会議審議申請書の受け付けを行い、同月21日に奈良市都市問題調整会議委員会、同22日に奈良市都市問題調整会議幹事会を開催しております。  

天理市議会 2013-03-11 平成25年  3月 経済産業委員会-03月11日−01号

戻っていただいて、10ページの第6章一般廃棄物処理業の第41条では、一般廃棄物収集運搬業の許可、11ページの第42条では一般廃棄物処分業の許可に関することを定めており、13ページの第48条ではそれぞれの許可申請手数料の金額を定めております。  続きまして、14ページの第7章浄化槽清掃業の第49条から第52条にかけては、浄化槽清掃業の許可に関することと、許可申請手数料の金額を定めております。  

奈良市議会 2012-05-08 平成24年  5月 環境消防委員会-05月08日−01号

今後とも各排出事業者へ3Rの推進等の啓発、指導許可業者の搬入するごみの展開検査の強化などによりまして、さらなるごみの減量化を図ってまいりたいと考えております。  次に、再生資源の搬入量につきましては5,721.43トンで、前年度の5,942.79トンと比較しますと3.7%減少しております。今後とも、市民の皆様の分別等の協力のもと、ごみの減量に取り組んでまいりたいと考えております。  

王寺町議会 2011-12-05 平成23年 12月 定例会-12月05日−01号

道路整備率、都道府県管理道路、全国59%、奈良県38%、道路統計年報2010年版でございますが、本町道路整備率はどのようになっておるのか。  2番目、歩道整備率。都道府県管理道路全国41%、奈良県25%、同じく道路統計年報2010年版でございますが、本町の歩道整備率は。  3番目、本方針に対する本町の今後の取り組みについてお考えをお聞きいたしたい。  以上でございます。

生駒市議会 2010-06-21 平成22年第3回定例会 環境文教委員会 本文 開催日:2010年06月21日

8条、9条、特に8条は「公共の場所及び他人の占有する場所にたばこの吸い殻及び空き缶等のポイ捨てをしてはならない」、禁止されています。11条の喫煙制限のとこでは、「市民等は、公共の場所において、吸い殻入れが設置されていない場合又は吸い殻入れを携帯していない場合は、喫煙してはならない」。1つ、公共施設というのはみんな生駒市禁煙になっています。

奈良市議会 2007-11-14 平成19年 11月 建設委員会-11月14日−01号

なおかつ、循環型社会を想定して、生ごみの堆肥化事業もかみ合わせながら、土づくりを含めて緑化事業を行われておりました。  そういう意味では、この保健所等複合施設単体として、生ごみ処理からそうした草花、屋上緑化という環境面から循環型を考えていくことも大切ではないかなと思います。

  • 1
  • 2