15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

天理市議会 2020-06-01 06月17日-03号

予防接種の中でも麻疹、風疹につきましては感染力も高く、胎児に影響もあることから、期間内に接種できなかった対象者の方には個別で通知を行い、無料接種できるような救済措置実施しているところでございます。 ○議長大橋基之議長) 寺井議員。 ◆五番(寺井正則議員) 予防接種の対応についてもしっかりとお願いしたいと思います。 それでは次の質問教育委員会にお尋ねしたいと思います。 

広陵町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3号12月11日)

30代から50代の男性で風疹にかかったことがなく、ワクチンを受けていない、あるいは不明であれば、早目麻疹風疹混合ワクチンを受けていただきたい。風疹ワクチンで予防可能な感染症です。今すぐ妊婦さんの御家族、そして妊娠を希望するとか、希望しないにかかわらず、女性は妊娠前に2回のワクチンを受けていただきたいと考えております。

橿原市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第3号) 本文

平成18年度より、麻疹(はしか)と風疹混合ワクチンMRワクチンと申しますが、定期予防接種となりまして、既に風疹にかかっていたといたしましても、麻疹風疹混合ワクチン接種しても問題ないということが示されてからは、風疹単独ワクチン定期予防接種からはほとんどなくなってきております。

橿原市議会 2018-06-01 平成30年6月定例会(第2号) 本文

また、移植前に罹患した成人患者における移植後のウイルス抗体価消失率は、麻疹(はしか)で2%、風疹で15%、流行性耳下腺炎おたふくかぜ)で10%であるのに対しまして、罹患歴がなく予防接種を施行した小児(子ども)での抗体価消失率は、麻疹(はしか)で67%、風疹で0%、流行性耳下腺炎おたふくかぜ)で40%であったとされております。

王寺町議会 2013-06-28 06月28日-02号

その他所管事項の主なものとして、風疹ワクチン接種について、従来から風疹単独ワクチンの製造が少ないため、ほぼ麻疹風疹混合ワクチン接種していただくことになるとのことです。 家族ワクチン接種に係る同居の家族の範囲については、王寺町に住所を有する方が基本になりますが、状況を確認し、相談しながら柔軟に対応したいとのことでした。 

生駒市議会 2012-09-25 平成24年第5回定例会 市民福祉委員会 本文 開催日:2012年09月25日

127 ◯尾山隆啓健康課長 内容につきましては、以前、私、入ったことがあるんですけども、かなり専門的で、専門用語を使って説明はできないんですけども、以前の場合、麻疹風疹接種されて眼瞼下垂という形になられた方がおられまして、途中から本当に専門的過ぎて、私、理解がちょっとできなかったんですけども、具体的には(発言する者あり)すみません。

橿原市議会 2009-03-01 平成21年3月定例会(第2号) 本文

麻疹(はしか)、風疹を予防するMRなどです。一方接種が自由で、国民が自分で費用を負担しなければならないのが任意接種です。インフルエンザ、水ぼうそう、おたふく風邪肺炎球菌などのワクチンです。高齢者インフルエンザは以前から、そして肺炎球菌ワクチン平成20年度から費用の一部を、これも高齢者に対して橿原市が補助しております。

大和郡山市議会 2008-03-04 03月04日-01号

また、麻疹風疹予防接種事業では、昨年麻疹、風疹が蔓延し社会問題となりましたが、新年度は中学1年生及び高校3年生を対象予防接種実施し、子供たち健康維持に努めます。 生きがいづくりの面においては、本年4月から図書館長として知識、経験、実績豊富な人材を招聘することによりまして、多様化する利用者ニーズを的確に把握し、読書や生涯学習にさらに親しめる拠点としての機能を高めてまいります。 

橿原市議会 2007-06-01 平成19年6月定例会(第3号) 本文

麻疹は1度かかれば2度とかかることはありませんが、今回の発症は幼児期ワクチン接種していないか、していても10年以上経つと免疫力が低下する場合があり、このようなことが原因と言われております。我が国では2006年から麻疹ワクチン接種幼児期小学校入学前の2回実施することに改められました。麻疹にかからないためには、何よりもワクチン接種することが大事なことでございます。  

橿原市議会 2006-03-14 平成18年予算特別委員会(平成18年度当初予算) 本文 開催日: 2006-03-14

185 ● 健康増進課長 ただいま本年4月から改正になる麻疹、風疹予防接種についてのご質問でございます。今年予防接種法改正があり、本年4月から今まではそれぞれ麻疹、風疹、個別の接種でございましたが、今度混合ワクチンという形になっていくところでございます。

奈良市議会 2003-06-17 06月17日-04号

そのうち予防接種法に基づくものでは、定期接種臨時接種とに種類分けをされ、定期接種一類疾病に指定されているのは、ジフテリア、百日ぜき、破傷風、ポリオ、風疹麻疹、日本脳炎となっています。この予防接種実施は各市町村が行うこととされており、奈良市においても実施されているところです。しかし、奈良市では、日本脳炎以外はすべて無料で受けられるのに、日本脳炎だけは一回五百円の一部負担金が徴収されます。

橿原市議会 1995-09-01 平成7年9月定例会(第2号) 本文

医療機関には個別指導として、既に平成6年度から三種混合麻疹実施をしているわけでございます。それにつきまして法の改正状況からいきますと、平成6年度では医師1人当たりで約100人程度がされておったんですけども、改正そのものによりまして、医師2人で約40人というのが集団で行う予防接種医師の人数ということで指導を受けているわけでございます。

  • 1