10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

奈良市議会 2012-03-21 平成24年  3月 予算特別委員会-03月21日−04号

水道施設においての危機管理対策をどのように行っているかの御質問でありますが、本市の水源である河川が汚染した場合は、白砂沈砂池に設置している原水水質連続監視装置と須川ダム、緑ヶ丘浄水場、木津浄水場に設置している魚類を用いて水質を確認するバイオアッセイにより監視することで、これら施設への汚染水の流入防止を図っております。  

桜井市議会 2012-03-08 平成24年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2012年03月08日

水が濁り、景観的にも悪く、また、魚類、鳥類にも悪影響を及ぼすことは間違いないのであります。  三輪地区でいさむ会という女性のボランティアの会があり、数人で月1回、大和川、初瀬川でございますけれども、ごみ拾いをしていただいておりますが、ごみの量が多く、追いつかない状態なので、公的機関でどうにかできないかと連絡が入っているのが現状です。このいさむ会は、河川掃除のための保険に加入されているそうです。  

生駒市議会 2009-12-08 平成21年第8回定例会(第1号) 本文 開催日:2009年12月08日

と申しますのは、生駒の自然を愛する会という市民団体が、既に、2000年から、第2工区及びその周辺において、魚類、水生動物、両生類、爬虫類、鳥類、植物等の生物調査を行っておられます。その結果、里山を生活の場とする多種多様な生き物が生息していることが明らかになりました。開発予定地内には、119種の貴重種が生息していることが明らかになっています。

生駒市議会 2006-11-06 平成18年度決算審査特別委員会(第2日目) 本文 開催日:2007年11月06日

そしたら、実は資料として以前いただいた資料があるんですけども、その中で、郡山土木が平成8年につくった、多自然型川づくり構想ということでやっておられる中身なんですけども、環境の問題という形でやった場合、(発言する者あり)竜田川の対象区域での魚類生息環境ですね、そこらの調査、私は必要性があるんじゃないかということで実は提案もさせていただいたんですが、これ実は今言ったような年度に一定やられておるんですね。

奈良市議会 2001-03-16 平成13年  3月 予算特別委員会(3月16日)-03月16日−04号

まず、水質監視につきましては、布目川、白砂川には魚類並びに、先ほど委員さんがおっしゃられました、平成十年度で設置いたしました水質自動監視装置によって、常時監視を行ってるところでございます。木津川におきましても魚類による監視、またアンモニア自動監視装置を設置しております。最近の油事故につきましても、自動監視装置によりまして、影響を受けることなく対応できたところでございます。

奈良市議会 1998-03-17 平成10年  3月 定例会-03月17日−04号

次に、配水を継続した判断基準でございますが、今回の原因物質はA重油であること、魚類による連続監視の結果、急性毒性がないこと、さらに油類に関する揮発性有機物質を中心といたします水質基準項目や監視項目の水質試験の結果、若干の臭気が感じられるものの、水質的には問題がないことから、水道法第二十三条第一稿に規定されている緊急停止の必要性がないと判断いたしました。  

  • 1