運営者 Bitlet 姉妹サービス
620件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 大和郡山市議会 平成31年  2月 定例会(第1回)-03月14日−03号 一家に1台の車社会から、1人1台の車社会に変化してきた中で、駐車場完備の大型商店も郊外に建設され、車での買い物が当たり前となっている現代社会において、高齢社会に対応するため、大型商店も宅配をするなどの工夫をする中、市行政としても対応策を進めていかなければならない時期に来ていると強く感じています。構築された車社会に対応するためには、車を移動の手段にすることが非常に効率的と考えます。 もっと読む
2019-03-01 大和高田市議会 平成31年3月定例会(第4号) 本文 現在、県におきまして進められております地域医療構想は、急速な高齢社会へ対応するため、地域に必要な医療機能を見直し、団塊の世代が75歳を超える2025年に必要な地域の医療提供体制を高度急性期、急性期、回復期、慢性期の4区分ごとに定めるものでございます。 もっと読む
2018-12-19 大和郡山市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−04号 それは言うまでもなく、少子高齢社会のもとで郡山市が全国平均と比べて約3%ぐらい高齢化が進んでおります。人口減がどんどん進んでまいりました。そうした状況の中で、本当に生活が困難なお年寄りがあちこちにいらっしゃいます。そして孤独死も急増しておる。そして、高齢世帯の中で今まで家事とか外出に何も困難を感じないような人たちであった人でも、80を過ぎ、そして90を過ぎると大変な困難な状況になってきている。 もっと読む
2018-12-18 大和郡山市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−03号 現在、奈良県では、人口減少・少子高齢社会に立ち向かう、奈良らしい知恵を生かした県と市町村との連携・協働の形としての取り組みである「奈良モデル」を推し進めているところであります。 もっと読む
2018-12-10 王寺町議会 平成30年 12月 総務文教常任委員会-12月10日−01号 我が国は、今まで世界のどの国も経験したことのない少子高齢社会に直面しています。そして、このことは、今後ますます深刻化します。国の財源に占める社会保障費は増大の一途であり、平成30年、2018年度においては、医療、年金、介護の社会保障費予算は30兆7,073億円で、国の一般会計予算の約3分の1を占めています。 もっと読む
2018-09-20 大和郡山市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月20日−04号 私は、そういう非正規職員の待遇改善をきっちりやっていく、そのことがこれからの働き方改革も含めて、少子高齢社会の中で高齢者の労働力を確保するという点からも退職年齢の引き上げ、こういうことを主張したわけでございますが、これについてもほとんど意欲がないというようなことが決算特別委員会の議論の中でも明らかになりました。これが2つ目の反対の理由でございます。   もっと読む
2018-09-13 大和郡山市議会 平成30年  決算特別委員会-09月13日−02号 ◆丸谷委員 国もこれからの少子高齢社会に向けた働き方改革、こういうことをいろいろ方針として出されているが、高齢者、障害者も含めてだが、そういう人たちの雇用をどう確保するか、働く場、その機会をつくっていくことがこれからの行政にとっても非常に大事なことだと思う。今後の社会動向も含めて、これから雇用の拡大という視点でシルバー人材センターの事業を発展させていただきたい。これは要望にとめておく。 もっと読む
2018-09-12 天理市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月12日−01号 いま、特に高齢社会で、要するに介護予防、健康寿命増進というのが大変重要な行政の施策になってきます。そこで、主要な施策の成果の資料をいただいておりますが、この中で80ページ、81ページにいろんな事業の紹介が出ております。そんな中で(5)の地域支援事業の実施という欄で、一般介護予防事業の執行率については68.2%ということでございました。 もっと読む
2018-09-12 大和郡山市議会 平成30年  決算特別委員会-09月12日−01号 ◆丸谷委員 これからの超高齢社会の中で行政だけがサービスを提供して、住民がそれを受けるというような時代ではなくなってきている。地域の福祉力をいかに高めていくか、こういうことを抜きにしてこれから継続した社会というのはなかなか構築できないと思う。ぜひとも今後そういったサービスの担い手を確保するために地域に入って、地区社協とかいろんなところに入って、努力をしていただきたい。 もっと読む
2018-09-03 香芝市議会 平成30年第4回 9月定例会-09月03日−01号 以上の保険及び医療の3会計については、高齢社会の進行により国の施策で制度が大きく変化し、その対応に苦慮されてることと思われますが、給付費の適正化を図ることはもちろん、より多くの市民にさまざまな機会を通じて社会保険制度の意義についての認識が共有されるよう努められ、安定した各事業の運営を図られることを期待します。 もっと読む
2018-06-25 大和郡山市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月25日−03号 少子高齢社会において人口流出を防ぐためには、取り組んでいかなければならない重要な施策の一つであると考えております。しかしながら、市内ではここ数年で小児科医院の看板を掲げておられた医院の閉院が相次いでおり、地域の方も子供のかかりつけの病院が減少している現状に関して大変不安に感じておられます。このような小児医療の現状について行政としてどのように把握しておられるのか、見解をお伺いいたします。   もっと読む
2018-06-21 桜井市議会 平成30年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年06月21日 今、高齢社会が急速に進んでいるわけなんですけども、国の政策では病院から施設に、そして施設から地域にと、こういう政策を進めているわけなんですけども、しかしながら、現状は病院を退院したかて、医療や介護を必要とする状態で在宅生活を続けていくというのは、これは本当に大変なことやと思うんですけども。   もっと読む
2018-06-19 香芝市議会 平成30年第3回 6月定例会-06月19日−02号 今後、超高齢社会、人口減少とともに人材不足の問題は加速していくと予測されます。特に専門職の人材確保は非常に難しくなっていくと予測されます。そこで、今回の一般質問では保育士に注目し質問していきたいと思います。   もっと読む
2018-06-19 桜井市議会 平成30年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年06月19日 議員ご紹介の、大分県別府市や三重県松阪市のような先進自治体において行われておりますお悔やみコーナーの設置につきましては、特に高齢社会に対する対策の一環として行われているものと思います。  本市においても、高齢化の進展に伴い、死亡者数は平成29年度実績で671件でございました。 もっと読む
2018-06-05 広陵町議会 平成30年第2回定例会(第1号 6月 5日) スタートをした時期には、100分の16であった被保険者比率を、負担の比率を今回100分の23にまで引き上げようと、あるいは高齢社会が来るからということで導入をした消費税を一体幾ら入れているのかというふうに質問をしましたら、1円も入れていないと、こういう公約違反の中で、今回のことが行われているわけであります。 もっと読む
2018-03-19 香芝市議会 平成30年第1回 3月定例会-03月19日−02号 今回は大項目1、市民の早期全面開通の期待の大きい国道165、168号線の拡幅工事の進捗状況と大項目2、日本が直面する超高齢社会について、香芝の取り組みについてお伺いし、さまざまな問題点や将来に高齢者に不安を抱かさせないためにもどうしたら解消できるのか聞いてまいりたいと思います。   もっと読む
2018-03-12 天理市議会 平成30年  3月 予算審査特別委員会-03月12日−01号 本市でも、この基本計画を十分踏まえさせていただいた上で、地元自治会の電気代が大幅に削減もできますし、来るべき超高齢社会に向かいまして、区長等の高齢化による防犯灯の交換による転落事故防止というメリットがありますし、また、夜間における町を明るくすることによって犯罪を起こしにくい社会環境づくりを推進することによって、安全で安心で住みやすい天理市を構築していこうということで、来年度から10年間のリース方式 もっと読む
2018-03-12 桜井市議会 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年03月12日 国においては、高齢者の捉え方について、人生65年時代から人生90年時代へと意識改革を初め、働き方や社会参加、地域におけるコミュニティーや生活環境のあり方、高齢期に向けた備え、そして意欲と能力のある高齢者には社会の担い手となってもらうと同時に、支えが必要となったときには周囲の支えにより自立し、人間らしく生活できる尊厳のある超高齢社会を実現させていくこと、さらには、国民一人一人の意欲と能力が最大限に発揮 もっと読む
2018-03-12 大和郡山市議会 平成30年  予算特別委員会-03月12日−01号 まして、高齢社会のもとで高齢者の労働力を積極的に生かしていくということは、今社会的な要請になっている。それがどうして臨時嘱託職員の場合にはそうならないのか、法的にいろいろ問題があるのかを問う。 ◎奥村秘書人事課長 法的ということではなく、あくまでも任用という形になる。 もっと読む
2018-03-07 王寺町議会 平成30年  3月 定例会-03月07日−02号 そういったことから、ぜひこれからいろんなヒントで、町長が来年度もやっていただける人間ドックもそうですけれども、例えば結婚記念日に必ず受診をするとか、そういったことが私はこれからますます高齢社会の中で必要になってくると思いますので、町のさらなる努力をお願いいたしまして、私の一般質問を終わらせていただきます。ありがとうございます。 もっと読む