98件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桜井市議会 2019-03-18 平成31年予算特別委員会 本文 開催日:2019年03月18日

それと、災害復旧費ですねんけども、毎年通常100万円、一応、予算づけとして、項目として100万という形になっていますねんけども、例年やはり台風等々、集中豪雨等、毎年起こってまいります。そのことから、すぐに対応できるようにということで、今年度については500ほどつけたということになっております。

広陵町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第3号 3月 8日)

まず、「地域防災力を向上させるために」との御質問で、近年の荒れる自然と脆弱化する高齢化社会において、高齢者外国人が増加することへの備えと、地域とどう話し合い、協力を得ていくのかの御質問でありますが、地球温暖化の影響もあって近年、強い勢力を保ったまま上陸する台風による暴風雨、台風接近時に起こりやすい積乱雲の連続発生が原因で起こる停滞性の線状降水帯での集中豪雨、加えて全国どこで起こってもおかしくないと

広陵町議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第4号12月12日)

昨今の集中豪雨に対応するため、町内の各所に遊水地を設置すると聞いております。設置箇所、施工年度を教えていただきたい。  以上です。 ○議長(堀川季延君) ただいまの質問に対し、答弁をお願いします。  山村町長! ○町長(山村吉由君) 坂野議員さんの2点の御質問についてお答えを申し上げます。  まず1点目のカインズ出店の今後のスケジュールについてのお尋ねでございます。  

桜井市議会 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年03月12日

近年、我が国においては、想定をはるかに超えるような集中豪雨により、大きな人的、物的被害が発生するなど、自然災害の激甚化が進んでいます。特に、平成28年の台風10号による水害では、岩手県泉町グループホームが被災し、入所者9名全員が亡くなるなど、高齢者・障がい者を中心とした避難行動要支援者に対する情報伝達及び支援の必要性が改めて認識されたところであります。  

天理市議会 2018-03-08 平成30年  3月 経済産業委員会-03月08日−01号

地震集中豪雨による決壊のリスクが増大しているため池については、周辺住民等の安全確保に向けた取り組みを推進するという観点から、防災、あるいは減災対策の実施状況。それから、保全管理体制の整備状況なども、市のほうでもいろいろとしていただいているということは聞いているんですが。  実は、天理市遠田町に遠田池があるんですけれども。

桜井市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年03月05日

また、昨年10月に大きな被害をもたらした台風21号に見られる近年の異常気象による集中豪雨台風、近い将来発生が予測される東南海・南海地震などに対する防災の取り組み、また、ごみ収集業務の一部民間委託、桜井・宇陀地域でのごみ処理の広域化にも取り組んでまいります。  そして、平成29年度より新庁舎の建設に着手しました。

王寺町議会 2018-02-21 平成30年  2月 義務教育学校の設置検討調査研究特別委員会-02月21日−01号

◆(幡野委員) いろいろ調査なさって、それは安全面を十分考えられて開発されることだと思うんですけれども、のり面整備でありますとか、やはり山を削るわけですから、そのあたりの雨水の処理でありますとか、今、集中豪雨が大変特徴的な気象状況になっておりますが、そういうことにしっかりと対応できるのか、その辺の不安はないのか、そのあたりはどうなんでしょうか。 ◎(吉井技術員) 学校教育、吉井でございます。  

広陵町議会 2017-09-22 平成29年第3回定例会(第4号 9月22日)

次に、土木費では、集中豪雨被害軽減対策について質疑があり、平成28年度に実施した安部地区での状況が確認できるデータをもとに、来年度以降、被害軽減対策の方針を定めていきたいとの答弁がありました。  耐震診断についての質疑には、住宅耐震診断として1件当たり5万円を8名に対し補助したものであるとの答弁がありました。  

桜井市議会 2017-09-15 平成29年決算特別委員会 本文 開催日:2017年09月15日

今回、集中豪雨による浸水、分散してですが、ありました。それにつきましては、現在、各現場については現在まだ精査中ということで、簡易的にできるものと、やはり今回の原因で大きかったのは、日ごろ雨が降ってないところに急な大雨が降って、そこへ土木がひっかかってという状況での浸水もかなりあったと思います。

桜井市議会 2017-09-11 平成29年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年09月11日

桜井市ではBCP(業務継続計画)が策定されたものの、今後、地震集中豪雨などの大規模災害の発生に備え、市民の安心安全のためにどのような備えをお考えか、その具体的な取り組みについて、まずはお尋ねします。  次に2点目として、児童福祉対策についてお尋ねします。  桜井市の将来を担う地域の子どもたちに対する施策は、非常に重要であります。

天理市議会 2017-09-11 平成29年  9月 総務財政委員会-09月11日−01号

また、東部山間部の1自治会様では昨今の集中豪雨被害の対策といたしまして、今月に町全体で避難訓練を行う予定をされておられるところでございます。  本市におきましても、地域の特性に応じた事前防災について、行政市民との連携を図りながら、対策を講じてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ◆寺井正則委員 丁寧な説明、ありがとうございます。

広陵町議会 2017-09-08 平成29年第3回定例会(第1号 9月 8日)

集中豪雨被害軽減対策事業としまして、開発行為等による土地利用の変化、局地的豪雨の発生、河川と下水管、下水路能力の不整合などが原因で、内水氾濫の被害リスクが増大しているため、基礎調査を行いました。場所は、安部地区で313万2,000円を支出しております。  次に、同じく106ページの下ですけれども、次から社会資本整備総合交付金事業が続きます。  

大和郡山市議会 2017-07-10 平成29年  6月 定例会(第2回)-07月10日−03号

また、側溝や水路における雑草や道路の浚渫についても、これからの梅雨末期に多い集中豪雨台風による被害が心配されますので、あわせてお答えください。  2点目として、道路や歩道上のグレーチングや側溝のふた、道路道路の境界に設置してある鉄板などの、特に雨の日の滑りどめ対策について、どのような対策をされているのかお聞かせください。また、車道上のマンホールの滑りどめ対策についてもお聞かせください。