運営者 Bitlet 姉妹サービス
166件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 桜井市議会 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年09月27日 質疑の後、採決するに当たり、附帯決議として、本会の条例執行に関しては、毎年、事業の進捗状況、前年度に実施した事業内容及び財政運営に与える影響額を検証、報告するとともに、市民負託に応えられるよう強く求めるとし、全員異議なく、原案どおり可決すべきものと決定をいたしました。   もっと読む
2018-09-20 桜井市議会 平成30年文教厚生委員会 本文 開催日:2018年09月20日 ◯工藤将之委員 今回のですね、今日、本日審議させていただいております議案第52号桜井市まほろばセンター条例の一部改正につきまして、附帯決議をお願いしたいと考えております。 もっと読む
2018-03-13 生駒市議会 平成30年第1回定例会 予算委員会(都市建設分科会) 本文 開催日:2018年03月13日 あと基数も減ってるんですが、決算審査の附帯決議で今後推進していくことは重要だというふうには指摘しておりますが、これについて何か検討ということはされましたでしょうか。 もっと読む
2018-03-09 大和郡山市議会 平成30年  総務常任委員会-03月09日−01号 これもいろいろ問題がある法律であることは承知をしているが、平成29年4月13日の参議院総務委員会で、地方公務員法及び地方自治法の一部改正する法律案に対する附帯決議というのがされていて、幾つか書かれているが、この条文の中に「人材確保及び雇用の安定を図る観点から、公務員の運営は任期の定めのない常勤職員を中心としていることに鑑み、会計年度任用職員についてもこの考え方に沿うよう、引き続き任用の在り方の検討を もっと読む
2018-03-09 広陵町議会 平成30年第1回定例会(第2号 3月 9日) そして平成26年6月に、改正国民投票法で憲法改正の国民投票年齢を18歳以上とし、同法は附帯決議で2年以内に選挙権年齢も引き下げるよう求めていたため、平成28年6月19日に改正公職選挙法が施行され、選挙権年齢が満18歳となりました。もちろんそれまでにも検討されていた民法、その他の法体系との関係、世界の傾向、教育水準、そして何よりも少子高齢化が選挙権年齢の引き下げを後押ししました。 もっと読む
2018-03-03 橿原市議会 2018.03.16 平成30年予算特別委員会(平成30年度当初予算) 本文 ● 成谷文彦委員 先ほど平成30年度橿原市一般会計予算について議決されましたけども、これについて附帯決議案を提出したいと思いますので、よろしくお願いします。 ● 大北かずすけ委員長 ただいま、議第31号に対し、成谷委員と松木委員から附帯決議案が提出されました。  決議案を事務局より配付させます。                     もっと読む
2017-12-21 橿原市議会 2017.12.21 平成29年総務常任委員会 本文 市長さんのほうから大体何月ぐらいのタイミングでシティフォーラムをやって、分庁舎なり本庁舎なり、あるいは駅の再配置、あるいは議会が附帯決議を付けたところの八木駅周辺の渋滞解消っていうようなことは、大体こういうふうにしていくイメージなんですというのをちゃんとご自分の考えはこうなんですと発表していただく場というのは、どうしてもいると思いますんでね。 もっと読む
2017-12-12 橿原市議会 2017.12.21 平成29年総務常任委員会 本文 市長さんのほうから大体何月ぐらいのタイミングでシティフォーラムをやって、分庁舎なり本庁舎なり、あるいは駅の再配置、あるいは議会が附帯決議を付けたところの八木駅周辺の渋滞解消っていうようなことは、大体こういうふうにしていくイメージなんですというのをちゃんとご自分の考えはこうなんですと発表していただく場というのは、どうしてもいると思いますんでね。 もっと読む
2017-07-27 広陵町議会 平成29年第2回定例会(第4号 7月27日) 昨年末に成立いたしました「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」の衆参内閣委員会における附帯決議では、ギャンブル等依存症の実態把握のための体制整備やギャンブル等依存症患者の相談体制と臨床医療体制の強化などを政府に求めている。政府はこれを受け、ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議において検討を進め、本年3月には論点整理を発表したところである。   もっと読む
2017-07-27 広陵町議会 平成29年第2回定例会(第4号 7月27日) 昨年末に成立いたしました「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」の衆参内閣委員会における附帯決議では、ギャンブル等依存症の実態把握のための体制整備やギャンブル等依存症患者の相談体制と臨床医療体制の強化などを政府に求めている。政府はこれを受け、ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議において検討を進め、本年3月には論点整理を発表したところである。   もっと読む
2017-07-12 大和郡山市議会 平成29年  6月 定例会(第2回)-07月12日−04号 ギャンブル等依存症対策の抜本的強化を求める意見書(案)  昨年末に成立した「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」の衆参内閣委員会における附帯決議では、ギャンブル等依存症の実態把握のための体制整備やギャンブル等依存症患者の相談体制と臨床医療体制の強化などを政府に求めている。 もっと読む
2017-07-10 大和郡山市議会 平成29年  6月 定例会(第2回)-07月10日−03号 部落差別の解消の推進に関する法律に対する附帯決議では、こう記されております。部落差別のない社会の実現に向けては、過去の民間運動団体の行き過ぎた言動等、部落差別の解消を阻害していた要因を踏まえることと、教育及び啓発を実施するに当たっては、新たな差別を生むことがないように留意しつつ、それが真に部落差別の解消に資するものとなるよう、その内容、手法等に配慮することとしております。 もっと読む
2017-06-27 橿原市議会 2017.06.27 平成29年6月定例会(第4号) 本文 昨年末に成立した「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」の衆参内閣委員会における附帯決議では、ギャンブル等依存症の実態把握のための体制整備やギャンブル等依存症患者の相談体制と臨床医療体制の強化などを政府に求めている。政府はこれを受け、ギャンブル等依存症対策推進関係閣僚会議において検討を進め、本年3月には論点整理を発表した。   もっと読む
2017-06-27 生駒市議会 平成29年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2017年06月27日 カジノ推進法の附帯決議では、懸念される新たなギャンブル等依存症の増大に対して、依存症対策の抜本的強化がうたわれています  2014年の厚生労働省の調査によれば、全国で536万人、国民の4.8%にギャンブル依存症が疑われると公表していました。ところが、今年3月の予備調査では280万人、2.7%という調査結果が出されています。 もっと読む
2017-06-26 橿原市議会 2017.06.26 平成29年市庁舎建設及び八木駅周辺整備事業等に関する特別委員会 本文 ただ、唯一ね、あり得るとしたら、私は債務負担行為のタイミングでね、議会が附帯決議をつけましたよね。その附帯決議には、1,100坪を持っていったところの分庁舎の周りの渋滞解消だとか、駐車場整理だとかそういうのをがんばってやってもらわないと困るということと同時に、ここに本庁舎があるからその間の繋ぎもうまくやってほしいというような表現があったわけですよ。 もっと読む
2017-06-23 大和高田市議会 2017.06.23 平成29年6月定例会(第3号) 本文 そして、もう1つですけども、この住宅セーフティネット法改正に当たっては、附帯決議として公営住宅施策についても引き続き取り組むということが言われています。本市の市営住宅は耐用年数を過ぎているのが過半という状態になっています。ですが、財政的な制約から、これを一気に建てかえたり整備するということは難しいのが実際のところと思います。 もっと読む
2017-06-22 香芝市議会 平成29年第4回 6月定例会-06月22日−03号 まずは、平成26年12月18日に提出された決議第6号平成25年度香芝市一般会計歳入歳出決算に関する附帯決議について。これは私を含む7人が提出、賛成議員として名前を連ねております。平成26年9月の議会においても25年度決算に法令違反の疑いがあり、監査の決議においても私は署名しました。 もっと読む
2017-06-20 橿原市議会 2017.06.20 平成29年6月定例会(第2号) 本文 議員お述べのとおり、附帯決議がついております八木駅周辺の道路渋滞の解消についてのお話でございます。  交通渋滞対策の一環といたしまして、昨年度、交通量調査を実施させていただいております。 もっと読む
2017-06-19 生駒市議会 平成29年第3回定例会 厚生消防委員会 本文 開催日:2017年06月19日 71 ◯久保秀徳委員 この意見書は、昨年末に成立したIR型のカジノ推進法、その附帯決議を受けて出されたものですが、今、推進法で言われているのは民間カジノを推進する法律なんですが、そもそもこの法律には賛成なんでしょうか。 もっと読む
2017-06-19 桜井市議会 平成29年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年06月19日 ギャンブル等依存症対策の抜本的強化を求める意見書(案)  昨年末に成立した「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」の衆参内閣委員会における附帯決議では、ギャンブル等依存症の実態把握のための体制整備やギャンブル等依存症患者の相談体制と臨床医療制度の強化などを政府に求めている。 もっと読む