2511件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桜井市議会 2021-03-24 令和3年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2021年03月24日

防災訓練の経費が計上されていないが、令和3年度の防災訓練について、どのように考えているのかといった質疑がございました。  これに対しまして、テレワークスペースに関する費用は、新庁舎において短時間利用できるテレワークスペースを3ブース設置するもので、インターネット接続費用等を計上している。  

大和郡山市議会 2021-03-22 03月22日-05号

新たに新設される住宅新築資金等返還事務審査会高齢者外出支援事業矢田地域への地域包括支援センター窓口設置、小・中学校の防災用品購入未来行チケット2回目の生活支援郡山南学童の拡張、学校事務職員加配の継続、各種の予防接種や健診など多くの事業は評価し、賛成できますが、一部賛成できないものがあります。 1つ目は、城内学舎跡地購入です。本当に今買わなければならないのですか。

桜井市議会 2021-03-18 令和3年総務委員会 本文 開催日:2021年03月18日

◯吉田忠雄委員 農地費のところでお尋ねしたいんですけども、一般会計補正予算の19ページから20ページのとこなんですけども、お尋ねしたいのは、重点ため池耐震診断に係るため池防災対策事業委託料、これに6,000万円計上されてるわけですけども、これは全額国補助金ということでありますが、桜井市には21か所の農業ため池防災重点ため池ということで指定しております。

桜井市議会 2021-03-16 令和3年予算特別委員会 本文 開催日:2021年03月16日

そういうことで、手を挙げてくださった商店や事業者、そうした方々と手を携えて市を変えていくというのも、またまちづくりだと思いますので、またその辺りもぜひご検討いただけたらありがたいなと思いますし、また、予算をかけなくても、やはり包括ケアシステムであったりとか自主防災とか、いろんな取組みがございます。

桜井市議会 2021-03-10 令和3年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2021年03月10日

そのため、国では新たに市町村役場緊急保全事業を創設して、庁舎の建て替え・耐震化を促し、そのことから、本市では、市民の安心安全のため、防災拠点としての新庁舎建設に至りました。  これらの結果、耐震補強が済んでおります旧耐震基準施設及び新耐震基準施設は、全施設の約67%になります。  

桜井市議会 2021-03-09 令和3年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2021年03月09日

議員お尋ね桜井市の防災対策に関する計画に関しましては、こうした課題への対策をはじめ、総合的な本市防災対策桜井地域防災計画として策定しているところであります。そして、地域防災計画の中で、地域コミュニティ防災活動重要性に鑑み、その促進に向け、自主防災組織育成等に関し計画を定め、取組みを進めているところであります。  

王寺町議会 2021-03-08 03月08日-01号

まず、安全・安心のまちづくりにおきましては、新たな防災拠点施設いずみスクエア建設をはじめ、自主防災組織防災士ネットワークなど、地域自主的な防災活動への支援に取り組み、また、住み続けたいまちづくりでは、高齢化に対応できる取組として、特別養護老人ホーム介護付有料老人ホームを誘致したほか、健康寿命延伸のための歩く健康づくりを推進してきました。

大和高田市議会 2021-03-01 令和3年3月定例会(第2号) 本文

しかしながら、国の地方財政対策において、デジタル化の推進、防災減災対策等に係る歳出の増加を踏まえ、地方一般財源総額について前年度を上回る額が確保され、また地方交付税総額についても前年度を上回り、近年最高額である平成24年度と同水準を確保されたことにより、本市においても市税減収分を上回る一般財源総額確保を図ることができました。  

大和高田市議会 2021-03-01 令和3年3月定例会(第1号) 本文

近い将来発生する可能性が高いと言われている南海トラフ巨大地震など、大規模災害に対して新庁舎の機能を最大限生かせるよう、これまで以上に関係機関組織間の連携を強化しながら防災活動に努めてまいります。  また、大和高田市消防団災害対応力向上のため、装備の充実にも努めてまいります。  内水対策事業につきましては、奈良県との連携の下、高田土木事務所敷地内にて雨水貯留施設整備を進めてまいります。  

奈良市議会 2021-02-17 02月17日-01号

実施できた事業は、文化財施設への啓発として、教育委員会文化財課連携し、市内の140の対象の文化財施設に対し防火協力依頼文を送付し、自主防災体制の強化など、文化財防火のための啓発を行いました。また、文化財施設周辺に対する消防車両による防火広報市内5消防署の管内で合わせて51地区にて実施しました。その他、消防庁舎周囲防火のぼり旗や横断幕の掲出で防火を訴えました。 以上です。

広陵町議会 2020-12-22 令和 2年第4回定例会(第5号12月22日)

貯水池の調査についての質疑に対し、町内ため池の53池のうち、34池が氾濫可能性があると選定され、そのうち氾濫解析で出た18池を防災重点ため池とした。それに伴い、ハザードマップを作成する予定である。また、15池の耐震性調査について、令和3年度に国費100%で予算計上を予定しているとの答弁がありました。  

広陵町議会 2020-12-16 令和 2年第4回定例会(第4号12月16日)

大変すばらしいこども防災手帳であります。  そこで、親子で対話しながら防災意識を高めていく広陵町版のこども防災手帳の作成を提案します。御所見をお願いいたします。 ○議長坂野佳宏君) 吉田総務部長! ○総務部長吉田英史君) 先進地の例を調査いただきまして、資料も御提供いただきまして、どうもありがとうございます。