6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

広陵町議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3号12月12日)

当然、今の重力式か、その辺ちょっとわからないけれども、恐らく、くいは打っていると思うんですけれども、かなり高い擁壁があるわけですけれども、果たして、その擁壁が使えるかどうかも、かなりちょっと金額的に変わると思いますのでね。  

桜井市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年12月10日

このダムは、一級河川大和川水系のダムであり、重力コンクリートダム高さ55メートル、長さ212.5メートル、総貯水容量4,390万立方メートル有効貯水容量3,740万立方メートルであり、大和川洪水調整、河川維持用水の補給及び上水道用水の供給目的とした多目的ダムであります。現在、桜井市の治水洪水対策として、また上水道の用水供給として、なくてはならないダムとなっております。  

橿原市議会 2016-12-01 平成28年12月定例会(第1号)〔行政経過報告〕

           │橿原市   │U字溝(U-600)L=89.5m        │(株)ワキタ  │橿原市見瀬町68    │  4,966,488│平成29年2月28日 │ │                  │北越智町地内│L型側溝(800×600)L=9.8m      │       │            │      │        │ │                  │      │重力式擁壁

橿原市議会 2015-12-01 平成27年12月定例会(第1号)〔行政経過報告〕

─────────────────────────────┼────────────┼─────────────┼─────┼────────┤ │                │        │土工 一式                        │            │             │     │        │ │                │        │重力式擁壁工

桜井市議会 2011-09-08 平成23年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2011年09月08日

このダムに関しますと、大和川洪水調整、河川維持用水の補給及び上水道供給目的とした多目的ダムでありまして、堤高55メートル重力コンクリートダムで、奈良県下でも補助ダムとしては大きいものなのですけれども、地元の住民にとっては、地震などでもし崩壊するようなことがあればと心配の要因の一つであります。  

  • 1