18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

奈良市議会 2019-12-16 12月16日-05号

警察庁は、昨年末時点で約563万人いる75歳以上の運転免許保有が、2022年には100万人ふえて663万人に膨らむと推計しています。今や高齢運転者安全対策及び安全運転支援取り組みは待ったなしの課題であります。また、過疎地域を中心に、いまだ生活の足として車が欠かせない高齢者も多い中、自主的に免許を返納した場合などの地域における移動手段の確保も重要な取り組みであります。 

広陵町議会 2019-09-24 令和元年第3回定例会(第5号 9月24日)

警察庁は、2018年末時点で約563万人いる75歳以上の運転免許保有が、2022年には100万人ふえて663万人に膨らむと推計している。  こうした状況を踏まえ、国は2017年施行改正道路交通法で、75歳以上の免許保持者違反時や免許更新時に認知機能検査を受けることを義務づけたが、今や高齢運転者安全対策及び安全運転支援取り組みは待ったなしの課題である。  

大和郡山市議会 2019-09-17 09月17日-04号

警察庁は、昨年末時点で約 563万人いる75歳以上の運転免許保有が、2022年には 100万人増えて 663万人に膨らむと推計している。 こうした状況を踏まえ、国は2017年施行改正道路交通法で、75歳以上の運転免許保有違反時や免許更新時に認知機能検査を受けることを義務付けたが、いまや高齢運転者安全対策及び安全運転支援取り組みは待ったなしの課題である。 

桜井市議会 2019-09-13 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月13日

警察庁は、昨年末時点で約563万人いる75歳以上の運転免許保有が、2022年には100万人ふえて663万人に膨らむと推計している。  こうした状況を踏まえ、国は17年施行改正道路交通法で、75歳以上の免許保持者違反時や免許更新時に認知機能検査を受けることを義務づけたが、いまや高齢運転者安全対策及び安全運転支援取り組みは待ったなしの課題である。  

香芝市議会 2019-09-02 09月02日-01号

警察庁は、昨年末時点で約563万人いる75歳以上の運転免許保有が2022年には100万人増えて663万人に膨らむと推計している。 こうした状況を踏まえ、国は17年施行改正道路交通法で、75歳以上の免許保持者違反時や免許更新時に認知機能検査を受けることを義務づけたが、今や高齢運転者安全対策及び安全運転支援取り組みは待ったなしの課題である。

天理市議会 2019-09-01 09月20日-04号

警察庁は、昨年末時点で約五百六十三万人いる七十五歳以上の運転免許保有が、二〇二二年には百万人増えて六百六十三万人に膨らむと推計している。こうした状況を踏まえ、国は二〇一七年施行改正道路交通法で、七十五歳以上の免許保有者違反時や免許更新時に認知機能検査を受けることを義務付けたが、今や高齢運転者安全対策及び安全運転支援取り組みは待ったなしの課題である。 

桜井市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月26日

しかし、運転免許保有数がそれを上回るように増加しているため、結果的には75歳以上の運転免許保有数は年々増加している現状にあります。  そのため、国は、車に頼らなくても生活できる環境をつくる政策を検討するなど、自動車運転に不安を感じる高齢者がみずから運転免許証を返納しやすい対策を進めるとしております。  

御所市議会 2019-06-20 06月20日-08号

高齢化に伴い運転免許保有も75歳以上の人が3人に1人と、今後も増加をするとしています。高齢者は、加齢により動体視力低下や、複数の情報を同時に処理することが苦手となり、瞬時な判断をする力が低下したりするなどの身体機能の変化により、ハンドルやブレーキ操作におくれが出ることがあるなどの特性が見られます。また、加齢に伴う認知機能低下も懸念されます。

  • 1