37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

大和高田市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

農業を守るべき地域においても、農地住宅のすみ分けを図り、次世代担い手が引き受けやすいよう、地域ごとでの人・農地プラン作成を進め、遊休農地解消を図るとともに、農地集約化を行い、地域担い手への集積を進めてまいります。あわせて、地元農業法人育成に取り組み、担い手づくりを行い、今ある農地有効活用に努めてまいります。  次に、観光振興についてであります。  

大和高田市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第2号) 本文

現在、各地域集落ごとで、5年後、10年後の農業をどのようにして守っていくかという話し合いを進め、その計画書である人・農地プラン作成農業委員会とともに進めております。  地域農業現状を把握し、地域協力を求めながら、守るべき農地宅地化を進める地域とのすみ分けを考え、今後、担い手農業を継続していきやすいように進めてまいりたいと考えております。  次に、人事評価についてであります。  

大和高田市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

農業を守るべき地域においても、農地住宅のすみ分けを図り、次世代担い手が引き受けやすいよう、地域ごとでの人・農地プラン作成を進め、遊休農地解消を図るとともに、農地集約化を行い、地域担い手への集積を進めてまいります。あわせて、地元農業法人育成に取り組み、担い手づくりを行い、今ある農地有効活用に努めてまいります。  次に、観光振興についてであります。  

大和高田市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第2号) 本文

現在、各地域集落ごとで、5年後、10年後の農業をどのようにして守っていくかという話し合いを進め、その計画書である人・農地プラン作成農業委員会とともに進めております。  地域農業現状を把握し、地域協力を求めながら、守るべき農地宅地化を進める地域とのすみ分けを考え、今後、担い手農業を継続していきやすいように進めてまいりたいと考えております。  次に、人事評価についてであります。  

大和高田市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

農業を守るべき地域においても、農地住宅のすみ分けを図り、次世代担い手が引き受けやすいよう、地域ごとでの人・農地プラン作成を進め、遊休農地解消を図るとともに、農地集約化を行い、地域担い手への集積を進めてまいります。あわせて、地元農業法人育成に取り組み、担い手づくりを行い、今ある農地有効活用に努めてまいります。  次に、観光振興についてであります。  

大和高田市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第2号) 本文

現在、各地域集落ごとで、5年後、10年後の農業をどのようにして守っていくかという話し合いを進め、その計画書である人・農地プラン作成農業委員会とともに進めております。  地域農業現状を把握し、地域協力を求めながら、守るべき農地宅地化を進める地域とのすみ分けを考え、今後、担い手農業を継続していきやすいように進めてまいりたいと考えております。  次に、人事評価についてであります。  

大和高田市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第2号) 本文

現在、各地域集落ごとで、5年後、10年後の農業をどのようにして守っていくかという話し合いを進め、その計画書である人・農地プラン作成農業委員会とともに進めております。  地域農業現状を把握し、地域協力を求めながら、守るべき農地宅地化を進める地域とのすみ分けを考え、今後、担い手農業を継続していきやすいように進めてまいりたいと考えております。  次に、人事評価についてであります。  

大和高田市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第1号) 本文

農業を守るべき地域においても、農地住宅のすみ分けを図り、次世代担い手が引き受けやすいよう、地域ごとでの人・農地プラン作成を進め、遊休農地解消を図るとともに、農地集約化を行い、地域担い手への集積を進めてまいります。あわせて、地元農業法人育成に取り組み、担い手づくりを行い、今ある農地有効活用に努めてまいります。  次に、観光振興についてであります。  

広陵町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号 9月12日)

また、平成24年度から、地域中心となる経営体を定め、そこへの農地集積を進めるため、人・農地プラン作成する取り組みが始まり、平成29年度から、申請手続の手間の軽減や認定手続の見える化が進むように運用改善が行われました。広陵町でも、平成28年に認定農業者を募集されていました。3年がたち、現在、認定農業者として仕事をされている方は町内で何名ですか。また、目標達成状況はどうでしょうか。  

大和郡山市議会 2018-06-25 06月25日-03号

平成25年9月議会で人・農地プランと、それから青年就農について、その制度も含めて大和郡山市の今後の農業施策方向性農業従事者後継者育成農地有効利用について質問をさせていただきました。それ以後、奈良県において設置された農地中間管理機構農地集約化に向け動き出したり、また、平成28年4月からは農業委員会等の法律の改正農業委員会改正などが行われ、現在に至っているところでございます。 

大和郡山市議会 2017-07-10 07月10日-03号

さいことから、今後は個人耕作地集約化効率化を図り、専業農家におかれましては、農業経営効率化推進の積極的な支援を、また、兼業農家におかれましては、議員からも御指摘がありましたようなことも含めまして、農作業の負担が軽くなるような作業代行機器リース充実等も検討しつつ、国の施策である、地域における次世代農家担い手づくりのために集落地域が抱える人と農地の問題を解決するための未来の設計図となる「人・農地

桜井市議会 2016-03-01 平成28年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2016年03月01日

次に、農林業費については、農業振興費で、後継者不足等による耕作放棄地拡大が生じており、農業農村の有する多面的機能維持発揮を図るため、多面的機能支払交付金や中山間地域等直接支払制度所要額、また、新規就農者確保や将来の地域担い手確保のため『人・農地プランで位置づけられた経営体が行う育成事業への所要額、また、引き続き有害野生鳥獣対策にかかる所要額をそれぞれ計上しております。

大和郡山市議会 2015-09-15 09月15日-03号

この支援制度については男子2名、女子1名が、この制度就農意欲を持った若者が高いハードル、人・農地プラン作成等、高いハードルを超えた、そして支援を受け、地元農家の方々や農業関係者と連携のもと、大変高い意欲を持って農業に従事されています。しかし、この就農給付を受けられるのは就農開始から5年間、その間に自立のめどを立てなければなりません。

桜井市議会 2015-03-02 平成27年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2015年03月02日

次に、農林業費については、農業振興費で、農業者高齢化後継者不足により、耕作放棄地拡大などの課題が生じている中、農業農村の有する多面的機能維持発揮を図るため、多面的機能支払交付金事業や、中山間地域等直接支払事業をはじめ、将来の農業ビジョンともなる「人・農地プラン作成を行い、新規就農者地域中心となる経営体育成支援など、将来の担い手を確保するための事業にかかる所要額を計上しております

  • 1
  • 2