運営者 Bitlet 姉妹サービス
109件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-18 大和郡山市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月18日−03号 海外に向けた県内企業や物産の販路・輸出支援等のため、奈良県が誘致をされたものでございます。ジェトロの活用、奈良県との連携など、さまざまな機会を捉まえて情報を発信して、東京を初めとする首都圏や外国人観光客へのPRに努め、今後のブランド化と誘客につなげてまいりたいと、そのように考えております。  以上でございます。 ○議長(遊田直秋君) 上田市長。           もっと読む
2018-03-07 生駒市議会 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年03月07日 ところが、これが輸出超過ということになってまして、要は、これも外とのつながりが多くて抜けていっていると。そこは、じゃ、どうするのかというのは一つ大きな問題、課題なんだろうなとか、あと、製造業で見てみましても、金属加工というのが結構大きなシェアを占めていまして、雇用者の所得額というのも比較的大きい。輸出入の収支で見てもプラスになっていると。 もっと読む
2017-12-11 桜井市議会 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年12月11日 6次産業化は、農林業者が生産した農林水産物を活用して新しい商品を開発、輸出も含む新たな販路の改革等を行う取り組みであり、豊かな地域資源を活用し、付加価値を生み出すことで、農産漁村の所得の向上、また、雇用の確保を図る上でも非常に重要であります。   もっと読む
2017-12-08 生駒市議会 平成29年第5回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年12月08日 また、収集ルートにつきましては、県内外を問わない巡回回収や一般家庭からの持ち込みにより収集しており、出荷ルートについては、使用可能なものは国内で販売し、使用できないものは海外へ輸出していると思われます。  また、県との情報共有につきましては、奈良モデルの一つとして、市は毎年7月頃に業者に対しての立入調査にて現状把握するとともに、県に報告いたします。 もっと読む
2017-09-14 王寺町議会 平成29年  9月 定例会-09月14日−02号 そして、もう1点は、以前、皆さんもご記憶にあると思いますが、中国が、いわゆるレアメタル、今の産業に欠かせない、これを輸出規制をしたときに、携帯電話に代表されますいわゆる都市鉱山、鉱山は大体山奥にあるんですけれども、まちの中にある私たちのこの携帯で都市鉱山のリサイクル促進をという一般質問をさせていただきましたが、今回は、本町といたしまして、「都市鉱山からつくる! もっと読む
2017-03-16 大和郡山市議会 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月16日−03号 例えばその頑張るツールは、ネット販売であったり、あるいは輸出ということであります。ですから、単純に補助金で即活性化ということにはならないと思いますが、では、そうした中で、どうした支援が考えられるのかということで支援を行うとすれば、一つはトップランナー、今頑張っているリーディングカンパニーというんでしょうか、トップランナーに対する支援に特化をするというのも一つ。   もっと読む
2017-03-01 奈良市議会 平成29年  3月 予算審査等特別委員会-目次 んでいるのであれば予算を              計上すべきではないか……………………………18           2.大和茶・日本酒のPR事業について           (1)平成26年度のフランスの現地プロモーション事業              と平成27年度の現地メディア広報紙掲載事業の              検証可能な成果について…………………………18           (2)フランスへの輸出 もっと読む
2016-12-14 大和郡山市議会 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月14日−03号 海外にも目を向けられ、主にランチュウを香港やタイ、遠いところでは南アフリカ等へ輸出されている生産者もおられるところでございます。   もっと読む
2016-09-20 大和郡山市議会 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月20日−04号 続いて、金魚産業の活性化という観点から金魚業者への支援をどのように考えているのかに対し、金魚業者数は減り、後継者不足の問題もあるものの、中国への輸出に挑戦している業者など頑張っている若手経営者もいるので、販路開拓や販売方法の工夫なども含めた支援が必要ではないかと考えておりますとの答弁がありました。   もっと読む
2016-09-08 桜井市議会 平成28年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2016年09月08日 企業版ふるさと納税につきましては、内閣府が地方創生につながると認めた自治体事業に寄附を行うと、その6割、約6割の税負担が軽減される制度でございまして、長崎県では世界遺産の保全や奨学金の返済支援、水産物の輸出促進、また、北海道夕張市では児童館や図書館が入る複合施設の整備や天然ガスの最終調査、通常ではなかなかできない事業に対して企業から寄附してもらいます。 もっと読む
2016-06-17 生駒市議会 平成28年第4回定例会 厚生消防委員会 本文 開催日:2016年06月17日 23 ◯坂上弘消防長 海外に輸出して、それは協力という形だと思いますけれども、そんな方法も考えられますし、一般事業所で自衛消防隊なんかで使う車両として使う用途は考えられると思います。 もっと読む
2016-03-22 橿原市議会 2016.03.22 平成28年3月定例会(第4号) 本文 さらに、観光振興というのは、地場の輸出産業振興になります。それで、今後の観光予算のあり方、観光振興組織は一朝一夕でいかずに、専門性が求められます。これを今後どのように考えていくのか、答弁をしてください。 ◯議長(松木雅徳君) 杉田総合政策部長。              (説明員 杉田幸司君 登壇) ◯総合政策部長(杉田幸司君) 総合政策部長の杉田でございます。ただいまの質問でございます。 もっと読む
2016-03-17 奈良市議会 平成28年  3月 予算審査特別委員会-03月17日−06号 ◎仲川元庸市長 食のプロジェクトについては、今、清酒に関しても海外への輸出が非常にふえているというような状況がありますし、議会でも御議論いただきましたように、清酒発祥の地としてのブランド力を高めていこうと、そんな御議論をいただいております。 もっと読む
2016-03-15 大和郡山市議会 平成28年  2月 定例会(第1回)-03月15日−03号 例えば川上村のレタス産業は、輸出などの販路拡大、交渉、手続を役場が担うことで年収 2,500万円の産業になり、就学のために都会に出ても5割の若者が家業を継ぐためにUターンしています。また、町出身者でない30代の若者も、収入が安定する産業があればIターン者として転入者が増加しています。 もっと読む
2015-12-07 生駒市議会 平成27年第5回定例会(第1号) 本文 開催日:2015年12月07日 近年は、スポーツを通じた観光による地域活性化や途上国への体育プログラムの輸出といった国際貢献、加えて、健康増進というように、様々な形でスポーツが幅広く活用されるようになってきました。こういった動きを踏まえて、スポーツに関する施策を総合的に推進できる組織が必要だということで、スポーツ庁の新設が決まったのです。  このスポーツ庁に求められている役割は二つに分けられると思います。   もっと読む
2015-09-15 広陵町議会 平成27年第3回定例会(第4号 9月15日) 3番目に、当初言っていたホルムズ海峡の機雷封鎖はイランが原油輸出のために障害となる機雷封鎖は行わないと態度表明しており、具体的な安全保障をめぐる環境変化を指摘できない中では慎重審議すべきである。   もっと読む
2015-09-15 広陵町議会 平成27年第3回定例会(第4号 9月15日) 3番目に、当初言っていたホルムズ海峡の機雷封鎖はイランが原油輸出のために障害となる機雷封鎖は行わないと態度表明しており、具体的な安全保障をめぐる環境変化を指摘できない中では慎重審議すべきである。   もっと読む
2015-09-14 王寺町議会 平成27年  9月 総務文教常任委員会-09月14日−01号 また宮沢経済産業大臣は、中国に日本企業が4万社以上進出し、輸出先としては中国がアメリカに次ぐ2位、輸入元では1位であり、大変重要な市場だと認識していると語りました。岸田外務大臣は、日本政府は中国を脅威と見ていない、このように明言しています。日本と中国の経済の相互依存度をはかる指標である国際収支の統計では、貿易総額では日米間より日中間のほうが大きくなっております。 もっと読む
2015-09-14 王寺町議会 平成27年  9月 総務文教常任委員会-09月14日−01号 また宮沢経済産業大臣は、中国に日本企業が4万社以上進出し、輸出先としては中国がアメリカに次ぐ2位、輸入元では1位であり、大変重要な市場だと認識していると語りました。岸田外務大臣は、日本政府は中国を脅威と見ていない、このように明言しています。日本と中国の経済の相互依存度をはかる指標である国際収支の統計では、貿易総額では日米間より日中間のほうが大きくなっております。 もっと読む
2015-06-17 奈良市議会 平成27年  6月 定例会-06月17日−02号 観光事業は、確かに地域活性化につながる重要な輸出産業ではありますが、奈良市民にとりましては、大切に守り育んできた市民お一人お一人の生活そのものであり、市民自身の財産でもあります。 もっと読む