481件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

生駒市議会 2021-06-14 令和3年第3回定例会 市民文教委員会 本文 開催日:2021年06月14日

次に、2について、政策方針において、100の複合型コミュニティの言葉を使っていない状況を踏まえ、計画書内で100の複合型コミュニティを表記していたものを複合型コミュニティとし、施策8として、ごみを切り口として、100の複合型コミュニティづくりを表記して表記していたものを、複合型コミュニティを活用したごみ減量資源促進に変更しております。

生駒市議会 2021-06-03 令和3年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2021年06月03日

こちらで加工しなくてもという方向性を打ち出しはしているんですけども、詳細については、法が成立して以降になってきますので、この今の現状は確認程度にとどめておきますが、ただこれからプラスチック回収資源していくということについては、間違いなく方向性としてはありますし、ここ数年の間にうちも着手しなければならないということは間違いないことだと思います。

生駒市議会 2021-03-16 令和3年第1回定例会 予算委員会(市民文教分科会) 本文 開催日:2021年03月16日

179 ◯奥田和久環境保全課長 それぞれ委託料につきましては、債務負担行為に上げております資源物収集運搬中間処理委託料あとプラスチック製容器包装委託料運搬収集中間処理、それと陶磁器製食器等拠点回収委託料と、ガラス瓶の残さ等の資源業務委託料とございます。金額もそれぞれ言います。

生駒市議会 2021-03-16 令和3年第1回定例会 市民文教委員会 本文 開催日:2021年03月16日

計画は、目標達成のため七つの重点施策を設定いたしましたが、バイオマス資源事業系ごみ減量資源促進のための取組状況の拡充について、十分な施策実施できなかったこと、また、PDCAサイクルによる計画進行管理ができていなかったことなど、目標達成の要因の一つとなっております。  18ページをお願いします。  

奈良市議会 2021-03-10 03月10日-04号

次に、再生資源処理経費バイオマス資源活用に向けた実証実験ですが、これはプラスチックごみ混合チップ化とその燃焼では、90年代に箱根などで大きく失敗して中止しています。 しかし、以前、推進している専門家の方に聞くと、詳しいことや根拠は答えないまま、大丈夫なんだと繰り返されるだけでした。このバイオマス事業について懸念します。 このバイオマス事業とは木材のチップ化だけなのでしょうか。

王寺町議会 2021-03-09 03月09日-02号

これは、環境保護とか経費面からとか資源というような観点から、過去何回も質問をしてきております。今日は、現在本町ごみ分別は13分別とし、各家庭から出されたごみはきちっと回収処理されています。 一方で、香芝王寺環境施設組合美濃園への持ち込まれるごみの量は、年々増え続けています。本町の場合、これはうれしいことなんですが、人口が増えています。でもごみも増えています。

御所市議会 2021-03-08 03月08日-01号

生活環境の分野として、循環型社会の構築に向けて、資源ごみ分別リサイクル推進し、ごみ減量化資源に取り組むため、資源ごみ分別するスペースに屋根を設置します。また、家庭から出る一般廃棄物収集に当たって、一部の区域の収集民間に委託する経費を計上いたしました。 市民が憩える場としての都市公園児童遊園等については、老朽化している施設改修工事や遊具の更新工事費用を計上しております。 

生駒市議会 2021-03-05 令和3年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2021年03月05日

まず、バイオマス(生ごみせん定枝等)の資源については、現行計画重点施策であったものの、施策の柱であったエコパーク21の整備が未実施であり、更に取組を進めることは困難な状況であることから、生ごみについてはリサイクル処理にこだわらず、減量という観点からの施策実施検討するとともに、せん定枝については、資源に取り組んでいる他市の事例を参考に更なる検討を行うことを求めます。  

大和高田市議会 2021-03-01 令和3年3月定例会(第2号) 本文

ペットボトルの収集につきましては、収集体制処理施設状況から回数を増やすことは難しい状況でありますが、今後、クリーンセンターリサイクル施設整備に合わせ、収集品目収集回数トレイ等プラスチック類収集方法検討し、より一層の資源推進してまいりたいと考えております。  最後に、市民の声を聞き、施策に取り入れることについてであります。  

香芝市議会 2021-02-22 02月22日-01号

環境への取組といたしまして、令和年度に策定したごみ減量資源推進計画使用済小型家電回収事業、リユースイベント「ええもんクルっと市」等の進捗管理を基に、3Rを含めた環境施策に取り組んでまいります。ごみ減量化資源重点を置き、これまでごみとして排出されていたものについて発生を抑制するとともに、資源として再利用できるような方策を構築し、循環型社会の形成に向けた取組推進してまいります。 

桜井市議会 2020-12-09 令和2年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2020年12月09日

そのごみ処理基本計画では、ごみ処理基本方針として3Rの推進ごみの再資源推進環境への負荷の軽減、環境教育の充実、市民事業者・行政の協働、安全なごみ処理が掲げられ、平成32年度、つまり、令和年度目標年次とされています。この計画に基づき、様々な取組みがなされてきたことと推測をいたします。  

桜井市議会 2020-12-08 令和2年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2020年12月08日

また、その後の運営管理委託につきましては、焼却施設運営管理計画評価検討委員会において精査を行っていただき、改めて日立造船株式会社との間におきまして、平成20年4月から令和4年11月までの14年8か月、搬入管理業務をはじめ、運転管理維持管理環境管理資源支援業務情報管理業務防災管理業務などの長期包括契約を締結し、運営管理を委託しているところであります。  

奈良市議会 2020-12-07 12月07日-04号

この長寿命化計画を基にして、来年度以降、汚泥処理設備資源設備脱臭設備など、し尿処理施設を構成する重要な設備や機器についての大規模な改良事業である基幹的設備改良事業実施に向けた設計等の準備を進め、それに基づく基幹改良事業化等により、安定したし尿処理を行えるよう取り組んでまいりたいと考えております。 以上です。 ○副議長(八尾俊宏君) 10番山本憲宥君

奈良市議会 2020-12-04 12月04日-03号

議員お述べのように、ボタン電池につきましては、性能面品質面の理由によりごく微量の水銀が使用されているものがありますことから、電池及び電池器具に関する調査研究、また環境保全、再資源等の施策推進を目的として設置されました一般社団法人電池工業会におきまして、法律に規定された引取り義務ではなく自主的な取組として、使用済みとなったボタン電池回収やその適正処理を行われております。 

橿原市議会 2020-12-01 令和2年12月定例会(第2号) 本文

平成28年12月に、「ごみ減量資源に向けた今後の施策の在り方について」、橿原市廃棄物減量等推進審議会からの答申が出ており、その答申の中には、以前から市民の皆様からもお声を頂いておりました粗大ごみリクエスト収集をはじめとする収集体系の見直しがあり、その答申を受け、担当部署ではいろいろな角度から検討されたと伺っております。  

生駒市議会 2020-09-17 令和2年第7回定例会 決算審査特別委員会(市民文教分科会) 本文 開催日:2020年09月17日

有害ごみの再資源処理について、その費用令和年度から、目2、ごみ処理費ごみ減量化対策事業費に計上し、執行しておりますが、施策成果等の内容を、平成30年度までの予算執行科目であった目3、ごみ処理施設費清掃リレーセンター管理費のところに誤って記載をしておりますため、訂正をお願いするものでございます。おわびいたしますとともに、訂正をさせていただきます。申し訳ございませんでした。  

広陵町議会 2020-09-14 令和 2年第3回定例会(第4号 9月14日)

それで町民が希望されている、公益の防災センター、例えば歴史資料館とか、ごみ資源再生工房、これもまた必要だなというのがあるわけ。クリーンセンターも変わるわけですからね。必要であれば、私は新しく広陵町にない施設と既存の施設のドッキングですね、複合ですね、これは私は大事だと思います。私は現在、広陵町にないなと思うのは、世代間が交流できる場所ですね、屋内であろうが屋外。