5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

生駒市議会 2017-09-15 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年09月15日

これは資源エネルギー庁公表資料によります。そのうち1,000キロワット以上のメガソーラーは市内に5カ所も設置されています。大規模な造成を伴う設備設置は自然環境への影響、台風や最近の集中豪雨などによる災害発生への危険が懸念されます。再生可能エネルギー普及が思わぬ自然破壊災害を引き起こすことにつながるとすれば、それは本末転倒と言えます。

生駒市議会 2015-12-07 平成27年第5回定例会(第1号) 本文 開催日:2015年12月07日

経済産業省資源エネルギー庁のホームページによると、「これまで各地域で決まった一つの電力会社しか行えなかった家庭や小規模事業所向けの電気の小売販売への新規参入が可能になります。これにより、全ての家庭や事業所で自由電力会社や料金メニューを選択できるようになります」と書かれてあり、期待が高まる反面、さて4月からどうなるのか、どう対応すればいいのかという不安も感じられます。

生駒市議会 2013-06-13 平成25年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2013年06月13日

106 ◯8番 惠比須幹夫議員 それでは、収支のこととは別に、現在、先ほどお話、ありましたかと思うんですが、車両等に使われているBDF、これ、B100ということで、BDF100%のものを供給されて使われているということなんですが、資源エネルギー庁の方でのマニュアルによりますと、非常にB100では車両、基幹トラブル等が発生するということが多く想定されるので、B5、すなわち95%が

桜井市議会 2012-06-21 平成24年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2012年06月21日

これは、同年に発生いたしました東日本大震災による東京電力福島第1原子力発電所事故以降、各地の原発が次々と停止し、火力発電用の原油天然ガス輸入量が増えたことが原因とされていて、資源エネルギー庁の「エネルギー白書2010」によりますと、日本は総発電電力量の29.2%を原子力発電に頼っているため、原子力への依存率の大きさが影響したようです。  

生駒市議会 2008-12-10 平成20年第5回定例会(第2号) 本文 開催日:2008年12月10日

資源エネルギー庁長官の諮問機関燃料電池実用化戦略研究会は、燃料電池はITやバイオテクノロジーとともに日本の将来の基幹産業となると言われています。  燃料電池は、バッテリーや乾電池等と想像するかもしれませんが、これは発電機なのであります。発電用の燃料として、都市ガスやLPガス、灯油、メタノールなどを使用するので、このように言われています。

  • 1