865件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御所市議会 2029-06-19 06月19日-07号

誰もが気軽に乗れ、日常生活に欠かせない乗り物である自転車ですが、近年、自転車による事故裁判で高額の賠償を命じられるケースが相次いでおります。 今、自転車普及台数は約7,200万台で、自動車の台数にほぼ匹敵するそうであります。その自転車が関連する事故は年々減少しておりますが、自転車歩行者、これに限れば年間約2,500件で横ばいが続いていると、このようになっております。

奈良市議会 2025-06-17 06月17日-04号

これまで土地使用料につきましては、業者と折り合いがつかず、調停や、最終的には裁判が起こされてきましたけれども、その間の業者からの土地使用料未納額は、そこにありますとおり、1億620万円余りとなっております。この数字につきましては、詳しくは委員会でもう少し突っ込んでお聞きしたいと思いますが、新たな業者を早急に選定し、正常な運営をしなければ、公債費として税金が無駄に投入されることになります。 

奈良市議会 2022-06-14 06月14日-03号

都祁地区道駅針テラス運営会社が、平成30年12月21日付で事業契約を解除され裁判になりましたが、奈良土地使用料平成29年11月分以降、所有者の市に支払われていない土地使用料未払い分と、針テラス建設の際の公債費償還残金などを合わせ市が被る損害額は約10億円、なぜこんなに提訴に年月がかかったのか、債務額が巨額化したのか、市民から市の対応疑問点を指摘される声が多くなっています。 

奈良市議会 2021-06-10 06月10日-01号

本事案の発端は、平成13年に審査請求人の方が水道料金について生活困窮による減免申請をされましたが、当時水道局に生活困窮による減免規定がなかったために減免申請が却下され、その是非について裁判で争われたものです。 平成17年に最高裁は、奈良市が減免申請を却下する理由に不備があったとして、審査請求人からの減免申請却下に対する取り消し請求を認容する判決を下しました。

奈良市議会 2020-10-04 10月04日-05号

よって、国におかれては、無辜の者を誤った裁判から迅速に救済するために、再審における検察手持ち証拠全面開示について、再審法の改正を行うことを要請するものであります。 以上、簡単ではございますが、提案の趣旨説明といたします。 各位の御賛同を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(森田一成君) 38番伊藤君。 ◆38番(伊藤剛君) ただいまの動議に賛成いたします。

奈良市議会 2020-06-13 06月13日-02号

針テラス問題の経過について、裁判進捗等の現状について、改めて市長に確認させていただきたいと思います。 2問目に、これまでも再三議場で述べてきたとおり、今後、奈良市の損失を減らしていくためには、針テラス事業を早期に正常化させることが第一であり、針テラス事業運営が安定すれば、賃料収入など奈良市にとって収益を生む施設になるものと考えますが、今後の展開について、市長の御意見をお伺いしたいと思います。 

奈良市議会 2020-03-19 03月19日-05号

監査委員は、議決の内容に左右されず中立な判断が求められることから、監査結果の責任も当然問われてくるわけですが、その後の裁判で、地裁での全面敗訴に近い判決から、控訴利益は認められず、市民利益に反する控訴は、権利の乱用、あるいは市政の私物化と私は考えます。 損害賠償の免責は、仲川市長個人が提訴し、そして獲得すべきだと考えます。血税で求めるべきではないので、承認できません。 

広陵町議会 2020-03-11 令和 2年第1回定例会(第4号 3月11日)

まず初めに、議案第6号、広陵町犯罪被害者等支援条例制定については、条例制定により、国や県以外で本町として犯罪被害者に対してどのような施策を想定しているのか、見舞金等については国や県の補助があるのか、町単独となるのか、相談窓口は設置されるのかとの質疑に対して、犯罪被害者からの相談及び情報提供見舞金の支給や日常生活支援等犯罪被害者本人や家族に対して裁判等により時間が拘束される場合の一時預かり保育

橿原市議会 2020-03-11 令和2年予算特別委員会(令和2年度当初予算) 本文 開催日: 2020-03-11

390 ● 原山亮委員 ふるさと納税返礼品、これ、プラス150万ぐらいになっとるんですけど、補正予算のときもちらっと聞いたんですけど、今、総務省がまた新しい何か方針とか示して、それで泉佐野市なんか裁判をしながら、あれ、裁判の結果が出て、多分上告しはったと思うんですけど、橿原市がこの新年度、また増額もしていますから、ふるさと納税にしっかり力を入れてやってくれていると

橿原市議会 2020-03-11 令和2年予算特別委員会(令和2年度当初予算) 本文 開催日: 2020-03-11

390 ● 原山亮委員 ふるさと納税返礼品、これ、プラス150万ぐらいになっとるんですけど、補正予算のときもちらっと聞いたんですけど、今、総務省がまた新しい何か方針とか示して、それで泉佐野市なんか裁判をしながら、あれ、裁判の結果が出て、多分上告しはったと思うんですけど、橿原市がこの新年度、また増額もしていますから、ふるさと納税にしっかり力を入れてやってくれていると

橿原市議会 2020-03-11 令和2年予算特別委員会(令和2年度当初予算) 本文 開催日: 2020-03-11

390 ● 原山亮委員 ふるさと納税返礼品、これ、プラス150万ぐらいになっとるんですけど、補正予算のときもちらっと聞いたんですけど、今、総務省がまた新しい何か方針とか示して、それで泉佐野市なんか裁判をしながら、あれ、裁判の結果が出て、多分上告しはったと思うんですけど、橿原市がこの新年度、また増額もしていますから、ふるさと納税にしっかり力を入れてやってくれていると

奈良市議会 2020-03-06 03月06日-04号

この案件は相手側からも控訴されておりますが、私はこの裁判に少なからず違和感を覚え、なぜか釈然としないものを感じております。 さて、裁判の争点は、購入価格が高過ぎるのではないか、西山など保安林が含まれ利用価値のない山を購入したのではないか、この2つの点に集約されるかと思います。購入価格については、当然のことながら需要と供給のバランスで、買い方と売り方によって決まるものと考えます。

奈良市議会 2020-03-05 03月05日-03号

これは裁判になりまして、65歳になった途端に障害者サービスを打ち切った岡山市に対して、当時、浅田達雄さんという障害者の方が6年にも及ぶ訴訟で戦いました。その判決では、障害福祉サービスでは全ての国民が障害の有無に関わらず個人として尊重されるものであるとの障害者基本法の理念にのっとり、必要な給付をするものだとして、岡山市に対して損害賠償を命じたという判決がございます。

広陵町議会 2020-03-03 令和 2年第1回定例会(第3号 3月 3日)

そういったことから裁判事象にもなったという事例もございます。役場前交差点から東出入り口までの間は、水路ふたにより拡幅されてきたところでございます。今回、役場から古寺間に通ずる水路についても、自転車通学路安全確保を図るために、早急な水路ふたの整備が必要と思われますけれども、計画的な対応策があるでしょうか。よろしく御答弁をいただきたいと思います。  質問としては、2項でございます。

香芝市議会 2020-03-02 03月02日-01号

では次に、規則の第11条のほうで、一時預かり保育に要する費用の助成っていうのがあるんですけれども、こちらのほうは1日3,000円っていう、上限が5日間っていうことなんですけれども、これに該当するのは、例えば通院であったり、裁判であったり、そういったことになるんですけれども、万が一犯罪被害者の方が亡くなられたときに、ひとり親になったっていうときに、保育所等に優先的に入園したりできるようになるのかとか、