861件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桜井市議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年12月20日

耐震に関しては、今後診断を行い、その結果次第で休館もあり得るが、そのような場合、他の公共施設の利用や近隣自治体との広域連携、民間施設の活用も視野に入れ、検討していきたいとのことでした。  次に、市民プールの閉鎖に関して、指定管理料の減額はどの程度か、それに伴い、市内から50メートルプールがなくなったが、市民へのフォローはどうするのか。

桜井市議会 2019-12-17 令和元年総務委員会 本文 開催日:2019年12月17日

この施設の利用する自治体につきましては、建設費等の負担が求められております。今回の負担金114万1000円につきましては、平成30年におきました台風20号及び21号による災害復旧費に要する、費用にかかる、当市も負担分を計上させていただいております。平成30年度の台風による、高潮高波などにより、施設内への海水流入や、作業用重機排水処理施設、その他施設の、起債に対するものでございます。

桜井市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年12月11日

災害が多い日本において、国土強靱化計画が考案され、政府だけでなく、全国の自治体に対しても地域性を考慮した多岐にわたる実践的な計画策定義務が要求されています。  しかし、今年の台風15号で、千葉県での甚大な被害があったのはご存じと思いますが、通信インフラに壊滅的な打撃があったことで、被害情報が遮断される事態に陥りました。  

桜井市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年12月10日

さらに、踏み込んだ支援を実施している自治体がございます。骨髄を提供する際の休業助成制度です。これは、本人や企業に対して助成金を交付する制度で、企業の中に先ほど申し上げたような制度がない場合、本当にみずからの有休を使って費用をかけてということになりますので、自治体により内容は異なりますけれども、全国315の市町村制度があり、県内でも大和郡山市橿原市などで制度化をされていると伺っています。  

桜井市議会 2019-09-27 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年09月27日

全国でも給食費の無償化、部分的な補助をする自治体はふえているように思うが、桜井市では給食費の無償化や部分的補助を検討したのか。来年度以降、無償化にかかる費用は、公立保育所に対しては全額市が負担することとなる。市の負担が多い公立保育所は廃止したほうがよいのではないかという考え方に傾いていくと危惧するが、市の考えはどうかといった質問がありました。  

桜井市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月10日

この縮減時代の地方自治体では、地域社会行政サービスを維持するため、従来の半分の職員でも本来担うべき機能が発揮できる自治体への転換が迫られています。  そこで、このような状況下でも対応できる自治体を今からでも構築していかなければならないと考えられますが、市長は、この人口縮減時代における自治体のあり方について、どのような考えを持っておられるのか、お尋ねいたします。  

生駒市議会 2019-09-04 令和元年第5回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月04日

地方自治体におきましても、再犯防止推進計画を既に策定された自治体は協議会等を設置され、関係機関団体で構成し、医療福祉の関係機関への接続や出所者らを受け入れる協力雇用主への支援の在り方などを検討されております。本市でも再犯防止推進計画の策定について前向きに検討していただきたいというふうに思います。

橿原市議会 2019-09-04 令和元年総務常任委員会 本文 開催日: 2019-09-04

会計年度職員さんのうち、フルタイマーはどうも3権のうち2権が制限された扱いになるんじゃないか、パートタイマーは3権全部持っているという扱いになるんじゃないかということをほかの自治体の自治労さんがおっしゃっていたので、そのことを事前に調べてくれと入れさせてもらっているはずです。  もう1回聞きますよ。

桜井市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月26日

その要因として、子育て支援策が手厚く、また、住宅価格が手ごろな自治体が受け皿になっていると分析されていました。  桜井市でも土地価格などは人口密集地と比べると、もちろん安価であり、この面では条件をクリアしていると思いますが、子育て支援策となると、先進的に取り組んでいる自治体と比べると見劣りする部分があることも否めないのではないでしょうか。