118件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

生駒市議会 2019-06-21 令和元年第3回定例会 企画総務委員会 本文 開催日:2019年06月21日

4ページの農家数と農地面積の表の平成27年度合計258ヘクタールと、5ページ下の耕作放棄面積の表の合計でございますが、四捨五入の関係で、合っておりませんが、その旨の表記をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。  続きまして、6ページから9ページは農家アンケートから見える農地と経営についての現状と課題、10ページは農地や経営に関連するこれまでの主な市の取組を上げております。

橿原市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第2号) 本文

また、耕作放棄につきましては、農業委員会農地中間管理機構などと連携し、農地の集積・集約化を推進しながら耕作放棄の削減に取り組んでまいります。  鳥獣被害防止対策といたしまして、引き続き奈良県猟友会橿原支部へ獣害対策事業の一部の委託を行います。また、防護柵設置のための材料の支給や、捕獲檻の設置により、有害鳥獣であるイノシシアライグマなどからの、農作物被害の防止に取り組みます。  

天理市議会 2018-03-16 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月16日−03号

ただ、それが放置林あるいは耕作放棄が残念ながら増えていくことによって、鳥獣害への対策なども非常に重要な事柄であるというふうに思っております。  農村集落の活性化につきましては、地域農業生産基盤の維持管理活動を支援するために、多面的機能支払い交付金事業というのをやっております。

桜井市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年03月05日

農業振興費におきましては、農林業従事者の高齢化と減少、経済的な問題などが起因となる耕作放棄や施業放置林が増加することに伴い、イノシシや鹿などの有害野生獣による農作物などの被害抑制のため、引き続き、個体捕獲や防護対策にかかる所要額を計上しております。  農地費におきましては、老朽化による農業施設の維持・改修等に伴う土地改良事業にかかる所要額を計上しております。  

天理市議会 2018-03-02 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月02日−01号

まず、天理市にとって重要な産業の柱である農業分野では、近年特に深刻な耕作放棄対策として、集団化の促進を重要施策としてまいりました。これまでに南檜垣営農組合、和爾営農組合、下山田営農組合が、ブランディング事業の下でのものづくり、地域の活性化事業や周遊観光、マルシェへの参加など、先進モデルとして活躍くださっており、北檜垣でも組合設立に向けた準備が進んでおります。  

橿原市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会(第2号) 本文

若い就農者を増やすため、農業委員会農地中間管理機構などと連携しながら耕作放棄や遊休農地を解消し、農地を確保するとともに、農業世代人材投資事業補助金等を活用し、青年新規就農者等の農業の担い手を育成いたします。  鳥獣被害防止対策といたしまして、引き続き奈良県猟友会橿原支部への委託を行うとともに、防護柵設置のための材料を支給し、農作物の被害拡大の防止に努めます。

天理市議会 2017-06-14 平成29年  6月 経済産業委員会-06月14日−01号

ただし、今委員がおっしゃいましたように、未登記農地につきましては、耕作放棄となる恐れもあり、また、その土地につきましても、中間管理機構等も入ることもできません。今後、農業委員会といたしましては、このような未登記農地の件について調査も検討していかなければならないかなと考えております。以上です。

生駒市議会 2017-03-27 平成29年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2017年03月27日

これにより、農業委員会は、農地法に基づく許認可事務だけではなく、担い手への集積、集約化、また耕作放棄の発生防止、解消、新規参入の促進に積極的に取り組むこととなりました。  今後、農業委員会の委員として、農地等の利用の最適化の推進に誠心誠意取り組んでいく所存であります。議員皆様のご指導、ご鞭撻をよろしくお願いします。  甚だ簡単ではございますが、これで任命の挨拶とさせていただきます。

生駒市議会 2017-03-17 平成29年第1回定例会 予算委員会(企画総務分科会) 本文 開催日:2017年03月17日

原材料費は、これは、すいません、さっき僕が申し上げたのは19節の補助金の方でして、この16の方は地区の方で耕作放棄があるといった中で、もうちょっと耕作もされない、そこの所有者が高齢化になって放置されているというような場合、地区の方で話し合っていただいて、あこがイノシシの巣にならないような形で、その当該耕作放棄を囲むといったようなことをしていただく場合に原材料を支給するという形の仕組みでございます