25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

御所市議会 2021-06-23 06月23日-10号

また、生活困窮自立支援事業において、新型コロナウイルス感染症影響が長期化していることから、生活困窮世帯に対する支援策として、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を支給する経費を計上いたしております。 衛生費では、予防費において、新型コロナウイルスワクチン接種体制を拡充し、接種加速化に向けた体制整備を行うための経費を計上いたしております。 

桜井市議会 2020-12-15 令和2年総務委員会 本文 開催日:2020年12月15日

生活保護総務費返還金49万8,000円の内容につきましては、生活困窮者就労準備支援事業費補助金レセプト点検の単価が入札により減額したこと、生活保護受給者が減少したことによる返還金、それと生活困窮自立支援事業国庫負担金が、就労相談員人件費の減額及び住居確保給付金給付件数が見込みより少なかったことによる返還金となっております。

桜井市議会 2020-12-02 令和2年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年12月02日

次に、民生費では、社会福祉総務費におきまして、令和年度国庫補助金精算に伴う返還金国民健康保険特別会計への保険基盤安定等繰出金追加所要額身体障害者福祉費におきまして、報酬改定給付審査等システム改修に伴う電算委託料令和年度国庫負担金県負担金精算に伴う返還金障害自立支援事業におきまして、介護給付費等に係る追加所要額令和年度国庫県負担金精算に伴う返還金児童保護運営費におきまして

桜井市議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年12月03日

次に、民生費では、社会福祉総務費におきまして、平成30年度国庫負担金精算に伴う返還金国民健康保険特別会計への保険基盤安定等繰出金追加所要額身体障害者福祉費におきまして、就学前障害児発達支援無償化に伴うシステム改修委託費平成30年度国庫負担金精算に伴う返還金精神障害者福祉費におきまして、精神障害者医療費助成にかかる追加所要額障害自立支援事業におきまして、更生医療費及び介護給付費等にかかる

御所市議会 2019-09-26 09月26日-15号

生活困窮自立支援事業について説明を求めました。 次に、4款衛生費では、健康教育費及び健康相談費について説明を求めました。 胃がん検診費等受診率向上について説明を求めました。 新火葬場建設事業について、中心市街地と比較して山間部迷惑施設ばかりになる。地元へしっかりと説明し理解を得るようただしたところ、火葬場が来るから廃れるとは思っていない、地域の特性を生かしていきたいとの答弁がありました。 

桜井市議会 2018-12-03 平成30年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年12月03日

次に、民生費では、社会福祉総務費におきまして、平成29年度国庫補助金精算に伴う返還金、また本年度交付税措置されました国民健康保険特別会計への保険基盤安定等操出金追加所要額身体障害者福祉費におきまして、平成29年度国庫負担金県補助金精算に伴う返還金障害自立支援事業におきまして、介護給付費等にかかる追加所要額平成29年度国・県負担金精算に伴う返還金臨時福祉給付金支給費におきまして、平成

大和郡山市議会 2018-09-03 09月03日-01号

歳出面では、障害自立支援事業等扶助費で 2.1%、国民健康保険介護保険等の各事業費の増加により、各特別会計への繰出金で 3.9%の増となった反面、普通建設事業費では、さきにも触れました清掃センター長寿命化事業幼稚園耐震改修事業影響により41.0%減と見込んだ結果、対前年度比 6.3%、21億 2,000万円減の 317億 9,000万円の予算を編成したものでございます。 

桜井市議会 2017-12-04 平成29年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2017年12月04日

次に、民生費では、身体障害者福祉費におきまして、社会保障税番号制度システム改修にかかる委託料平成28年度県補助金精算に伴う返還金障害者地域生活支援事業費におきまして、手話通訳者用パソコン購入費障害自立支援事業におきまして、更生医療費及び介護給付費等にかかる追加所要額平成28年度国・県負担金精算に伴う返還金臨時福祉給付金支給費におきまして、平成28年度国庫補助金精算に伴う返還金、母子福祉費

御所市議会 2017-03-22 03月22日-05号

生活困窮自立支援事業について説明を求めました。 学習支援事業費について説明を求めました。 人権センターエレベーター設置工事について、どの観点から見ても理解できません。まず、担当課から予算要求があり、予算ヒアリング総務部長、副市長が確認をし、最終的に市長が目を通し、問題ないと判断した上で、議会運営委員会において説明をされました。

桜井市議会 2016-12-01 平成28年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2016年12月01日

次に、民生費では、障害自立支援事業におきまして、更生医療費にかかる追加所要額平成27年度国・県費負担金精算に伴う返還金臨時福祉給付金支給費におきまして、臨時福祉給付金事業実施に伴う給付金等にかかる所要額平成27年度国庫補助金精算に伴う返還金児童福祉施設費におきまして、子ども子育て支援整備交付金を活用して行う桜井学童保育所建設及び大福学童保育所改修にかかる工事請負費等所要額障害児通所支援事業費

御所市議会 2016-07-01 07月01日-08号

また、生活困窮自立支援事業においては、被保護者就労支援員を配置し、被保護者就労による自立を促し、生活保護適正化を図る費用を計上いたしております。 次に、農林業費では、農業振興費において、御所市内の農・林・食のPR及び物産販売等による地域にぎわいづくりを目的としたマルシェ開催のための費用を計上いたしております。 

桜井市議会 2015-12-03 平成27年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2015年12月03日

次に、民生費では、障害自立支援事業におきまして、平成26年度国庫及び県負担金精算に伴う返還金障害児通所支援事業費におきまして、平成26年度国庫負担金精算に伴う返還金扶助費におきまして、生活扶助住宅扶助及び医療扶助にかかる追加所要額及び平成26年度国庫負担金精算に伴う返還金高齢者福祉費におきまして、老人保護施設扶助費にかかる追加所要額を計上いたしております。  

大和郡山市議会 2015-09-01 09月01日-01号

歳出面では、前年度特殊需要であった土地開発公社解散に要する経費49億 5,000万円がなくなったものの、人件費退職者数の増により 1.7%の増、扶助費で国の制度である臨時福祉給付金及び子育て世帯臨時特例給付金新規計上障害自立支援事業等の増により 5.2%の増、公債費土地開発公社解散に伴う市債発行により11.2%の増、普通建設事業費では緊急を要する各事業推進のため 7.6%の増、国民健康保険

桜井市議会 2014-12-04 平成26年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2014年12月04日

障害自立支援事業におきまして、平成25年度国庫負担金精算に伴う返還金自殺対策事業費におきまして、県の自殺対策緊急強化補助金を活用して行う啓発にかかる消耗品等所要額人権施策推進総務費におきまして、大福共同浴場の高圧引込ケーブル修繕料大福及び豊田共同浴場指定管理料追加所要額児童保護運営費におきまして、児童扶養手当制度改正に伴うシステム改修委託料保育所費におきまして、がんばる地域交付金

桜井市議会 2013-12-05 平成25年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2013年12月05日

次に、民生費関係では、身体障害者福祉費福祉タクシー扶助にかかる追加所要額及び心身障害者医療費助成事業等平成24年度県補助金精算に伴う返還金障害者地域生活支援事業費移動支援事業費等にかかる追加所要額障害自立支援事業平成24年度国庫負担金精算に伴う返還金人権施策推進総務費豊田共同浴場指定管理料追加所要額児童保護運営費子ども子育て支援制度にかかるシステム改修委託料及び私立保育所

桜井市議会 2013-03-01 平成25年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2013年03月01日

障害自立支援事業におきましては、平成25年4月から奈良県より権限移譲される事業であり、身体に障がいのある18歳未満の児童で、手術等の治療により身体上の障がいが軽くなり、日常生活が容易にできるようになる場合に、医療費を公費により負担する制度育成医療費にかかる所要額を計上しております。  

桜井市議会 2012-12-07 平成24年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2012年12月07日

次に、民生費関係では、身体障害者福祉費におきまして重度心身障害者手当及び福祉タクシー扶助精神障害者福祉費におきましては精神障害者医療費助成障害者地域生活支援事業費におきましては日常生活用具給付障害自立支援事業におきましては自立支援医療費及び介護給付費等追加所要額人権施策推進総務費におきましては大福共同浴場及び豊田共同浴場燃料費高騰等による指定管理料追加所要額児童福祉総務費におきましては

桜井市議会 2012-03-02 平成24年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2012年03月02日

障害自立支援事業では、自立支援医療補装具交付介護給付等扶助費を計上しております。介護給付につきましては、利用者が年々増加していることから予算を増額しております。引き続き、障害者地域で安心して暮せる社会の実現に努めてまいります。  ふれあいセンター費では、新たにふれあいセンター指定管理料を計上しております。

  • 1
  • 2