109件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桜井市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月10日

少子化社会を迎え、結婚、妊娠、出産、子育ての各段階に応じた、必要とする全ての家庭が利用できる支援を目指し、子ども年齢や、親の就労状況などに応じた多様な支援、教育子育て支援の選択肢もふやし、切れ目のない取り組みを行うことで、子育てをする人のさまざまな悩みや不安を少しでも取り除き、安心して子育てできるよう支援していくことが求められます。  

生駒市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年06月28日

夫婦の姓を同姓にしなければ結婚できない現行制度は、夫婦のどちらかが自分が大切に思う氏を捨てなければいけないというアイデンティティーの喪失という点で問題があり、それは通称使用によって解決できるものではありません。  また、日本人外国人結婚離婚する場合は夫婦別姓が選べるのに、日本人同士だと選べない。海外結婚して夫婦別姓でも、日本では夫婦とみなされない。

生駒市議会 2019-06-21 令和元年第3回定例会 企画総務委員会 本文 開催日:2019年06月21日

一方、2018年の生駒市人権に関する市民意識調査では、「結婚すれば妻は夫の姓を名のるのが自然だ」に対し、そう思う・どちらかと言えばそう思うと答えた市民は64.2%にも及んでいる。また、前述の世論調査では、夫婦の姓が違うと子どもに何か影響が出てくると思うかの質問に対し、62.6%が、好ましくない影響があると思うと回答しており、夫婦別姓制度の導入には様々な意見や社会的な影響があると推測される。  

広陵町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第4号 6月17日)

昨今、結婚、出産年齢が上がり、子育てをしながら親の介護をしなければならない。また、ひとり親世帯もふえ、仕事をしながらの介護をしなければならないなど、介護サービスを利用する方がふえてきました。私自身も父の手術、入院のため、付き添いと父のかわりの仕事をしなければいけなくなりました。また私自身2人姉妹ですが、妹は結婚、出産の年齢が遅かったため、現在、幼児2人の子育て中です。

生駒市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年06月13日

人生100年時代を見据え、定年まで働いた後、余生を楽しむベッドタウンのまちから脱却をいたしまして、結婚、出産、退職など人生のステージごとに自分らしい生き方を実現できる「DiverCity(多様性があり住みたくなる、それぞれの市民が個々の思いや力を生かして輝けるまち)」へと進化をさせていきたいと思います。  

生駒市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会 予算委員会(市民文教分科会) 本文 開催日:2019年03月13日

ただ、もう一つ言えますのは、市外にある認可外保育施設、そこへ連れていっておられる方も、市の方では把握できておりませんし、以前、私が桜井の虐待事象があって調べたときにも、そのときは70件ぐらい分からなかって、私が一つずつ当たりましたけども、その中ではやはり海外にご両親が赴任していて住民票は置いてあるという方とか、国際化で外国人結婚されてて、たまたま今はお母さんの里の方の国に行ってますとか、元々幼稚園

桜井市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年03月12日

近年、急速な少子高齢化進行している中、核家族化、女性の社会進出の増加、勤労形態の多様化、地域社会のつながりの希薄化などにより、子育てに不安や孤独感を覚える家族の増加、結婚や子どもを産み育てることに対する意識の変容など、子どもや家庭を取り巻く環境が大きく変化してきております。  

橿原市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第1号)〔行政経過報告〕

(所管:世界遺産文化資産活用課) [市民活動部] 1 1月27日に、ミグランスにおいて、カラーコンサルタントの林由恵(はやし よしえ)氏を講師として迎え、結婚応援セミナー「自分に似合う色・ファッションを知る」を開催し、独身者、カラーコーディネートに関心のある方等43名が参加されました。

広陵町議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第3号12月11日)

未婚で年収200万円未満の若者へのアンケートでは、約7割が結婚に消極的、悲観的な回答が多い。こういう若者へ低家賃の空き家の提供や初期費用への支援があれば、状況が大きく変わるのではないかと思いますが、町としていかがでしょう。 ○議長(堀川季延君) 中川理事! ○理事中川 保君) 失礼します。  公営住宅化という方向での御質問と捉えて御回答させていただきます。  

橿原市議会 2018-12-01 平成30年12月定例会(第1号)〔行政経過報告〕

(所管:産業振興課) [市民活動部] 1 10月13日に、かしはら万葉ホールにおいて、佐竹美和(さたけ みわ)氏を講師として迎え、結婚応援セミナー「親のための婚活入門」を開催しました。独身者の親を中心とした47名が参加し、親が子どもの結婚に関与する必要性を学びました。また、セミナー終了後に結婚に関する個別相談コーナーを設け、希望者からの相談を受けました。