97件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

生駒市議会 2019-12-09 令和元年第6回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年12月09日

同社については、環境省の外郭団体である一般社団法人炭素社会創出促進協会に提出した補助金申請書類の中の経費内訳に係る見積書を徴取したのが同社であったことから、既に事業者として、事実上、内定しているのではないかとの疑いを払拭できず、予算委員会でも、短期間の募集期間で他の事業者が参入することが難しいことや公平性を担保できないことを指摘いたしましたが、懸念したとおり、応募した2者のうち1者は参加資格を満

生駒市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年12月06日

生駒市は循環型社会、低炭素社会構築による持続可能な社会実現に向けて、平成23年度から10年間でごみ焼却量を半減するという目的を設定し、平成23年5月に生駒一般廃棄物ごみ処理基本計画ごみ半減プラン策定いたしました。平成26年3月に国の環境モデル都市に選定され、本年7月にはSDGs未来都市にも選定されました。

天理市議会 2019-06-01 06月24日-03号

また、原田環境相は、今世紀半のできるだけ早期に脱炭素社会すなわち二酸化炭素実質排出ゼロの実現を目指し、イノベーションの促進に取り組むと述べました。 それらのことから、具体的なことに取り組むところも出てまいりました。たとえば、東京都は都内の公立小中学校の給食で使うプラスチック製のストローを削減することにしました。

生駒市議会 2018-12-13 平成30年第8回定例会 企画総務委員会 本文 開催日:2018年12月13日

計画策定の趣旨でございますが、本計画は、脱炭素社会への移行や循環型社会形成など、環境面での近年の課題に対応することを目指しますとともに、国の第5次環境基本計画にも示されておりますSDGsの考え方も活用し、本市における環境・経済・社会のそれぞれの課題に統合的に対応することを目指して策定をするものでございます。  

橿原市議会 2018-07-10 平成30年厚生常任委員会 本文 開催日: 2018-07-10

評価項目は、業務実施体制運転管理業務にかかる計画維持管理業務にかかる計画リスクへの対応能力、財務的な安定性、低炭素社会形成に向けた貢献地域への配慮、その他の8項目となります。各項目評価視点ごと参加資格事業者から技術提案を受け、事業者選定委員会において提案内容プレゼンテーション及びヒアリングを踏まえ、AからEまでの5段階評価により非価格要素点を算出することになります。  

橿原市議会 2018-07-10 平成30年厚生常任委員会 本文 開催日: 2018-07-10

評価項目は、業務実施体制運転管理業務にかかる計画維持管理業務にかかる計画リスクへの対応能力、財務的な安定性、低炭素社会形成に向けた貢献地域への配慮、その他の8項目となります。各項目評価視点ごと参加資格事業者から技術提案を受け、事業者選定委員会において提案内容プレゼンテーション及びヒアリングを踏まえ、AからEまでの5段階評価により非価格要素点を算出することになります。  

奈良市議会 2018-06-14 06月14日-02号

炭素社会実現に向けては世界基準ができつつあります。行政としても国の後追いをするのではなく、市民とつくる奈良市政の中で、きちんとした奈良市の姿勢を、本市みずからが見せていただきますよう意見をしておきます。 次に、クリーンセンター建設計画について数点お伺いいたします。 クリーンセンター建設計画については、我が会派では、かねてから一刻の猶予もないことを指摘させていただいております。

生駒市議会 2017-09-19 平成29年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年09月19日

2)の市民自らが比較的容易にできる取組啓発についてどうなっているのかでございますが、政府が国を挙げて取組を進めます低炭素社会実現に向けた社会運動であるクールチョイスについて、本市も賛同し、我慢する省エネだけではなく、無理なく楽しみながら取り組むことのできる快適な省エネ活動啓発を実施しているところでございます。  

橿原市議会 2016-09-14 平成28年決算特別委員会(平成27年度決算) 本文 開催日: 2016-09-14

だから、これを新規事業でこのまま、先ほど言われたように、低炭素社会というものを考えたときの1つ手段という理念はわかります。理念はわかるけど、使っていただけなければ、ただ単に宣伝だけの問題じゃなしに、やはり定着しないということになってくると、そこのところ、細かな検証というのは絶対必要やと思うんですよ、新規事業だけに。だから、その点をもう少し詳しく検討していただきたいと思います。

橿原市議会 2016-09-14 平成28年決算特別委員会(平成27年度決算) 本文 開催日: 2016-09-14

だから、これを新規事業でこのまま、先ほど言われたように、低炭素社会というものを考えたときの1つ手段という理念はわかります。理念はわかるけど、使っていただけなければ、ただ単に宣伝だけの問題じゃなしに、やはり定着しないということになってくると、そこのところ、細かな検証というのは絶対必要やと思うんですよ、新規事業だけに。だから、その点をもう少し詳しく検討していただきたいと思います。

生駒市議会 2016-03-08 平成28年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2016年03月08日

最後になりますけれども、特に本市は、低炭素社会実現に向けて高い目標を掲げて先駆的な取組にチャレンジする大都市近郊型の住宅都市としては全国で初めて環境モデル都市に選定されました。また、日本一住みやすい生駒をスローガンに掲げており、人と環境にやさしい生駒として、誰からも誇りに思われるまちの発展を目指して取り組んでいただきたいというふうに強く思います。

橿原市議会 2016-03-01 平成28年3月定例会(第5号) 本文

現在、超小型モビリティの「MICHIMO」は、低炭素社会実現に寄与する交通手段として、また、観光対策としても導入されていますが、これとは別に、トヨタ自動車も、当然ながら、自動運転車開発と相まって、高齢者対策公共交通への可能性を模索されているようです。バス路線だけではなく、「MICHIMO」のデータを十分蓄積されることを期待します。

橿原市議会 2016-03-01 平成28年3月定例会(第5号) 本文

現在、超小型モビリティの「MICHIMO」は、低炭素社会実現に寄与する交通手段として、また、観光対策としても導入されていますが、これとは別に、トヨタ自動車も、当然ながら、自動運転車開発と相まって、高齢者対策公共交通への可能性を模索されているようです。バス路線だけではなく、「MICHIMO」のデータを十分蓄積されることを期待します。

橿原市議会 2016-03-01 平成28年3月定例会(第5号) 本文

現在、超小型モビリティの「MICHIMO」は、低炭素社会実現に寄与する交通手段として、また、観光対策としても導入されていますが、これとは別に、トヨタ自動車も、当然ながら、自動運転車開発と相まって、高齢者対策公共交通への可能性を模索されているようです。バス路線だけではなく、「MICHIMO」のデータを十分蓄積されることを期待します。

橿原市議会 2015-12-01 平成27年12月定例会(第2号) 本文

これは、たしか前にちょっと言ったと思っておりますけれども、新たに建て直すのか、はたまたファシリティマネジメント観点から申しましても、リノベーションを行いまして、使えるものは補修して使いたいという意見もありますので、環境に優しい低炭素社会にも寄与していくということも検討材料であるということでございますので、本当に新しく建て直すのか、リノベーションをしてこの施設をもう一度使い直すのかということについては

生駒市議会 2015-10-02 平成27年第4回定例会 決算審査特別委員会(環境文教分科会) 本文 開催日:2015年10月02日

また、環境モデル都市としての具体的な取組数値目標を定めた環境モデル都市アクションプラン策定するとともに、事業化検討調査を実施し、また、低炭素社会実現に向け、電気自動車普及促進のためのインフラ整備として電気自動車用急速充電設備市内公共施設5カ所に整備いたしました。  

香芝市議会 2015-06-24 06月24日-03号

その概要を大まかに述べると、街路灯などのLED照明のリプレースによる低炭素社会促進される。リースの活用により経済的なLED導入が図れるが、15万人未満の小規模自治体には具体的な設計ノウハウや知識を持った人員が不足している。専門業者に外注するための経費を支援することによりLED導入を図る、というふうな内容でした。

生駒市議会 2015-06-12 平成27年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2015年06月12日

平成23年度には、循環型社会、低炭素社会構築による維持可能な社会実現に向け、10年間で焼却ごみを半減することを目的としたごみ半減プラン生駒一般廃棄物ごみ処理基本計画策定されました。ごみ半減プランは、ごみ半減実現するため、7つの重点施策に取り組むこととしており、家庭系ごみ有料化導入は、その重点施策の一つと位置付けられております。