101件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桜井市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年03月12日

7月に行われましたナラ・シェイクアウト、奈良県いっせい地震行動訓練では、本市の全職員安全確保行動を行う訓練とあわせて、職員避難訓練、臨時災害対策本部設置訓練を行い、自衛隊派遣要請要求訓練など、これは市町村の先頭に立って行っていると思っていますが、奈良県と連携した訓練を実施いたしました。  

王寺町議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会-12月14日−03号

次に、案件2として、王寺町内において地震水害等の大規模災害が発生した場合、町災害対策本部と連携し、町の災害対策を側面から支援するための王寺町議会災害対策支援会議要領(案)について協議を行っております。  内容につきましては、前回の委員会におきまして審議していただいた内容や提案していただいた名称等を反映し、王寺町議会災害対応支援室設置要領(案)に改めております。  

王寺町議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会-12月06日−01号

夕刻から10月1日にかけて近畿地方に最接近しました台風24号への対応といたしまして、午前10時に自治会長の皆さんに災害時の避難行動要支援者名簿を配布させていただいた後、正午に災害対策本部を設置するとともに王寺町全域に「避難準備・高齢者避難開始」を発令させていただきました。幸いにして大きな災害には至りませんでした。翌朝の午前7時30分に発令の解除及び本部の解散をしたところでございます。  

橿原市議会 2018-11-01 平成30年市庁舎建設及び八木駅周辺整備事業等に関する特別委員会 本文 開催日: 2018-11-01

ただ、その部屋になりますけど、本来災害対策本部を設ける場合におきますと、災害対策本部の部屋が1つ、それと災害対策本部の会議室、そしてまた災害対策本部長室、関係機関の方の部屋も要ります。それでまた、活動要員の仮眠室等々が必要になってくるということになりますと、今の分庁舎の機能はあくまで仮の本部、機能ということで考えております。

広陵町議会 2018-10-11 平成30年第3回臨時会(第1号10月11日)

こちらにつきましては、台風、大雨等により災害の発生が予想される際、また災害が発生した場合は、警戒体制や災害対策本部の動員を行っておりますけれども、今年度は警報の発令や台風の接近が多く、職員手当予算に不足を生じておりますので、追加補正させていただくものでございます。  次に、9款災害復旧費、台風災害復旧費ですが、主に9月の台風21号により被害を受けた復旧費となります。  

桜井市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年09月27日

2款、総務費につきましては、災害対策本部整備委託料における大型モニターや防災システムはどのように活用されているのか。  昨年7月よりコンビニエンスストアで証明交付サービス開始されたが、窓口業務の低減や市民の利便性は図れているか。  防災計画による災害時の想定避難者数から推計すると、指定避難場所が少ないと考えるが、どうか。  賞味期限のあるアルファ米や乾パンなどはどうしているのか。

桜井市議会 2018-09-18 平成30年決算特別委員会 本文 開催日:2018年09月18日

次の質問に入りますけども、次は災害対策本部警備委託料で5,000万近いお金を出されて、大型モニターの防災システム等を導入されているんですけども、これは実際どのように活用されているのか、それとまた、新庁舎ができた場合、このシステムをどのように考えておられるのか、そのあたりをお伺いいたします。

桜井市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月11日

一方、台風接近の場合においては、さきに述べました基準に加えて、気象台から発表される台風情報をもとに、台風が接近する前に事前検討会議において検討して、災害対策本部を設置して、避難準備・高齢者避難開始情報を前もって発表し、できる限り明るい安全な時間帯に避難行動をとっていただけるようお知らせしているところであります。  

橿原市議会 2018-07-27 平成30年市庁舎建設及び八木駅周辺整備事業等に関する特別委員会 本文 開催日: 2018-07-27

この1万170平方メートルに表1.6に示す平成22年総務省基準に含まれていないと思われる災害対策本部関係、受援窓口スペース、備蓄倉庫ハローワーク記者クラブなどの合計面積1,700平方メートルを加えまして、新本庁舎に必要な面積は1万1,870平方メートルとなります。  結果につきましては、ほぼ同じ値であることから、平成30年総務省基準で算定することは妥当であると考えています。  

王寺町議会 2018-06-27 平成30年  6月 議会改革特別委員会-06月27日−01号

あくまでもやはり町が立ち上げる災害対策本部と並行しながら立てていきたいなというところがあります。  あと、今の会議の組織第4条につきましては、これで一応今回固めておこうということで、あとの分につきましては、ちょっとまた見ておいてください。次回また皆さん、意見お聞きしますので。  小山委員。 ◆(小山委員) 3番、小山です。  

桜井市議会 2018-03-27 平成30年新庁舎建設特別委員会 本文 開催日:2018年03月27日

廊下より東側に右から、市長室、応接室、秘書課、副市長室、応接室、理事室、人事課、行政経営課、危機管理課、災害対策本部室、政策会議室、廊下の西側には左から、記者クラブ、会議室、選挙管理委員会総務課、財政課、相談室、電話交換室、更衣室、トイレ、エレベーター室を配置しています。  次は4階です。図面の一番下側にY1~Y9の記号がありますが、Y3から右側が議会エリアになります。

桜井市議会 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年03月12日

また、ハード面におきましても、他の市町村では防災行政無線などを整備し、災害対策本部からの情報を一斉に伝達できるような体制をとっている市町村が多いようであります。桜井市においては、そのような設備もないわけであります。スマートフォン携帯電話を持たない高齢者を初め、避難行動要支援者とその支援者に対し、迅速かつ確実に情報伝達を行うための何らかのハード面の整備を行う必要があると考えます。  

広陵町議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第1号 3月 6日)

震災後、議員議会の一員であり、地域のリーダーでもあるため、そのため市民から避難所における要望を災害対策本部に伝達することが期待されていたが、今回は被災状況を地域に伝達するという役割に徹した。情報網が麻痺状態だったため、全体像を伝達する議員の役割は大きかったが、要望を伝えてもらえないという理由で、市民からの批判があり、そのため体調を崩した議員もいた。

桜井市議会 2018-03-05 平成30年新庁舎建設特別委員会 本文 開催日:2018年03月05日

防災性能では、災害対策本部機能や庁舎機能、維持のためのバックアップ機能の整備方針。そしてまた、環境設備性能、セキュリティー性能の整備方針をまとめております。  5の新庁舎規模では、新庁舎の規模は、市町村役場機能緊急保全事業の起債対象の上限面積8300m2までの範囲内で検討することといたしました。そして、駐車場規模につきましては、現状の規模と同規模の120台程度で検討することとしております。

王寺町議会 2017-12-15 平成29年 12月 定例会-12月15日−03号

内容につきましては、本町災害対策本部と連携し、町の災害対策を側面から支援し、町民の安全確保と早期の復旧復興に資するために必要な事項を定めるものであります。  この件については、今後、検討を重ね、理事者との協議を経て策定していくこととし、当委員会の検討項目に追加されております。  以上、議会改革特別委員会の委員長報告とさせていただきます。

王寺町議会 2017-12-13 平成29年 12月 議会改革特別委員会-12月13日−01号

が、王寺町災害対策本部(以下「対策本部」という。)と連携し、議員の適切かつ迅速な対応により、町の災害対策を側面から支援し、町民の安全の確保と早期の復旧、復興に資するため、必要な事項を定めるものとする。  定義。第2条、この要領において「大規模災害」とは、災害救助法昭和22年法律第118号)の適用を受ける災害をいう。  町議会災害対応支援会議の設置。第3条、王寺町議会議長(以下「議長」という。)

桜井市議会 2017-12-13 平成29年新庁舎建設特別委員会 本文 開催日:2017年12月13日

次に24・25ページでは、防災性能として、災害対策本部機能の整備と災害時の庁舎機能維持のためのバックアップ機能の整備方針をまとめています。26ページでは環境設備性能、27ページではセキュリティ性能の考え方を整理しています。28ページでは、木材利用に関する基本的な方針をまとめています。

広陵町議会 2017-12-13 平成29年第4回定例会(第2号12月13日)

危機管理監(林田哲男君) 避難所を支援するというのは、まず職員のほうが避難所へ赴いて、役場災害対策本部避難者との連絡係になるかなと思います。そういった係を担う役目は生活部に、生活班として、地域防災計画には定めさせていただいているところでございます。ただ、限られた職員で運営というか、災害対策をしていかなければなりませんので、その全ての避難所、大、中、小と出てくるかとは思います。

桜井市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年12月11日

そのため、消防団長以下団本部において消防団員の参集をしていただいておりましたので、先ほど議員お述べいただきましたように、急遽災害対策本部より消防団に対し協力を要請し、夜中ではありましたが、800袋の土のうを作成、配達をしていただきました。  その結果、今回の台風では床下浸水が少なく、桜井市消防団には大変感謝をしているところであります。