190件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

橿原市議会 2020-03-05 令和2年厚生常任委員会 本文 開催日: 2020-03-05

本市では、従来からの取り組みに加え、地域関係機関や団体との連携をも含めた取り組みとして自殺対策を発展させ、生きることの包括的な支援として取り組むため、計画期間を10年とし、自殺死亡を今後10年で30%以上減少させることを目標とした橿原自殺対策計画を策定いたします。  橿原市の自殺の状況についてごらんください。

天理市議会 2020-03-01 03月17日-04号

人口十万人当たりの自殺者数自殺死亡も十五・八人で、過去最少だったそうであります。政府や自治体は地域の実情に応じた取り組みを重視し、悩み相談窓口の拡充などに力を注いでまいりました。ピークだった二〇〇三年の三万四千四百二十七人から着実に減少しております。それでもなお自ら命を絶つ人の何と多いことか。一人が命を断てば、悲嘆に暮れ、受け入れがたい不条理と向き合う遺族がいます。

広陵町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第4号12月16日)

カナダでは、60歳以上の3,575人を12年間追跡した調査結果では、難聴であることが、後の死亡増加につながることが報告されています。聴力の低下脳機能低下アルツハイマー発症率の上昇が関係していて、鬱の発症率増加につながるとも言われています。聞こえないことで、人とのかかわりを敬遠するようになり、家にひきこもり、日常の活動が低下し、鬱や認知症を引き起こしてしまうのです。

香芝市議会 2019-12-12 12月12日-02号

やはり肺炎死亡っていうのは非常に高くて、たしか3位前後になっていると思います。そのあたりも加味しまして、先ほどお話いただきましたけれども、やはり差が出てきておるということも加味しながら接種率向上に向けて今後もお願いしたいと思います。よろしくお願いをいたします。 それでは次、行かせていただきます。 

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

全国的な統計では肺炎による死亡は減少してきていますが、平成29年に死因分類が変更されており、それ以前の統計と比較できないことから、今後の年ごと推移を注視してまいりたいと思っております。  さらに、経過措置延長後の今年度の未接種者接種人数ですが、経過措置年齢に当たる方は、11月末現在55名接種しておられます。なお、65歳に到達された方は196名であり、23.9%の方が接種されています。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

全国的な統計では肺炎による死亡は減少してきていますが、平成29年に死因分類が変更されており、それ以前の統計と比較できないことから、今後の年ごと推移を注視してまいりたいと思っております。  さらに、経過措置延長後の今年度の未接種者接種人数ですが、経過措置年齢に当たる方は、11月末現在55名接種しておられます。なお、65歳に到達された方は196名であり、23.9%の方が接種されています。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

全国的な統計では肺炎による死亡は減少してきていますが、平成29年に死因分類が変更されており、それ以前の統計と比較できないことから、今後の年ごと推移を注視してまいりたいと思っております。  さらに、経過措置延長後の今年度の未接種者接種人数ですが、経過措置年齢に当たる方は、11月末現在55名接種しておられます。なお、65歳に到達された方は196名であり、23.9%の方が接種されています。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

全国的な統計では肺炎による死亡は減少してきていますが、平成29年に死因分類が変更されており、それ以前の統計と比較できないことから、今後の年ごと推移を注視してまいりたいと思っております。  さらに、経過措置延長後の今年度の未接種者接種人数ですが、経過措置年齢に当たる方は、11月末現在55名接種しておられます。なお、65歳に到達された方は196名であり、23.9%の方が接種されています。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

全国的な統計では肺炎による死亡は減少してきていますが、平成29年に死因分類が変更されており、それ以前の統計と比較できないことから、今後の年ごと推移を注視してまいりたいと思っております。  さらに、経過措置延長後の今年度の未接種者接種人数ですが、経過措置年齢に当たる方は、11月末現在55名接種しておられます。なお、65歳に到達された方は196名であり、23.9%の方が接種されています。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

全国的な統計では肺炎による死亡は減少してきていますが、平成29年に死因分類が変更されており、それ以前の統計と比較できないことから、今後の年ごと推移を注視してまいりたいと思っております。  さらに、経過措置延長後の今年度の未接種者接種人数ですが、経過措置年齢に当たる方は、11月末現在55名接種しておられます。なお、65歳に到達された方は196名であり、23.9%の方が接種されています。  

橿原市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第2号) 本文

これらの国々は、教育が不十分で、避妊知識が浸透していないであったりとか、子ども労働力として考えているであったりとか、子ども死亡が高くて、子孫を残す可能性を上げるために子どもを多く産むといったネガティブな要因出生率が高くなっているだけで、子どもを産み育てる政策が充実しているからではありません。  

橿原市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第2号) 本文

これらの国々は、教育が不十分で、避妊知識が浸透していないであったりとか、子ども労働力として考えているであったりとか、子ども死亡が高くて、子孫を残す可能性を上げるために子どもを多く産むといったネガティブな要因出生率が高くなっているだけで、子どもを産み育てる政策が充実しているからではありません。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

全国的な統計では肺炎による死亡は減少してきていますが、平成29年に死因分類が変更されており、それ以前の統計と比較できないことから、今後の年ごと推移を注視してまいりたいと思っております。  さらに、経過措置延長後の今年度の未接種者接種人数ですが、経過措置年齢に当たる方は、11月末現在55名接種しておられます。なお、65歳に到達された方は196名であり、23.9%の方が接種されています。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

全国的な統計では肺炎による死亡は減少してきていますが、平成29年に死因分類が変更されており、それ以前の統計と比較できないことから、今後の年ごと推移を注視してまいりたいと思っております。  さらに、経過措置延長後の今年度の未接種者接種人数ですが、経過措置年齢に当たる方は、11月末現在55名接種しておられます。なお、65歳に到達された方は196名であり、23.9%の方が接種されています。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

全国的な統計では肺炎による死亡は減少してきていますが、平成29年に死因分類が変更されており、それ以前の統計と比較できないことから、今後の年ごと推移を注視してまいりたいと思っております。  さらに、経過措置延長後の今年度の未接種者接種人数ですが、経過措置年齢に当たる方は、11月末現在55名接種しておられます。なお、65歳に到達された方は196名であり、23.9%の方が接種されています。  

王寺町議会 2019-09-11 09月11日-02号

阪神・淡路大震災、1995年でございましたが、この死者の半数が65歳以上、2011年の東日本大震災は6割が65歳以上ということで、障害者死亡健常者の2倍という調査もあります。防災と福祉の連携と同時に、日常的に接する介護保険ケアマネジャーなどが個別計画に加わることで、この個別支援計画の進捗も早まることだというふうに思いますし、また、効果的に避難もできるものだというふうに思います。 

桜井市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月10日

予防接種の行われる病気は、そのほとんどは感染力が強く、一度発症すると有効な治療法がなかったり、あるいは、死亡が高かったり、後遺症を残す頻度が高いなど、重篤な疾患が多く含まれています。予防接種は、それを受けることによって、それらの被害を避けることができます。  

生駒市議会 2019-09-05 令和元年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月05日

死亡を下げるというふうなことで、公共政策的にやるということで、指針に基づいて5がんをやっているわけでございますけれども、先ほども死亡というところで、がん死亡者数が引き続き3割ぐらいで推移をするということでございますので、5がん以外のほか、お話のありましたそういう前立腺がんとかそういったものについても、自己管理のもと、早期発見早期治療につながるように、いろんな情報を提供していきたいというふうに

天理市議会 2019-09-01 09月17日-03号

肺炎高齢になるほど重症化しやすく、人口高齢化に伴い年々死亡増加しております。特に高齢者死亡が高い肺炎予防のための定期接種制度が二〇一四年十月から五年間行われました。 肺炎球菌ワクチン定期接種は、六十五歳以上の全人口をカバーする五年間の経過措置を設け、対象者は六十五歳から百歳までの五歳刻みの各年齢になる方で、生涯に一回だけ制度を利用した接種が可能ということでした。