4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

桜井市議会 2018-12-12 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月12日

奈良市に位置する平城宮跡や、あるいは、明日香村に位置する飛鳥地域では国営歴史公園として整備や活用がされております。現在、市としてはガイダンス施設については国や県の補助を受けて、市単独で整備を進める計画です。市長は去る9月定例議会での阪口議員の一般質問に対して、纒向遺跡は単に桜井市民の宝であるという存在ではなく、国の歴史の始まりとして国民全体の宝物である、このように考えていると当時答弁されました。

橿原市議会 2017-03-01 平成29年3月定例会(第1号)〔行政経過報告〕

これにちなんで、同じく昨年秋にオープンした、四神壁画で話題の国営飛鳥歴史公園キトラ古墳周辺地区をめざし、近鉄飛鳥駅を出発した約110名の参加者がボランティアガイドとともに飛鳥の地を歩きました。ゴールのキトラ古墳到着後は、幢幡についてのミニ講演もあり、構成資産のより深い魅力を参加者に伝えることができました。

桜井市議会 2016-09-08 平成28年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2016年09月08日

奈良市に位置する平城宮跡や明日香村に位置する飛鳥地域では、国営歴史公園として整備や活用がされているわけなんですけども、この纒向遺跡というのは、東西約2キロメートル、そして南北1.5キロメートル面積は300平方メートルに達する3世紀前半では他に類を見ない大規模な遺跡でもあり、初期大和政権発祥の地として古代国家形成の重要な遺跡でもあります。

奈良市議会 2012-06-29 06月29日-08号

議案第81号 財産の処分についてでございますが、本議会の初日に御提案申し上げました議案第74号 財産区有財産の処分について、さきに御議決をいただきましたことから、国営平城宮歴史公園整備に伴う財産の処分といたしまして、市が所有する周辺土地も含めた9,869.54平方メートル及び旧奈良市シルクロード博記念館、その他工作物などを近畿地方整備局国営飛鳥歴史公園事務所長大石智弘氏へ譲渡価格6億3795万2100

  • 1