196件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

橿原市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第1号)〔行政経過報告〕

ジャポニカ学習帳でおなじみの写真家山口進(やまぐち すすむ)氏の基調講演の後、万葉植物研究者昆虫研究者橿原市長石垣市長にも参加いただいたパネルディスカッションを行い、令和の元号の基となった歌に詠まれたフジバカマとそこに集まるチョウなどについてお話しいただき、90名の参加者万葉の自然や生き物の多様性について考えていただきました。

王寺町議会 2019-09-11 09月11日-02号

アクセス道路を整備したいということでの自然環境調査であったわけでありますけれども、その結果、やはり植物への影響が確認されております。一般車両の往来による環境への影響が危惧されるとともに、アクセス道路として新たに検討した、実は谷筋のほうでありますけれども、こちらのほうについては土砂の蓄積が維持管理面でもやっぱり避けられない、こういった報告がございました。 

橿原市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第1号)〔行政経過報告〕

所管文化振興課) 13 8月18日に、昆虫館において、「夏休み自由研究相談会 ~昆虫植物岩石名前調べ~」を開催しました。昆虫館友の会植物研究会協力のもと、子供たちが集めた標本などの名前を調べる手伝いや、質問に答えるなど、19名の参加者夏休み自由研究などに役立ててもらい、より一層自然科学に興味を持っていただきました。

生駒市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年06月14日

そのフェンスにつる性植物をはわせることで緑を確保しながら、さらに、安全性の確保、管理コストの削減、そして歩道スペースを確保できるという一石四鳥の取組をしています。こういった先進的な取組を参考にしていただいて、緑を確保しながら歩行者の安全を今後も守っていただけるようにお願いいたします。  

天理市議会 2019-06-01 06月24日-03号

そして、自然に分解される植物由来のプラスチックに切り替えるなど、家庭でできることには私たち十分注意をしていきたいというふうに思います。天理市の廃プラの情報も、何かの機会があれば、また市民に流していただいて、市民の関心も高まるような方法をとっていただければ、なお環境問題についても良くなるかなというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。 

桜井市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年03月04日

「亥」年とは、古代中国の「陰陽五行の思想」で、植物が成長して整っている様子、そして、植物生命力が種の中にある状態をあらわしており、そのことから「次のステージに向けての準備」という意味があります。私たちの桜井市は、平成26年に市内5カ所のエリアで、「まちづくりに関する連携協定」を県と締結しました。

橿原市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会(第1号)〔行政経過報告〕

所管スポーツ推進課) 11 8月5日に、昆虫館において、夏休み自由研究相談会昆虫植物岩石鉱物名前調べ」を実施しました。橿原昆虫館友の会、奈良植物研究会に所属する専門家に、来館者が持参した標本名前を調べていただきました。また、関連イベントとして橿原昆虫館友の会協力により、午前・午後の1回ずつ昆虫館の裏山でミニ観察会も行い、52名の参加がありました。

生駒市議会 2017-09-22 平成29年第4回定例会 都市建設委員会 本文 開催日:2017年09月22日

28 ◯惠比須幹夫委員 それでは、ちょっと具体な内容で想定されている部分を教えていただければと思うんですが、2ページのまちづくり方向性のところで、農業イノベーションの創出というのが下に記されているんですが、これは従来型の農業ではなくて、例えば植物工場とか、それだけで自立していけるような農業というのを想定されているんでしょうか。

生駒市議会 2017-06-19 平成29年第3回定例会 都市建設委員会 本文 開催日:2017年06月19日

また、周辺の生活環境保全への影響調査項目として、カーポート等の破損、門扉、植物の繁茂などの確認も行っております。  次の3ページをお願いします。  これは、今回の空き家実態調査の結果を小学校区別にまとめたものです。  まず、本市の空き家率ですが、表の一番下をご覧ください。  

御所市議会 2016-09-07 09月07日-11号

大きな大きな財産を失いかねない事態に来ておりますので、今は交付金申請した中で枠組みをしておりますけれども、それプラスアルファの動きをさせていただいて、とにかくスピード感を持って、これは植物のことですので、樹木医あるいは造園屋さんにも相談をかけながらしっかりと進めていきたいというふうに思っております。 ○議長(丸山和豪) 14番、小松久展君。

奈良市議会 2016-09-07 09月07日-02号

そのほか、掘削に伴う粉じんの防止や一部植物の移植に関することなどの指摘がございますが、環境保全をしっかりと図れるよう、必要な処置を講じてまいりたいと考えております。