196件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桜井市議会 2020-03-13 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2020年03月13日

この商店街活性化事業補助金につきましては、今、議員お述べのとおり、本町通りのソラほんまちフェスタ等々の事業費に充てさせていただいていますのと、実績としましては、令和元年度では今言いましたソラほんまちフェスタの実行委員会等につきまして10万円の執行をさせていただいておりますのと、また、もう1カ所、三輪の商店街の振興会があるわけですけれども、そちらにつきましても、令和元年度につきましては7万5,000円

広陵町議会 2020-03-11 令和 2年第1回定例会(第4号 3月11日)

医療保険制度を持続可能なものとするために、国民健康保険法の一部が改正され、平成30年4月1日からスケールメリットを生かせる県単位化での国保運営が既に始まっており、本町としても県から示される国民健康保険事業費納付金及び令和6年度から適用される県統一の保険税率に対応するため、持続可能な財政運営に重点を置き、被保険者の皆さんの負担に可能な限り配慮しながら税率を改正するものであります。  

桜井市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2020年03月10日

また、地元の本町通り商店街が秋に開催しておりますソラほんまちフェスタでは、ひみっこぱーくの利用者を本町通りへと回遊させるために、エルト桜井や本町通りを回遊するスタンプラリーを新たに始めていただきました。また、エルト桜井からスタートいたしまして、本町通りへ向かう太鼓の練り歩きなども企画していただいたところです。  

広陵町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第4号12月16日)

本年も、来年度以降には本町においても、箸尾準工業地の企業誘致、西小学校の増設、西校区認定こども園の新設、ごみ中継施設及びクリーンセンター跡地及び中央公民館の建てかえを含む各施設の統廃合の検討、事業が多数であります。そのうち、企業誘致事業及び関連する道路インフラ公共工事は、ともに本町の持続可能、今よく聞きますね。持続可能のための先行投資と私は認識をしております。

広陵町議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第2号12月11日)

そこで本町として私は、例えばですよ、もしも否決という状況になる可能性はないとは言えないから、そんなことも想定した中で本町もしっかりとどういう対応をしていくのか、そしてまた例えば安堵町と2町になる可能性もあるという、全て想定の形をまず考えていくべきだと思います。

桜井市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年12月10日

しかしながら、いまだできていないところが桜井市のど真ん中にあります本町通りを中心に大きな被害を受けられた地域がありましたものですから、市として何とか浸水地域を解消していかなければならんということで、今、担当部なりが、地域の皆さんあるいは地権者の皆さんと話し合いをしながら、今進めていただいておるわけでございまして、まず、下流から話を進めていかなきゃならんということでございますし、私の聞いている範囲では

広陵町議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第1号12月 5日)

損害賠償額は、33万9,015円で、内訳は相手方車両の損害額として修理費が30万8,867円で、本町過失割合9割といたしまして、27万7,980円を本町の負担としております。  次に、本件は物損事故となっておりますが、事故の衝撃もあったことから相手方が念のため病院で診察を受けられました。結果は、大丈夫とのことでしたが、診察費等といたしまして、6万1,035円となっております。

広陵町議会 2019-09-24 令和元年第3回定例会(第5号 9月24日)

広陵町下水道条例の改正につきましては、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備がなされたことから、本町下水道条例におきましても、成年後見人制度を利用する人の人権を尊重する環境を整えるため、これまで公共下水道使用する者の代理人の選定において、一律に代理人とすることができないとされていた者のうちから、成年被後見人及び被保佐人削除するものであり、また、破産法において、

桜井市議会 2019-09-18 令和元年決算特別委員会 本文 開催日:2019年09月18日

まず、人選を終わりまして、それから複数人多分いると思うんですけれども、本町通りがそれぐらいいてはりますので。その辺のメンバーも、コアのトップの方をまずひっ捕まえてきて、その人と協議しながら、複数の人数をそろえると。その後、資金繰りについても、桜井本町の手法、同じような手法を使って資金のほうも調達していきたいというふうに考えております。  

広陵町議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号 9月12日)

本町におきましては、放課後児童支援員の資格を有する指導員を35名雇用し、国の従うべき基準を上回る、1クラブ当たり3人から7人の人員を配置しており、補助員として2人から6人を配置しております。しかし、今後もますます放課後子ども育成教室の需要が高まることは予測され、適切な環境整備に努めるとともに、教育委員会が実施している放課後塾とのさらなる連携も行ってまいりたいと考えております。  

橿原市議会 2019-09-12 令和元年予算特別委員会(令和元年度補正予算) 本文 開催日: 2019-09-12

橿原市については、それが今回、この助成と、それから免除というゾーンを使うことによって、この4,000万を活用するという方法になったということで、他市も何らかの形で子育てには向けておるというふうに考えていますので、その点では、先日は田原本町さんでも新聞報道とか出ていたと思いますが、それぞれの考えの中でされているんだろうというふうに考えております。

広陵町議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第2号 9月10日)

そのため、本町といたしましては、自分の身を守るためドライブレコーダーを車両に装着する啓発活動等を強化してまいりたいと考えておりますが、本町での補助につきましては、今のところ考えておりません。  2番目の選挙管理委員会に対し、改善を求めるという御質問でございます。  先日の参議院議員通常選挙では、開票立会人として深夜まで従事いただき、御礼申し上げます。

広陵町議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第1号 9月 4日)

吉川氏におかれましては、教育分野で培われた豊富な知識と経験を生かして本町教育行政の発展と推進に貢献いただいたところであります。その御労苦に対して敬意を表するとともに、ここに深く感謝を申し上げる次第でございます。  後任として御提案させていただいております岡野聡子氏は、昭和54年3月28日のお生まれで、京都に在住でございます。

広陵町議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号 6月21日)

④の死亡者町内、喪主町外は、本町同様、12歳以上2万円、12歳未満1万円、死産児5,000円、⑤の死亡者町外、喪主町内は、④と同額の12歳以上2万円、12歳未満1万円、死産児5,000円となっております。⑥の基準は、死亡者、または喪主のいずれかが町民であるかどうか。ただし町外も利用可能となっております。  次に、式場の場合の広陵町営斎場でございます。  

広陵町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第4号 6月17日)

本町の場合は、亡くなられた方を基準とした条例制定になっているというところでございます。そういったところから今言った金額になっておりますので、静香苑の基準に合わせられるかどうかというところは、今後本町も検討していかなければならないのかなというふうには思います。  以上でございます。 ○議長(奥本隆一君) 吉村眞弓美議員! ○4番(吉村眞弓美君) 部長、違います。