69件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

御所市議会 2023-09-13 09月13日-14号

米田捷子氏は、平成元年日本赤十字社御所地区奉仕団委員長に就任されて以降平成29年までの間、通算12年の長きにわたり、社会福祉活動に尽力され、民生の安定に貢献されました。 西本忠彦氏は、昭和63年から保護司として現在も活動されており、また平成21年から御所地区保護司会会長に、令和元年から奈良保護司会会長に就任し、地域の福祉活動にご尽力されるなど、社会事業の進展に貢献されました。 

香芝市議会 2020-03-16 03月16日-02号

福祉健康部次長(平山訓徳) 日本赤十字社こちらのほうが市町村別ドナー登録者数を毎年3月末付けで把握しておられます。直近では平成31年3月末現在での人数となりますけれども、香芝市民骨髄ドナー登録者は284名となってございます。 以上でございます。 ○議長福岡憲宏) 筒井議員。 ◆4番(筒井寛) とすると、さらにそのなかで実際に骨髄提供した人の数となるとどれぐらいになるでしょうか。

橿原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

その中で、火災等については、福祉部福祉総務課)が担当しているわけなんですけども、福祉的な立場から橿原市小災害救助内規に基づいた見舞金及び弔慰金給与並びに生活必需品給与、そして、日本赤十字社奈良支部橿原地区としての布団等救援物資支給弔慰金支給による被災者支援を行っております。  

橿原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

その中で、火災等については、福祉部福祉総務課)が担当しているわけなんですけども、福祉的な立場から橿原市小災害救助内規に基づいた見舞金及び弔慰金給与並びに生活必需品給与、そして、日本赤十字社奈良支部橿原地区としての布団等救援物資支給弔慰金支給による被災者支援を行っております。  

橿原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第4号) 本文

その中で、火災等については、福祉部福祉総務課)が担当しているわけなんですけども、福祉的な立場から橿原市小災害救助内規に基づいた見舞金及び弔慰金給与並びに生活必需品給与、そして、日本赤十字社奈良支部橿原地区としての布団等救援物資支給弔慰金支給による被災者支援を行っております。  

広陵町議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第4号12月16日)

ここに新聞記事があるんですけれども、日本赤十字社医療センター長記事なんですけれども、ランドセルは、二本のベルトにより、体幹の中心に近い背中で二重を支えるなど、児童のかばんとしては合理的なものです。しかし、余りにも重過ぎる場合は注意が必要です。重いランドセルを長期間背負う影響について調べた論文は、残念ながら見当たりません。しかし医学的にリスクが高いことは避けるべきだというのが基本的な考えです。  

香芝市議会 2019-12-12 12月12日-02号

福祉健康部次長(平山訓徳) 日本赤十字社こちらのほうが市町村別ドナー登録者数を毎年3月末づけで把握しておられます。それによりますと、香芝市の方でドナー登録されている方でございますけれども、31年3月末現在で284人となっており、登録者増加傾向にあると伺っております。 以上でございます。 ○副議長上田井良二) 中山議員。 ◆8番(中山武彦) ありがとうございます。

桜井市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年12月10日

日本骨髄バンクによると、骨髄バンク事業日本骨髄バンク日本赤十字社及び都道府県等が設置する保健所の各機関で役割が決められており、ドナー募集のための普及啓発や広報は、日本骨髄バンク保健所が担い、ドナー登録の手続は都道府県等が設置する保健所が担っております。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

今後、県及び日本赤十字社連携をとりまして、ドナー登録推進に努めていきたいと考えております。  次に、ドナー登録者をふやす対策としての本市でのドナー休暇取り組みについてでございます。  大和高田市では平成5年度より、特別休暇として、提供者検査入院等のため必要な期間休暇規則により定められております。なお、過去の取得実績は現在1名というふうに聞いております。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

今後、県及び日本赤十字社連携をとりまして、ドナー登録推進に努めていきたいと考えております。  次に、ドナー登録者をふやす対策としての本市でのドナー休暇取り組みについてでございます。  大和高田市では平成5年度より、特別休暇として、提供者検査入院等のため必要な期間休暇規則により定められております。なお、過去の取得実績は現在1名というふうに聞いております。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

今後、県及び日本赤十字社連携をとりまして、ドナー登録推進に努めていきたいと考えております。  次に、ドナー登録者をふやす対策としての本市でのドナー休暇取り組みについてでございます。  大和高田市では平成5年度より、特別休暇として、提供者検査入院等のため必要な期間休暇規則により定められております。なお、過去の取得実績は現在1名というふうに聞いております。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

今後、県及び日本赤十字社連携をとりまして、ドナー登録推進に努めていきたいと考えております。  次に、ドナー登録者をふやす対策としての本市でのドナー休暇取り組みについてでございます。  大和高田市では平成5年度より、特別休暇として、提供者検査入院等のため必要な期間休暇規則により定められております。なお、過去の取得実績は現在1名というふうに聞いております。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

今後、県及び日本赤十字社連携をとりまして、ドナー登録推進に努めていきたいと考えております。  次に、ドナー登録者をふやす対策としての本市でのドナー休暇取り組みについてでございます。  大和高田市では平成5年度より、特別休暇として、提供者検査入院等のため必要な期間休暇規則により定められております。なお、過去の取得実績は現在1名というふうに聞いております。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

今後、県及び日本赤十字社連携をとりまして、ドナー登録推進に努めていきたいと考えております。  次に、ドナー登録者をふやす対策としての本市でのドナー休暇取り組みについてでございます。  大和高田市では平成5年度より、特別休暇として、提供者検査入院等のため必要な期間休暇規則により定められております。なお、過去の取得実績は現在1名というふうに聞いております。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

今後、県及び日本赤十字社連携をとりまして、ドナー登録推進に努めていきたいと考えております。  次に、ドナー登録者をふやす対策としての本市でのドナー休暇取り組みについてでございます。  大和高田市では平成5年度より、特別休暇として、提供者検査入院等のため必要な期間休暇規則により定められております。なお、過去の取得実績は現在1名というふうに聞いております。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

今後、県及び日本赤十字社連携をとりまして、ドナー登録推進に努めていきたいと考えております。  次に、ドナー登録者をふやす対策としての本市でのドナー休暇取り組みについてでございます。  大和高田市では平成5年度より、特別休暇として、提供者検査入院等のため必要な期間休暇規則により定められております。なお、過去の取得実績は現在1名というふうに聞いております。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

今後、県及び日本赤十字社連携をとりまして、ドナー登録推進に努めていきたいと考えております。  次に、ドナー登録者をふやす対策としての本市でのドナー休暇取り組みについてでございます。  大和高田市では平成5年度より、特別休暇として、提供者検査入院等のため必要な期間休暇規則により定められております。なお、過去の取得実績は現在1名というふうに聞いております。  

広陵町議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第1号 9月 4日)

改正内容ですが、表の中ほどを見ていただきますと、日本赤十字社所有血液事業用自動車取り扱いが変更となります。現状では、日赤所有血液事業用軽自動車登録は、本町では該当ございません。この取り扱いについて、平成29年の改正により、環境性能性割を非課税とした条項を削除し、減免とするもので減免の対象につきましては告示により定めることとなります。  施行期日につきましては、公布の日としております。  

大和郡山市議会 2017-09-21 09月21日-04号

続いて、消防費について、コンビニエンスストアへのAED設置状況と成果はに対し、日本赤十字社において共同入札により購入したAED公共施設に設置し、これまでリース契約により公共施設に設置していたAED市内コンビニエンスストア34店舗中18店舗に設置していただいております。使用されたという事例は聞いておりませんが、市民の安心につながっていると考えておりますとの答弁がありました。