1177件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

生駒市議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年03月25日

会議に先立ちまして、今期定例会で委嘱に同意いたしました生駒市政治倫理審査会委員を紹介し、挨拶を受けます。  生駒市政治倫理審査会委員として、景山良一さん、藤次芳枝さん、上崎哉さん。  以上3名を代表して、景山良一さんから挨拶を受けます。              

生駒市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第1号) 名簿 開催日:2019年03月05日

             開会宣告              諸般の報告              市長招集挨拶              開議宣告   日程第1       会期の決定   日程第2       会議録署名議員の指名   日程第3 報告第1号 市長専決処分の報告について(損害賠償の額の決定について)   日程第4 議案第25号 生駒市公平委員会委員の選任について   日程第5 議案第26号 生駒市政治倫理審査会委員

生駒市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会 目次 開催日:2019年03月05日

……………………………………11  〃         会議録署名議員の指名……………………………………………………11  〃   報告第1号 市長専決処分の報告について(損害賠償の額の決定            について)…………………………………………………………………11  〃   議案第25号 生駒市公平委員会委員の選任について…………………………………12  〃   議案第26号 生駒市政治倫理審査会委員

生駒市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年03月05日

~~~~~~~~~~~~~~~    議案第25号 生駒市公平委員会委員の選任について    原案どおり同意することに決定              ~~~~~~~~~~~~~~~   日程第5 議案第26号 生駒市政治倫理審査会委員の委嘱について 27 ◯中谷尚敬議長 日程第5、議案第

大和高田市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第3号) 本文

米軍基地に関しては、立場上、さまざまな見解があると思いますが、今回のこの知事会の提言は住民の暮らしを守る地方自治の立場から国に対して求めるべき内容を提起したものであり、政治的な立場を超えて、これは推進すべき問題であると考えます。  以上で賛成討論とします。

王寺町議会 2018-12-12 平成30年 12月 議会改革特別委員会-12月12日−01号

先ほど若い人はほとんどスマホで情報、例えば家に帰ってほとんどスマホでしょうね、で情報を得ていますので、本当に今若い人にどれだけ政治に関心を持ってもらうというか、そこが本当に鍵というかあれだなと思いますので。  王寺がインターネット中継始めたということになると、若い人がスマホで本当に見るきっかけになると思うんですね。

桜井市議会 2018-12-11 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月11日

人口減少の対策、これは、私は政治でしかできない。政治といいますのは、不合理な部分もあるとは思うんですけども、人口対策には本当に政治が必要であるというふうに思っております。  この日本、特に地方自治体、私らもそうなんですけども、どうしても行政のことを、また財政が悪いという中で、どうしても行政の中で政治をしているような感じがしております。

大和郡山市議会 2018-12-11 平成30年  産業厚生常任委員会-12月11日−06号

◆堀川委員 使用の制限の中身についてもさまざまなことが考えられるというように、条文の中にもうたわれているような中身であるが、このセンターを利用するのが宗教的な普及の活動が目的であるのか、また政治的活動が目的か、またそれに付随して今暴力団関係等の使用も考えられると思うので、行政に相談があった際には的確にアドバイスなり助言をして、使用の制限についても判断の助言、アドバイスをしていただきたいと考える。

王寺町議会 2018-12-10 平成30年 12月 総務文教常任委員会-12月10日−01号

政治は結果責任であります。今後も一段と厳しい財政状況が予測される中、景気経済を好循環のサイクルに乗せ、持続可能な社会を実現し、庶民の暮らしを守り抜くためにも本意見書に反対するものであります。以上です。 ○(嶋内委員長) 次に、原案に賛成の委員の発言を許可します。  幡野委員。 ◆(幡野委員) 11番、幡野です。  消費税増税中止を求める意見書につきましての賛成意見を申し述べます。  

大和郡山市議会 2018-11-12 平成30年  新庁舎建設特別委員会-11月12日−03号

市民の政治参加の姿勢を示すのが傍聴であって、姿を見せて傍聴しているということが市民の政治参加である。それを家でインターネットで見てくれたらいいというのは、それは発言としては許されるものではないと考えている。  インターネット中継で見てもらったらいいということは、小さい子供たちが大きく影響を受ける議案がこれから出てくる。

生駒市議会 2018-09-27 平成30年第6回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年09月27日

しかし、何万もの人間が一堂に会することは物理的に不可能であり、また8時間労働制のもとでは、一般市民は常時政治参画するのは時間的にも困難です。そこで、現在は間接民主主義が主で、直接民主主義が従となっていますが、労働生産性が向上していくこと等で労働時間が短縮され、午前中に働き、午後は自由に過ごせるというような時代になれば、間接民主主義と直接民主主義の比重は逆転することになります。

広陵町議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第5号 9月21日)

次に政治倫理条例について、平成9年12月議会で採択された条例であり、町長の提案でなく、議会が特別委員会を設け議員提出議案として処理したものであることを会議録によって確認した。平成9年12月8日広陵町政治倫理条例制定特別委員長報告(委員長は林田議員)、同年12月18日広陵町政治倫理条例の制定について(質疑応答・採決)。採決では反対者も出た。

大和郡山市議会 2018-09-20 平成30年  議会運営委員会-09月20日−19号

そういうことで、この丸谷としかずニュースの発行責任者である河内さんは傍聴に来られている姿を見たこともないし、インターネットの中で一般質問や市政を見て判断されているのか、政治家として経験のない人だからわからずに書いていると思う。しかし、これを見た人は信じる。なぜかというと、議長と僕らが丸谷議員の議会での発言を阻止したと。

生駒市議会 2018-09-13 平成30年議員定数に関する特別委員会 本文 開催日:2018年09月13日

207 ◯浜田佳資委員 吉波議員はアンケート政治でもやるつもりなんでしょうか。アンケートをとって、その数だけで判断する、つまり内容は判断しないということになるんでしょうかという話なんですよ。確かにパブリックコメントの割合でも削減してほしいというのが非常に多かったです。しかし、よく見ると、面白いことに、不満で削減すべきだというのが一番多いんですよね。

広陵町議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第4号 9月12日)

地域のソーシャルキャピタルが豊かなことによるメリットというのは、子供の教育成果の向上、近隣の治安の向上、地域経済の発展、地域活動の活性化、地域住民の健康状態の向上、政治参加、まちづくり参加の拡大、まさに広陵町の今の課題、目指すものがこのソーシャルキャピタルが豊かになることでメリットとして出てくるのではないかと、このメリットというのは、子育て世代のニーズとも合致しています。

橿原市議会 2018-09-12 平成30年決算特別委員会(平成29年度決算) 本文 開催日: 2018-09-12

267 ● 奥田寛委員 ほかのまちと共同する部分、共同しない部分、当然、出てくるということを踏まえた上で、ほかのまちの政治家の方も申し上げたことがあるんですが、これは何遍も言っていますように、モビリティが走り回っているときに、エリアの外に外れたら電話をかけて、そっちに行かんとってくださいと警告の電話を入れないとあかんので、GPSでずっとどこにいてはるのか

桜井市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月11日

地元選出の国会議員もおられますし、所属される会派を中心に、松井市長の政治力を生かしてお願いされるべき時期に来ているように感じます。微力ではありますが、私も一緒に動きますので、ぜひ国会議員による議員連盟を立ち上げていただけるよう、その働きかけを行うことについて、市長のお考えをお尋ねします。

大和高田市議会 2018-09-01 平成30年9月定例会(第3号) 本文

政治家や行政職員が受益者に働きかけて賄賂が流れる贈収賄事件となる政治腐敗は決して許してはならない。その意味において、いずれの場合にも証拠となる事実はなかったということであります。  地元業者への受注確保については、50年に1度、50億円の大型公共調達事業にもっと地元業者を使うべきということであります。

桜井市議会 2018-06-25 平成30年文教厚生委員会 本文 開催日:2018年06月25日

◯土家靖起委員 結果はどうなっていくかわかりませんが、月火水金の廃止ということになってきますと、市長の政治的な判断が甘かったんではないかという批判もでてくると思います。このへんをきちんと抑えていただかなければ、今後、いろんな行政に関しての諸議題もでてきますので、これをきちっとしていただきたいなという思いもしております。