578件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

奈良市議会 2022-12-04 12月04日-02号

このような社会を生きていくための力を育むために、数理科学科人文科学科を再編し、文系、理系に偏らない幅広い知識技能をしっかりと身につける教育を実施していく必要があるというふうに考えております。 具体的には、教科を融合したSTEAM教育や、自分で問いを立て、人と協働して探求し、答えを導き出すプロジェクト型の学びを行い、これからの社会に必要な探求する力を育ててまいりたいと考えております。 

御所市議会 2020-09-12 09月12日-13号

知財創造教育は、学習指導要領において育成を目指す資質・能力の3つの柱、1、生きて働く知識技能の習得、2、未知の状況にも対応できる思考力・判断力・表現力等の育成、3、学びを人生や社会に活かそうとする学びに向かう力・人間性等の涵養、これら3つの柱に対応しており、新たな指導内容を導入するものではありません。

奈良市議会 2020-06-13 06月13日-02号

◎市長(仲川元庸君) 御質問いただきました少年消防クラブでありますけれども、特に今危機管理監が答弁申し上げましたように、小・中学校子供たちが地域の防火・防災活動にかかわるということにつきましては、訓練、また講習などの体験を通して知識技能を身につける貴重な機会でもあるということで、将来の地域防災を担う人材育成の観点からも大変重要な意義を持っていると考えております。 

奈良市議会 2020-03-06 03月06日-04号

子供たちがこのような社会を生きていくために求められている教育は、単に知識技能を身につけるだけではなく、教科で学ぶことと、自分の身近な生活や社会における課題を主体的に見つけ、解決する学びが大切だとされており、小さい規模の学校では学年を超えた学習形態はできますが、同学年で行う場合は十分な学習効果が得られないというふうに考えております。 

奈良市議会 2020-03-05 03月05日-03号

現在実施しておりますサポーター養成講座を修了された方の活動につきましては、今後、居場所づくりの運営補助や定期的な研修会を受講していただいた上で、一定の技能が整えば、将来的にアウトリーチでの相談をお願いしていきたいと考えております。具体的な活動内容につきましては、ひきこもりサポーター養成講座修了後に受講者への意向調査を実施した上で調整してまいります。 以上でございます。

橿原市議会 2020-03-01 令和2年3月定例会(第5号) 本文

遊び技能も要求されます。  社会福祉の本質を理解し、専門職資格の養成教育においても最も重視される実習教育について、社会人間についても深い教育が不可欠になります。無論、実践の積み重ねと検証、研修の積み重ねが重要であることは言うまでもありません。何よりも子どもの理解を基礎とした理論的学習による専門性を結合させて、それぞれの局面で瞬間的な判断・対応ができる技能を日々要求される仕事であります。  

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

公共工事の平準化により、地元の労働者技術者技能者は年間を通して安定的に仕事ができ、計画的な休日取得なども可能になります。また、事業者の機材の稼働率向上により、重機等の保有も促進され、地域建設事業者の災害への即応能力も向上します。さらに、行政にとっても、発注職員等の事務作業が一時期に集中することを回避することができます。

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

公共工事の平準化により、地元の労働者技術者技能者は年間を通して安定的に仕事ができ、計画的な休日取得なども可能になります。また、事業者の機材の稼働率向上により、重機等の保有も促進され、地域建設事業者の災害への即応能力も向上します。さらに、行政にとっても、発注職員等の事務作業が一時期に集中することを回避することができます。

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

公共工事の平準化により、地元の労働者技術者技能者は年間を通して安定的に仕事ができ、計画的な休日取得なども可能になります。また、事業者の機材の稼働率向上により、重機等の保有も促進され、地域建設事業者の災害への即応能力も向上します。さらに、行政にとっても、発注職員等の事務作業が一時期に集中することを回避することができます。

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

公共工事の平準化により、地元の労働者技術者技能者は年間を通して安定的に仕事ができ、計画的な休日取得なども可能になります。また、事業者の機材の稼働率向上により、重機等の保有も促進され、地域建設事業者の災害への即応能力も向上します。さらに、行政にとっても、発注職員等の事務作業が一時期に集中することを回避することができます。