109件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

広陵町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第3号 3月 8日)

外国戦争をやらかそうなんていう動きになるから危なくてかなわんと。今まで親に対して、子供が親に対してお父さん自衛隊どうかしらと言ったら、日本戦争を放棄した国だから心配せんで自衛隊に行ったらええやんかというふうに言ってたのが、ちょっと最近危なくなってきたよということで集まらなくなっているんですって。そんな中でいろいろ議論がある中に本人の通報もしていない。

橿原市議会 2018-09-12 平成30年決算特別委員会(平成29年度決算) 本文 開催日: 2018-09-12

237 ● 企画政策課長 平和事業の取り組みということで、今、委員がお述べになりました平和首長会議メンバーシップ負担金であるとか、また「平和の折鶴」、広島市長崎市ですけれども、戦争で悲惨な被害があったんですが、夏休みの期間中に市内の図書館、ナビプラザのほうで「平和の折鶴」を折っていただいて、それを修学旅行で広島の平和記念公園に届けていただくとか、それから

広陵町議会 2017-12-14 平成29年第4回定例会(第3号12月14日)

その実現のために、手段というより、戦争と違うねんけど、やはりもう一つ厳しく戦略として、いつも戦略を考えていただきたいなと、こう思うわけでございます。大いにPRすることが活力ある元気なまち広陵づくりとなると私は思っております。よって、意義あるイベントをぜひ実施すべきです。

天理市議会 2017-12-06 平成29年 12月 第4回議会運営委員会-12月06日−04号

やっぱり自衛隊っちゅうもんは、戦争するべきもんではないけれど、私たちを守るという意味ではすごく大事なものでありますから、憲法にちゃんと自衛隊のことを書いて載せるべきだと。戦争する道具じゃないでしょう。自分たちの命を守るための自衛隊っちゅうことを、きちっと憲法に僕は載せるべきだと思います。だから、上程しません。 ○飯田和男委員長 創生。

広陵町議会 2017-09-22 平成29年第3回定例会(第4号 9月22日)

唯一の戦争被爆国の政府として、核兵器禁止・廃絶の実現に尽力することは、多くの国とNGOの願いではないだろうか。  よって、国においては、核兵器禁止条約参加し、法的拘束力を持つ核兵器禁止条約締結の実現に努力するよう強く要請するものである。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  平成29年9月22日、奈良県広陵町議会。  

桜井市議会 2017-09-21 平成29年産業建設委員会 本文 開催日:2017年09月21日

ベトナム戦争の時の。今、4世代にわたって、悲しいかな、サリドマイド児が生まれてきているんですよ。非常に遺伝子でも影響するような状態。そんな危険なもんなんですよ。それを現場の中の通学路まで懸念するねんやったら、そこらへんも環境アセスでしてきたのかどうか。お金のあるなしでやっているのか。必要性があるから、お金を無視してやっているのか。副市長。安全はお金ではないんですよ。

広陵町議会 2017-09-14 平成29年第3回定例会(第3号 9月14日)

現在、戦争のしていない平和日本だからこそ、平和のとうとさをかみしめながら、以下の質問をさせていただきます。  質問1番でございます。  箸尾駅から乗車の町民に王寺・田原本間の運賃の助成をということでございます。  青木さん、ぼけはったんちゃうんかな、電車賃ただにせよとはと言われるかもと思います。しかし、私が耳にした多数の住民の声なのです。住民はある意味では厚かましいと思われる要望をされます。

橿原市議会 2017-09-14 平成29年決算特別委員会(平成28年度決算) 本文 開催日: 2017-09-14

そのときに自然災害戦争とか、そういったものだけですよと言ったでしょう。覚えてはりますか。覚えてるでしょう。その部分だけのリスクですよ。だから、行政側から出したリスク分担表というのは10個ぐらいしかなかったです、表で。細かく書いてないじゃないですか。覚えてますか。  普通、これ契約書やったらこんな薄いもの違いますよと、これぐらいありますよと。

広陵町議会 2017-07-21 平成29年第2回定例会(第3号 7月21日)

ましてや1961年に人道に対する罪戦争犯罪責任などを問われた裁判(アイヒマン裁判)での彼の抗弁、「自分は命令に従っただけ」だという主張も全く知られていないもので、アイヒマンについては、小学校中学校はもとより、高校の歴史にも指導する対象にはなっておらず、ましてや道徳教科でこのような裁判における被告抗弁を取り扱うことはないと考えます。  

大和郡山市議会 2017-07-12 平成29年  6月 定例会(第2回)-07月12日−04号

核兵器廃絶を求める決議(案)  核兵器を廃絶し、戦争のない平和な世界を実現することは、唯一の被爆経験国である日本はもとより、人類共通の願いである。  しかしながら、今なお1万数千発の核兵器が現存するとされ、核実験を実施している国もあることから、人類は大きな脅威にさらされ続けている。また、民族宗教経済的利害の対立などにより、世界各地で武力行使が行われており、核兵器の拡散も懸念されている。  

天理市議会 2017-06-19 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月19日−03号

第二次世界大戦が終わって、二度とこのような戦争をしないためにも、多文化共生と、その共生のためのツールとして、外国語、特に英語を学ぶ必要があるというようなことで、その高い理念のもとにスウェーデンで始まったといわれております。現在、ヨーロッパでは英語は共通の言葉、ツールとして定着をしております。  その後、小学校での英語教育は、ヨーロッパから広く中近東、また、東アジアまで広がっております。

広陵町議会 2016-12-13 平成28年第4回定例会(第3号12月13日)

私としては、戦争のない平和な世界であってほしいと願ってやみません。  2番目、香芝市からの30年1億円の土地使用料の回収についてという御質問でございます。  御質問の1点目でございますが、広陵町と香芝市との相互連携に関する協定書に基づく公共施設の相互利用についての両市町における影響額を試算したものであります。

御所市議会 2016-12-08 平成28年 12月 定例会-12月08日−15号

第2次田中内閣では文部大臣鈴木善幸内閣では法務大臣、竹下 登内閣では国土庁長官を歴任、またその間、「派に頼らず、義を忘れず」をモットーに無派閥を貫き、90歳を迎えるまで衆議院議員を務められた中、特に官僚時代の終戦処理で味わった平和に対するこだわりはほかのどの政治家よりも強く、二度と戦争しないことの重大さ、平和のとうとさを訴え続けられたと聞き及んでおります。  

天理市議会 2016-09-20 平成28年  9月 第5回議会運営委員会-09月20日−05号

次に、荻原議員から、1、通話録音装置設置促進について、2、公募型プロポーザル制度の改善について、3、戦争遺跡を活用した街づくりについて、4、住宅政策について、5、市庁舎通話録音等について。次に、鳥山議員から、1、山の辺の道周辺活性化について、2、高齢者によりよい支援・サービス地域包括ケア)の推進について、3、有害鳥獣対策について。

広陵町議会 2016-09-12 平成28年第3回定例会(第3号 9月12日)

本町におきましても、これら戦没者に心から追悼の意を表し、恒久平和を願う目的で毎年戦没者追悼式を開催しており、追悼の辞として「二度と戦争参加を繰り返すことのないよう、恒久の平和を確立することこそが犠牲となれた方々への償いであり、御霊にお応えすることになると思います」との思いを述べさせていただいております。  

天理市議会 2016-06-15 平成28年  6月 文教厚生委員会-06月15日−01号

それからもう1点、近代遺産戦争遺跡の調査・保存等とあわせて、歴史文化基本構想の作成ということについてお尋ねしたいんですが、日本遺産登録、残念ながら今年度については天理市、桜井市については登録ができなかったわけなんですが、そういう状況の中で、歴史文化基本構想を作成していくということは、総合的な歴史文化行政を進めていく上でやっぱり必要だというふうに思うんです。  

広陵町議会 2016-06-13 平成28年第2回定例会(第3号 6月13日)

これ、交通戦争と言われたときがございましたけれども、1970年ごろから全国各地で設置されたと言われております。調べた範囲によりますと、近畿2府4県で町立で交通公園を持っているのは、兵庫県の播磨町と滋賀県の甲西町、その滋賀県の甲西町はもう湖南市になっておりますけれども、あと広陵町という範囲でした。播磨町と甲西町につきましても交通公園という用途は既に廃止されておるということで伺っております。

王寺町議会 2016-03-14 平成28年  3月 定例会-03月14日−03号

後期高齢者医療制度の対象年齢である75歳以上の方は、人生の始まりの時期を戦争の渦中に過ごされ、そして戦後の混乱の時代から現在の繁栄の基礎を築き上げてきた方々です。自己責任や受益者負担を強調するのではなく、安心して医療が受けられるようにするのが本来の政治であり、社会保障ではないでしょうか。