29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

天理市議会 2019-03-01 03月13日-03号

だけど、過去十年、一万キロを超えるような、たとえばバス事業者のというんですかね、バス路線を返上しておるというような、全国でそういう状況が進んでおります。それを受けて交通弱者、私自身は車を持ってて運転免許証もございますので、そんなにそういう厳しい状況は日常生活の中では感じないんですけども、免許証を返上したというふうなことになれば、たちどころに移動手段が毎日の生活に重くのしかかってくるわけです。 

奈良市議会 2018-06-18 06月18日-04号

奈良市木津川市で共同作成した遺構めぐりマップも大変好評で、跡をめぐるウオーキングツアー等も催され、多くの市民観光客にも親しまれております。 今後は、旧奈良監獄ホテル整備で新たな観光客が見込まれることから、今までの魅力と融合して新たなにぎわいが創出されるものと期待されるため、引き続き観光資源の発掘と活用に努めてまいりたいと考えております。 

広陵町議会 2017-12-14 平成29年第4回定例会(第3号12月14日)

そういう意味で、ちょっと大いに100周年を非常に逆に活用して、近鉄のけつをたたいてしたらあかんぞというように、できないというように持っていっていただきたいと思います。  それでは、質問2、香芝市との連携のことです。これ本当に公共施設、現在いろいろな説明も受け、現在進行形、過去はソフトはソフトで大いに結構やっていただいているわけ、今後についてもね。

広陵町議会 2017-09-14 平成29年第3回定例会(第3号 9月14日)

そのことがだめなときはひょっとしたらをも予期せねばならない事態になるかもわかりません。その場合、沿線自治体が共同で自主運行の想定も必要となります。そのときには多大な経費負担となることが予想されます。運行続行のための各自治体合意が不調のときは、最悪との可能性も想定されます。そうなれば、町民に不便を与え、町にとっても大量で安定輸送の鉄道の存続が町の活性の根幹であると私は思います。

香芝市議会 2016-12-14 12月14日-02号

そのほかといたしまして、下田東三丁目の旧葛下川の用地を活用いたしました歩道整備を初め、総合福祉センターへの進入路、先ほど上田井議員おっしゃいました福祉センターの進入路でございますけれども、この歩道整備、バリアフリー整備を現在市で行っております。これら市が行っております工事につきましては、平成29年3月末の完成を目指して行っております。 以上でございます。

広陵町議会 2016-09-09 平成28年第3回定例会(第2号 9月 9日)

大和広陵高校は最寄り駅でもございますし、この駅は我々としてもなくならないとは思っておりますが、乗客が減るとやはり将来的にということは考えられないことはないと思いますので、乗客をふやすためにどうするのかというところはやはり総合的に考えていくべきだろうと思います。

橿原市議会 2014-12-01 平成26年12月定例会(第4号) 本文

利用しなければになるということを含めて、市民にどのように公共交通の利用促進をしていくのかと問われたのに対し、本市のみならず、全国的に車社会の時代になってきている。このため乗合バス事業者にとっては非常に厳しい環境にあることは事実である。可能な限り市民、近隣市町村の方々に利用してもらえるように広報活動も必要である。

橿原市議会 2014-12-01 平成26年12月定例会(第4号) 本文

利用しなければになるということを含めて、市民にどのように公共交通の利用促進をしていくのかと問われたのに対し、本市のみならず、全国的に車社会の時代になってきている。このため乗合バス事業者にとっては非常に厳しい環境にあることは事実である。可能な限り市民、近隣市町村の方々に利用してもらえるように広報活動も必要である。

天理市議会 2014-12-01 12月17日-03号

そしてまた、常々佐々岡議員から御紹介いただいております兵庫県多可町の滞在型市民農園、ちょっと私も調べさせていただきましたが、鉄道になった中山間地域、そして、本当に大阪から高速を利用しても二時間以上かかるようなところに何で都会から人がやってくるのか。さほど名所等もあるわけでも、温泉もございません。そんな場所に何で人が寄ってくるのかというようなことを私なりにもちょっと勉強してみたいと思います。

奈良市議会 2014-03-06 03月06日-03号

続きまして、大仏鉄道観光整備と民間団体との協力についてでございますが、大仏鉄道明治31年4月に開業し、大仏詣で客でにぎわいましたが、急坂の難所や起伏の多い路線を抱えていたことと、また、加茂駅から木津駅を経由して奈良駅へ結ぶ新たな鉄道の乗り入れに成功したことによりまして、明治40年8月までのわずか9年でとなり、幻の鉄道とも言われております。

御所市議会 2014-03-05 03月05日-02号

〔東川市長登壇〕 ◎市長(東川裕) 中垣議員のご質問の中で奈良交通バス路線ののお話がございましたので、これについては私からお答えさせていただきたいと思います。 現在、奈良県地域交通会議というのがございまして、これは各市町村長、県、そして奈良交通を初め公共交通機関等々が出て合同の会議をさせていただいております。

橿原市議会 2014-03-01 平成26年3月定例会(第4号) 本文

また、在来線やローカル線の駅無人化をやめさせるべきであります。  1、東海道新幹線の年間輸送人員は、この20年間横ばいの状態で、9兆円の巨額の投資を行ってまで第2東海道新幹線建設を必要とする大義はありません。既存の新幹線に対する安全対策津波対策耐震化を進めるべきである。  1、リニアにかける期待、何とかすがりたい気分もございます。

橿原市議会 2014-03-01 平成26年3月定例会(第4号) 本文

また、在来線やローカル線の駅無人化をやめさせるべきであります。  1、東海道新幹線の年間輸送人員は、この20年間横ばいの状態で、9兆円の巨額の投資を行ってまで第2東海道新幹線建設を必要とする大義はありません。既存の新幹線に対する安全対策津波対策耐震化を進めるべきである。  1、リニアにかける期待、何とかすがりたい気分もございます。

橿原市議会 2013-06-01 平成25年6月定例会(第2号) 本文

八木駅からイオンモール橿原までは既設の停留所、イオンモール橿原からはとなりました観音寺線の旧バス停と御所市コミュニティバスバス停留所を考えております。  高齢者の方々が多く住まわれる県営住宅などの付近に停留所を設置し、高齢者を初めといたしました交通弱者の方々の利便性を図っていきたいと考えております。  

  • 1
  • 2