258件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大和郡山市議会 2019-03-11 平成31年  予算特別委員会-03月11日−01号

◆金銅委員 56ページの第5目 河川費、蟹川流域の件であるが、12年7月4日の豪雨からやがて19年がたつが、代官堀、正願寺、広島上・下、鴫ヶ池、ことしぐらいから市が小川町で、調整池用で取得された 2,000平米の土地の治水対策が始まるかと思っているが、どこかに計上されているのかを問う。 ◎西建設課長 小川町の調整池についてである。

橿原市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第5号)〔委員長報告〕

樫本副委員長 森下委員 松木委員 槇尾委員 杉井委員 (文教常任委員会からの報告)   文教常任委員会(2月6日実施)   相手方 橿原市PTA連合会   参加委員 佐藤委員長 亀甲副委員長 廣井委員 たけだやすひこ委員 奥田英人委   員 (厚生常任委員会からの報告)   厚生常任委員会(2月15日実施)   相手方 橿原市老人福祉施設協議会   参加委員 竹田のぶや委員長 竹森副委員長 成谷委員 小川委員

大和郡山市議会 2018-09-13 平成30年  決算特別委員会-09月13日−02号

それに対しては今年度、その上流域にある蟹川に接している小川町で貯留施設の建設をするべく基本設計の予算をいただいているので進めていきたいと思う。  また、浸水については、県道郡山環状線あたり、稗田地域は常に浸水する箇所として把握している。地蔵院川の上流域でも大雨の際には浸水が起こるということで、大雨時はそのあたりの巡視を一番にするような形で警戒している。

大和郡山市議会 2018-06-25 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月25日−03号

奈良県につきましては、蟹川改修を平成13年度から工事を継続して行ってきており、本市におきましても、今年度からは小川町調整池の整備に伴う調査に着手し、完成時には 3,000から 5,000立方メートルの雨水をためる予定でございます。  次に、京奈和道郡山下ツ道ジャンクション付近の一般道の状況についてでございます。  

大和郡山市議会 2018-03-13 平成30年  予算特別委員会-03月13日−02号

まずは54ページ、第5目 河川費、第13節 測量設計等委託料の部分で、これは流域貯留浸透事業で、小川町とことしは聞いているが、この概要について問う。 ◎西建設課長 流域貯留浸透事業、小川町についての質問である。平成12年7月の水害を受けて、蟹川流域の流下能力の不足する区間の浸水対策として、代官池から広島池及び鴫ヶ池のため池を利用した治水対策が計画され、順次整備をしてきた。

大和郡山市議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月05日−02号

20ページに、流域貯留浸透事業として、「小川町に確保しております用地を活用し、雨水調整池を設置する事業に着手してまいります」と記載されています。この件でお尋ねします。  平成12年7月4日、大雨で市管理蟹川が氾濫し、九条地域、旧市内の一部に浸水被害が出て、多くの市民の皆様に御迷惑をおかけしました。そこで、質疑ですが、このときの水害の原因をどう分析されたのか、答弁求めます。  

橿原市議会 2018-03-01 平成30年3月定例会(第1号)〔委員長報告〕

<意見交換会について>  (各委員会からの報告)   厚生常任委員会   実施日 1月25日   相手方 (一社)橿原市観光協会4名 および オブザーバーとして橿原市2名   参加委員 6名全員   総務常任委員会・建設常任委員会(合同)   実施日 1月19日   相手方 橿原市建築士会5名   参加委員 総務 小川委員長 成谷委員 西川委員        建設 廣井委員長 佐藤副委員長 松木委員

奈良市議会 2017-09-28 平成29年  9月 定例会-09月28日−05号

     池田 修君   消防局長     藤村正弘君   教育長      中室雄俊君   教育総務部長   尾崎勝彦君   学校教育部長   北谷雅人君   監査委員     東口喜代一君  総合政策課長   吉村啓信君   財政課長     増田達男君 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−  事務局職員出席者   事務局長     米浪高之    事務局次長    小川祐弘