35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

橿原市議会 2017-03-08 平成29年予算特別委員会(平成29年度当初予算) 本文 開催日: 2017-03-08

25 ● 学校教育課長 この不正したことにつきましては重く受けとめておりますので、先ほど申しましたとおり、刑事告発をして、今は審理していただいている状況でございます。  あと、領収書がついておればということなんですけれども、今回詐取したものについて……。(「いや、質問に答えてないやん。罪を市も認めて当人も認めたから解雇したんかと言ってる。

天理市議会 2016-03-14 平成28年  3月 総務財政委員会-03月14日−01号

また、審理におきまして、処分に関与しない者ということで審理員が設定されまして、審理員が審査請求人及び処分庁の主張を公正に審理するものと決められております。また、第三者機関への諮問手続の導入といたしまして、審査請求についての判断の妥当性をチェックする附属機関として行政不服審査会を置くとしております。  それでは、配付しております天理市情報公開条例新旧対照表の方をご覧いただきたいと思います。

生駒市議会 2016-03-02 平成28年第2回定例会 議会運営委員会 本文 開催日:2016年03月02日

本案は、行政不服審査法の改正により、関係条例の用語の整理等をされるとともに、条例に定めることによって、審理員による審理手続きの適用を除外することが可能であることから、既に第三者機関によって実質的に審査請求に対する審理が行われている、生駒市情報公開及び個人情報保護審査会を同法の改正による適用から除外するため、関係条例を改正されるものです。  

橿原市議会 2016-03-01 平成28年3月定例会(第6号) 本文

また、不服申し立て前置の手続の縮小・廃止から、手続の一元化、審理の客観性・公正性の確保、審理の迅速性が図られるなどとしていますけれども、不開示決定に対する審理請求において、審理員や第三者機関の公平性を厳格に担保するための手だてもないなど、問題点が残されているので、反対といたします。  

天理市議会 2015-03-13 平成27年  3月 定例会(第1回)-03月13日−03号

上記支給に係る違法事由の有無及び性格や市長及び担当職員故意又は過失等の帰責性の有無及び程度をはじめ、上記支給の性質、内容、原因、経緯及び影響、当該議決の趣旨及び経緯、当該請求権の放棄又は行使の影響、上記住民訴訟の経緯、事後の状況などの事情について審理することなく、直ちに当該議決が適法であるとした原審の判断には違法がある。この結論はさておき、内容的にはこういうものであります。  

広陵町議会 2015-03-11 平成27年第1回定例会(第3号 3月11日)

また、いじめ防止対策推進法第22条で「学校は、当該学校におけるいじめの防止等に関する措置を実効的に行うため、当該学校の複数の教職員審理福祉等に関する専門的な知識を有する者その他の関係者により構成されるいじめ防止等の対策のための組織を置くものとする」の規定に基づいて、町内の各小・中学校においては、「いじめ防止対策委員会」を設置し、いじめを確認したときは直ちに委員会を開催し、いじめの防止対策に努めています

橿原市議会 2015-03-01 平成27年3月定例会(第4号) 本文

また、パブリックコメントを実施するなどして市民の意見を聞くこともできたと思うが、そういう考えはなかったのかと問われたのに対し、平成26年6月に行政不服審査法関連3法が公布されたが、公布後2年以内に審理員などの第三者機関による手続きの導入をするように国から通知があった。その詳細がまだ出ていないので待っていたというのが事実である。

御所市議会 2014-12-11 平成26年 12月 定例会-12月11日−21号

しかし、原告はこの判決を不服として大阪高等裁判所控訴し、高裁での審理平成26年12月5日に終了いたしております。その判決の言い渡しが平成27年、来年の2月5日に予定されているところでございます。  次に、もう一つの元町地内での裁判でございますが、これも原告から御所市を相手取って平成25年11月に起こした工作物収去・土地明け渡し等請求事件でございます。

生駒市議会 2014-09-17 平成26年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2014年09月17日

そのためには、警察検察が集めた証拠は、有利、不利にかかわらず、全て明らかにされ、そのもとで事件審理が行われなければならないのです。  国においては、万が一にも無実の証拠が隠されたことで再びえん罪を生まないために、憲法保障された公正な裁判の実現と国民人権を守る立場から、以下のとおり実現されるよう、強く求めるものであります。  

御所市議会 2014-09-10 平成26年  9月 定例会-09月10日−12号

二審の審理において、前川前市長は中和側の証人になり、御所市にとって不利益な発言で二審敗訴の結果を生んだように聞いております。  芳本元市長、前川前市長は、ともに御所市の功労者でございます。芳本元市長は本年7月に亡くなられ、我が市の証人として出廷はできませんが、私には理解できないのですが、前川前市長は反対側の証人になり、御所市にとって不利益なことが言えるのでしょうか。売却当時は市長ではありません。

天理市議会 2012-12-13 平成24年 12月 経済産業委員会-12月13日−01号

続きまして、24年3月15日に第2回の口頭弁論が予定されていたところでございますが、原告破産手続きの開始に伴い、訴訟審理中断していたという報告を受けております。その後、破産管財人弁護士取消訴訟原告権利受継したことにより、口頭弁論平成24年11月6日に行われ、原告裁判審理の終了を求めたことを受けまして、当該訴訟が結審したということでございます。

桜井市議会 2011-03-23 平成23年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2011年03月23日

清掃公社の公判については、5回の口頭審理があり、相手方からは「税については依頼を受けていない」とのことで、現在のやりとりの焦点となっており、相手方の反論が5月12日予定されている。また、行政から参考人として出廷しているのかについては、口頭審理終了後、次の段階において、参考人あるいは証人としての招致があるのかと考えている。  

桜井市議会 2010-09-24 平成22年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2010年09月24日

清掃公社の課税問題についての現在の状況は、7月2日に奈良地裁に訴状を提出し、9月7日に第1回口頭審理があった。損害賠償請求金額については4,000万円余りになる。市民への説明責任については、訴訟中であるので、時期を見て報告したいと考えているとのことでありました。  次に、歳入について申し上げます。  

生駒市議会 2009-12-15 平成21年第8回定例会 企画総務委員会 本文 開催日:2009年12月15日

12月4日付けの奈良地方裁判所和解勧告につきましては、これまで延べ19回の審理を踏まえまして、本件各不動産の現在価格は購入価格の半額近くまで下落し、市が生駒市土地開発公社から同公社による購入価格相当額で購入することは、地方自治法2条14項及び地方財政法4条1項の趣旨に照らして望ましいものではない、また、本件訴訟が係属している限り、生駒市は、事実上、本件不動産の利用が阻害される、また、このような状況

生駒市議会 2009-09-15 平成21年第5回定例会 企画総務委員会 本文 開催日:2009年09月15日

一応、司法の中で、今、差止め命令裁判所から出るのか出ないのか、その審理をしていただいている最中でございますので、今のところはちょっとなかなか手を付けにくいと、そういう状況でございまして、その辺のことは、懇話会のメンバーとか自治会の連合会の会長さんだったかにはお手紙でご連絡はさせていただいております。

  • 1
  • 2