12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

生駒市議会 2018-12-21 平成30年第8回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年12月21日

なお、全市での実施に当たっては、年齢学齢期別の学習目標、取組方針を明確化し、標準的な学習プログラムを作成するなど、全市的な展開方針を定めるとともに、同方針の策定に際しては、子どもの学び、育ちの在り方から検討を始め、地域の特性を踏まえた地域別の方針を定めることを前提として、施設連携型を基本とした共通方針を定めることを求めます。  

桜井市議会 2018-03-16 平成30年予算特別委員会 本文 開催日:2018年03月16日

◯石田幸余福祉保険部長 放課後デイサービスにつきましては、学齢期の障がい児が授業後や休業日に通う療育機能、居場所機能を備えたサービスとなっておりまして、今回、国で決めている上限23日まで予算化されて、23日が必要か、10日でいいのか、その子どもさんによってそれぞれのプランが出てくると思うんですが、上限を23日までふやさせていただいています。

桜井市議会 2018-03-05 平成30年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年03月05日

障害児通所支援事業費におきましては、学齢期にある障がい児のための通所型のサービス事業である放課後等デイサービス事業の拡充にかかる所要額を計上しております。  子ども未来対策費におきましては、今日、大きな社会問題となっております児童虐待の対応及び防止強化と、家庭児童相談事業の機能強化を図るための所要額を計上しております。  

桜井市議会 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年12月11日

学校教育法第9条において、経済的理由によって就学困難と認められる学齢児童・生徒の保護者に対しては、市町村は必要な援助を与えなければならないというふうにされております。  就学援助の対象者については、生活保護法第6条第2項に規定をする要保護者市町村教育委員会生活保護法第6条第2項に規定する要保護者に準ずる程度に困窮していると認める者、いわゆる準要保護者でありますが。  

生駒市議会 2013-12-13 平成25年第5回定例会 市民福祉委員会 本文 開催日:2013年12月13日

下段、取組を支える主な現行事業等に、学齢期に行われる現行事業として、学校での歯科検診を追加させていただきました。  また、資料編のページ4以降のグラフ全てに、N、サンプル数を追加させていただいております。  その他、指摘いただいた脱字の修正や、子宮がんと子宮頸がんなど、異なった表現を統一したり、再度こちらの方でチェックを行い、何点か修正した上でパブリックコメントを実施させていただいております。  

生駒市議会 2008-12-09 平成20年第5回定例会(第1号) 本文 開催日:2008年12月09日

180 ◯12番(有村京子君) 私の方の調べと実際の部長のお答えと少し差があるようなんですけども、発達障がいの場合、学齢期の場合はいろいろ教育的なサポートがありますけれども、中には大人になっても、発達障がいの特性から職場などの社会環境になじめない場合があるのを私自身も実際、具体例として知っているんです。

生駒市議会 2008-03-24 平成20年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2008年03月24日

つい数年前までは、子育て支援施策イコール保育園の待機児童ゼロにすることというようなイメージしかありませんでしたが、今は、児童虐待防止対策発達障がい児の支援、子育てひろば事業、子育て支援センターの整備など、親の就労の有無にかかわらず広く支援していく必要がございますし、学童保育保育環境の充実、少人数学級編制、特別支援教育不登校児童対策など、学齢期に入った子どもの支援の充実も求められております。

  • 1