1395件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

桜井市議会 2019-03-27 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年03月27日

子育て支援費、ファミサポネットワーク負担金が減額されているが、ファミリー・サポート・センターの利用者数と現状について聞きたい。  児童福祉施設費、学童待機児童の現状について聞きたい。また、待機児童が発生した場合の対応策はどうするか。  社会福祉議会補助金及び福祉タクシー扶助費の減額理由について聞きたい。  4款、衛生費につきましては、自殺対策事業費の具体的な内容について聞きたい。  

生駒市議会 2019-03-25 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年03月25日

確かに、子育て支援、介護予防など、頑張っているところもあり、それらは評価するものであります。しかし、市の諸問題との関係において、市民の生活を応援するに十分か、また市政運営での発想や姿勢がふさわしいものかと言うと、そうではない点も多々あります。例えば、家庭ごみの有料化やRAKU─RAKUはうすの有料化に表れている、市民のことより受益者負担という発想を優先する基本姿勢は何ら変わっておりません。

広陵町議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第5号 3月20日)

これは子育て支援のまちということで考えるならまずここを無料化をしていくべきなのに、それに対して非常に冷淡な態度をとっております。  それから長時間労働のことについても申し上げたいと思います。先ほど条例改定で職員労働時間、残業の上限については、規則で定めるということについて共産党は賛成をしております。しかしその具体的に何時間までというのは決めていないわけです。

桜井市議会 2019-03-20 平成31年文教厚生委員会 本文 開催日:2019年03月20日

第5次総合計画の中の第3章、健康福祉、第7節、子育て支援、市民生活の目標像としましては、子育てに関する相談や支援が受けられ、安心して子育てができるということになっております。5番目としまして、関連する法令及び条例等ですが、奈良県福祉医療制度法律に基づくものではなく、あくまでの国の制度を補完するための制度であり、県の福祉医療費助成事業補助金要綱に基づいております。

桜井市議会 2019-03-18 平成31年予算特別委員会 本文 開催日:2019年03月18日

◯斉藤和成社会福祉課長 前回のプレミアム商品券の場合は対象者として縛りがございませんでしたが、今回は低所得者及び子育て世帯ということになっております。ですので、かかる事務費としては前回のものを参考にさせていただきましたので、前回はプレミアム相当額が9,000万円、それに対する事務費合計が3,500万円ぐらいでした。  

生駒市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会 市民文教委員会 名簿 開催日:2019年03月13日

     奥田和久   環境保全課課長補佐  木戸勇   教育振興部長     真銅宏    教育振興部次長       吉川和博   教育総務課長     辻中伸弘   教育総務課長補佐     山本英樹   教育指導課長     城野聖一   教育指導課長補佐     滝澤治生   学校給食センター所長 植島秀史   こども課長         前川好啓   こども課課長補佐   松田悟    子育て

生駒市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会 予算委員会(市民文教分科会) 本文 開催日:2019年03月13日

この費目は子育て支援事業として、父親向け子育て事業の充実やみっきランドなどの運営に係る経費を計上しております。また、私立保育所等に対する運営費等の補助金や私立保育所で実施する子育て支援事業に係る経費のほか、児童手当の支給経費等を計上しております。  続きまして、目2、児童保育費、これにつきましては、市内の私立保育所及び市外の保育所への保育実施負担金が主なものでございます。  

生駒市議会 2019-03-13 平成31年第1回定例会 予算委員会(市民文教分科会) 名簿 開催日:2019年03月13日

   環境保全課課長補佐   奥田和久   環境保全課課長補佐     木戸勇   教育振興部長        真銅宏    教育振興部次長     吉川和博   教育総務課長        辻中伸弘   教育総務課長補佐   山本英樹   教育指導課長        城野聖一   学校給食センター所長  植島秀史   こども課長         前川好啓   こども課課長補佐    松田悟   子育て

生駒市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会 予算委員会(厚生消防分科会) 本文 開催日:2019年03月12日

222 ◯吉村智恵健康課長 受動喫煙だけではなく、他の子育て施策とかも取り込んだ、市民の方が一目見て飲食店の取組が分かるような掲示物が作れないかということで、今、関係各課で協議を始めたところでございますので、また、それにつきましては今後いろいろ検討していきたいと思っております。

広陵町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第3号 3月 8日)

この計画の背景は、一つは老朽化、二つ目は財政の悪化、自治体介護子育て需要の増大、貧困化の拡大などで社会保障費がふえ、逼迫しています。ところが国は財政支援や制度改善をせず、逆に地方にさらなる行政改革や経費削減を求めており、自治体では単独事業、特に経費が急増する公共施設の改修、更新費が標的にされています。  三つ目は人口減少の変化、少子高齢化に伴う利用需要の変化です。

広陵町議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第2号 3月 7日)

香芝ももちろん緑は豊かでございますが、やはりそのような違いがどうしてもあるなというふうに感じられますが、そんな中で移住定住者をふやすということについて考えますと、やはり子育て支援をしっかり充実していく、若い世代を呼び込むためには、やはりそういった子ども・子育て世代の支援をしっかりしていく必要がある。

橿原市議会 2019-03-06 平成31年厚生常任委員会 本文 開催日: 2019-03-06

昨今、少子高齢化核家族化が進む中で地域のつながりが希薄化してきていて、地域課題も孤独死であるとか、子育てに悩む保護者さんの孤立、生活困窮、それぞれが複雑に複合化した地域課題が増えております。それらを解決するためには、やはり地域住民の皆様の支え合いの強化や行政サービス情報の充実が不可欠ということで、このたび第4期計画ということで策定をさせていただいております。  

生駒市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年03月06日

まず、一つ目の市政運営方針の「みんなで創る、日本一楽しく住みやすいまち・生駒」という課題に対してのこの五つの分野との関係、課題の解決策となっているのかということ、特に少子化、高齢化、あと人口減という課題についてということでございますけれども、基本的には大きく二つありまして、「自治体3.0」とか、地域のコミュニティの創出によりまして、子育てしやすい環境でありますとか、高齢者介護地域での見守り、そういうふうなものの

生駒市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年03月05日

子育て世代保護者地域孤立することなく、子どもたちが安心して成長できる地域づくりを進めるとともに、幼稚園保育所、こども園など、就学前教育保育ニーズに対応した環境整備に取り組みます。  母子保健については、妊娠に至らない人の一般不妊治療に要する検査・治療費を助成いたします。

桜井市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年03月04日

プレミアム付商品券事業費におきましては、消費税及び地方消費税の10%への引き上げにより、低所得者及び子育て世帯消費に与える影響を緩和するとともに、地域における消費を喚起・下支えすることを目的として、プレミアム付商品券の販売を行うための所要額を計上しております。