運営者 Bitlet 姉妹サービス
23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-06-27 大和郡山市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月27日−04号 民間企業に働く非正規雇用労働者では、2018年4月から労働契約第18条に基づく無期雇用への転換請求が始まりますが、公務に働く臨時・非常勤職員には労働契約は適用されません。そのため、「いつまでも非正規、いつまでも雇い止め可能」な劣悪なかつ不安定な状況に置かれています。これは改正地方公務員法及び地方自治法の施行後も変わるものではありません。   もっと読む
2017-09-19 大和郡山市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月19日−03号 そこで、非正規労働者の雇用を安定させるために2013年4月に改正された労働契約に、非正規労働者無期転換ルールが定められました。この非正規労働者無期転換ルールの法律は、同じ雇用主との契約を繰り返し更新し、通算5年を超えて6年目に入った段階で、雇用期間を定める必要のない無期契約を申し込む権利を得られることができるという法律であります。 もっと読む
2016-03-15 生駒市議会 平成28年第2回定例会 市民福祉委員会 本文 開催日:2016年03月15日 いろんな制度が、今の消費者契約でありますとか特定商取引法にもいろいろ規制はございますけれども、それは、あらかじめ拒絶の意思を表示した消費者に対する訪問や電話による勧誘のみを禁止するものでありまして、他の方法による営業活動を何ら規制するものではございません。情報を得たい消費者からその機会を奪うというものではないということです。   もっと読む
2016-03-09 生駒市議会 平成28年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2016年03月09日 2、消費者契約を改正することによって、認知症等、合理的判断ができない事情につけ込んで不当に締結した契約において、契約を取り消すことができる要件の緩和や行使期間の延長など、取消権を拡大すること。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。   もっと読む
2015-11-20 奈良市議会 平成27年 11月 観光文教委員会-11月20日−01号 また、労働契約では、第5条で労働者への安全の配慮がうたわれております。労働者が心身の健康も含めて生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配備をすることを使用者に求めています。学校現場において、使用者というのは教育委員会と学校長を指します。安全配慮義務の履行は、教育委員会と学校長の責務であります。 もっと読む
2014-08-08 香芝市議会 平成26年 8月 8日 第10回香芝市職員採用及び人事に関する調査特別委員会-08月08日−01号 ◆委員(川田裕君) これ請負の委託契約になりますので、契約からいけば、先ほどもちょっと午前中も出てましたけど、仕様書っていうものをきちっとこれ定めていかなければならないと。選ぶ側としても、今法律の改正もあって、これマージン率とか、そういったものを全部これ公表、公開の義務化されてますよね。そのあたりは、今マージン率あたりはどのあたりにいくらぐらい見られているんですか。 もっと読む
2013-09-22 香芝市議会 平成25年 9月22日 決算特別委員会-09月22日−02号 ということは、労働契約とは関係ないということですか。 ○委員長(中村良路君) 森村次長。 ◎企画部次長[人事課長事務取扱](森村光延君) 基本的にはそのように考えていただいて、結構だと思っております。 ○委員長(中村良路君) 川田委員。 ◆委員(川田裕君) もう一点聞きたいのですけど、民営化計画ということで前から話が出ていますね。平成24年度もいろいろ策定事業されてきたと思います。 もっと読む
2013-09-11 広陵町議会 平成25年第3回定例会(第2号 9月11日) 民間の労働契約で5年継続すると有期雇用が無期雇用に転換するという改正労働契約の第18条は、民間の判例法理を法律化したもので公募は適用外です。最高裁の判例として既に確立していますから、公務に持ち込むのは問題外です。したがって正規を避けるため3年、今は5年ですが、この5年たつ前に雇いどめにする必要は全くないのです。 もっと読む
2013-09-11 広陵町議会 平成25年第3回定例会(第2号 9月11日) 民間の労働契約で5年継続すると有期雇用が無期雇用に転換するという改正労働契約の第18条は、民間の判例法理を法律化したもので公募は適用外です。最高裁の判例として既に確立していますから、公務に持ち込むのは問題外です。したがって正規を避けるため3年、今は5年ですが、この5年たつ前に雇いどめにする必要は全くないのです。 もっと読む
2013-05-20 香芝市議会 平成25年 5月20日 第2回香芝市職員採用及び人事に関する調査特別委員会-05月20日−01号 ◎企画部次長[人事課長事務取扱](森村光延君) ただいま委員ご指摘のとおり、平成25年4月から労働契約が改正になりまして、今後という規定がついているわけですが、5年以上継続雇用された者につきましては、本人の希望をもって常勤採用するというふうに、一般の事業所については新たに法律が制定されたわけです。ちなみに、当該労働契約自体は地方公務員には適用除外です。 もっと読む
2012-09-26 香芝市議会 平成24年第4回 9月定例会-09月26日−03号 生活できる賃金確保などを公契約に盛り込むよう義務づける公契約条例、公契約の制定や国際労働機関ILOの批准を求める運動が起こっているということです。しかし、残念ながら日本政府としても、この条約に対しては批准をしておらないというのが現状です。  しかし、公契約のまさに発注者は税金を納めている市民であると考えます。 もっと読む
2010-09-21 香芝市議会 平成22年第4回 9月定例会-09月21日−02号 特徴的な相談としましては、消費者に不利な情報は知らされず、現実以上の誇大な宣伝広告をすることによりトラブルを生じさせる例が多く、消費者契約の活用等により解決に努めております。  あわせてご質問あったと思うんですが、事例が何かないんかなということだと思うんですけども、例えばインターネットで見つけた確実に収入が得られるという情報商材を申し込んだところ、クレジットカードで決済購入いたしましたと。 もっと読む
2010-09-15 天理市議会 平成22年  9月 総務財政委員会-09月15日−01号 これにつきましては、平成19年に環境配慮契約というのが成立しております。この法律について、調査結果があるんですけども、内容を知っていると回答した割合は全体の約3割にとどまっている。 もっと読む
2010-06-14 生駒市議会 平成22年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2010年06月14日 今後におきましても、最低賃金の引上げや国の公契約の制定動向、また、他の自治体の動向について注視していく考えでございます。以上でございます。よろしくお願いいたします。 もっと読む
2009-12-10 広陵町議会 平成21年第4回定例会(第1号12月10日) それから、労働契約によれば、労働者に不利益な規定を経営者が勝手に定めるというのはできないと、労働基準法、それから労働契約の中にきちんと書いてあります。 もっと読む
2009-12-10 広陵町議会 平成21年第4回定例会(第1号12月10日) それから、労働契約によれば、労働者に不利益な規定を経営者が勝手に定めるというのはできないと、労働基準法、それから労働契約の中にきちんと書いてあります。 もっと読む
2008-11-09 生駒市議会 平成20年度決算審査特別委員会(第1日目) 本文 開催日:2009年11月09日 そういったことで、これはもちろん公契約というのが本来前提になるべきものであって、自治体一つ一つが率先してなかなか進められない問題であるということもそちらの方の野田市さんの方の見解にも出ておりますけども、1億円以上、それから1,000万以上の委託ということで、野田市さんとしても件数がかなり少ないと、たしか年間で数件しかないというようなことも書かれておりましたけども、一つの契機になるということでされたような もっと読む
2008-03-19 大和高田市議会 2008.03.19 平成20年3月定例会(第4号) 本文 また、県では、国の環境配慮契約が昨年の11月に施行されたことを受け、環境配慮方針を制定され、「環境に配慮した契約を推進し、環境と経済が両立する新しい社会づくりを目指す」としておられます。今後、大和高田市においても取り組まなければならない課題ではないのでしょうか。   もっと読む
2007-12-14 生駒市議会 平成19年第5回定例会 環境文教委員会 本文 開催日:2007年12月14日 8 ◯生活安全課長(森本明夫君) ご質問の分、17条、国の機関等に関する情報の提供ということで、従来、他市の条例等、明記されていない部分につきまして、本条例におきましては、国又は他の地方公共団体、国民生活センター、弁護士会、それと、消費者契約の適格消費者団体等に情報提供を行えるということで定めております。   もっと読む
2007-07-04 大和郡山市議会 平成19年  6月 定例会(第2回)-07月04日−05号 5.今国会で成立した「環境配慮契約」を実効性のあるものとするため、まず国・政府が率先     して温室効果ガス等の排出の削減に配慮した契約の推進を積極的に行うこと。   以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。   提出先は、内閣総理大臣、国土交通大臣、経済産業大臣、文部科学大臣、環境大臣でございます。    もっと読む
  • 1
  • 2