330件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

香芝市議会 2020-12-13 12月13日-03号

現在の流域貯留浸透事業の要綱では、ため池の貯留施設整備にあわせまして、堤防のかさ上げでありますとか、管理用通路の整備、また堤体の補強等、ため池を管理されている地元の皆様にとっても有益な事業として実施できる内容となってございます。 以上です。 ○副議長(上田井良二) 芦高議員

奈良市議会 2020-09-19 09月19日-03号

佐保川、秋篠川、富雄川、岩井川、地蔵院川、高瀬川及び能登川が、50年から100年に1回程度起こる大雨で、想定される堤防の全てが決壊した場合の洪水予想をもとに作成されているものでございます。 3点目につきましては、ゲリラ豪雨等による浸水状況の情報集約についてでございます。 

奈良市議会 2020-03-05 03月05日-03号

具体的なものといたしましては、河川堤防改修事業、小学校施設整備事業、文化振興施設整備事業につきましては、前年度に比べまして事業費を減額したことによりまして、財源となる市債もそれぞれ減額となっております。 令和2年度は一時的に市債発行が増えてしまいますが、市債発行の抑制はもちろんのこと、交付税のあります市債の借入れなどに努め、将来世代への負担の軽減を図ってまいりたいと考えております。 

王寺町議会 2020-03-05 03月05日-02号

以前、大型コンクリート除去について、後日施工予定と伺っておりましたが、先日畠下橋上流の堤防に令和2年3月25日まで護岸工事を実施する旨の看板が設置されていて、今現在、大型ショベルカーが入り、工事中でございます。工事の箇所の約200から300メーター下流がせせらぎ公園です。 そこで、この工事に合わせて、できますれば工事を前倒して少しでも早く大型コンクリートの除去ができないかを伺います。 

奈良市議会 2020-02-27 02月27日-01号

次に、市債につきましては、臨時財政対策債や河川堤防改修事業債において減額するとともに、その他の事業につきましても引き続き市債発行の抑制に努めたところではございますけれども、新斎苑整備事業や本庁舎の耐震化事業、また仮称子どもセンターの建設事業、平城西中学校区小中一貫校校舎建設事業など、本市の未来への投資となる重要な大型事業に係る市債発行が重なりますため、総額では213億3270万円といたし、前年度に比

広陵町議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3号12月12日)

二つ目の奥坪橋交差点安全対策についてですが、奥坪橋交差点は、葛城川の堤防道路である県道大和高田広陵線と県道田原本広陵線が交差し、朝夕のラッシュ時交通量は非常に多くなります。奥坪橋を中心に葛城川両岸の堤防道路がH型に交差しており、さらに東詰の交差点には、南側から町道百済中央線が接続し、交通がふくそうするため、警察からは、信号機を設置するには交差点の改良が必要と言われています。

桜井市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年12月10日

また、川の堤防が崩れる決壊が発生したのは、7つの県の合わせて71河川、140カ所となっています。  今回の台風は、たまたま関東で大きな被害となりましたが、少し進路が変わるだけで、本市においても大きな被害となったことも考えられます。事前に危険箇所を認識し、素早い避難行動をとることが命を守る上で最重要と考えます。  そこで、お伺いいたします。

王寺町議会 2019-12-06 12月06日-02号

台風15号、19号、そして21号の影響による記録的大雨により、各地で河川の氾濫を引き起こし、堤防が決壊して多くの民家が濁流にのみ込まれました。今もなお、被災地では大変な生活を強いられている方がたくさんいらっしゃいます。 今回のような甚大な風水災害土砂災害や、南海トラフ巨大地震の発生に備える町民の防災意識を高めるためにも、早目の避難を設定するための訓練が必要とされます。

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

住宅の密集地を流れており、また堤防も低いために、大雨のときの水害リスクが高くなっています。昨年の大雨でも流域で冠水や浸水が発生しました。この間、県の工事が続いていますが、土庫川については具体的な河川の改良や改修、整備といったことについて市と県との協議などは行っていますでしょうか。

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

住宅の密集地を流れており、また堤防も低いために、大雨のときの水害リスクが高くなっています。昨年の大雨でも流域で冠水や浸水が発生しました。この間、県の工事が続いていますが、土庫川については具体的な河川の改良や改修、整備といったことについて市と県との協議などは行っていますでしょうか。

大和高田市議会 2019-12-01 令和元年12月定例会(第3号) 本文

住宅の密集地を流れており、また堤防も低いために、大雨のときの水害リスクが高くなっています。昨年の大雨でも流域で冠水や浸水が発生しました。この間、県の工事が続いていますが、土庫川については具体的な河川の改良や改修、整備といったことについて市と県との協議などは行っていますでしょうか。