23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

奈良市議会 2020-11-29 11月29日-01号

議員報酬費用弁償及び期末手当の額並びにその支給に関する条例等の一部改正について       議案第162号 奈良一般職職員給与に関する条例及び奈良一般職任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部改正について       議案第163号 工事請負契約の締結について----------------------------------- 本日の会議に付した事件  第1、陳情第20号 地盤調査

橿原市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第1号) 本文

議会事務報告教育に関する事務管理及び執行状況点検及び評価報告書について、令和元年5月・6月・7月分の例月出納検査結果報告令和元年度監査の結果報告(8月実施)、令和元年度(公社)全シ協定総会決議にかかる要請活動について(要請)、橿原市内建設関連業者に関する要望について、既存住宅に対する地盤調査に対する補助金の交付に関する陳情書耐震診断における項目の地盤状況報告の改善に関する陳情書地盤調査

橿原市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会(第1号) 議事日程・名簿

議会事務報告       (2)教育に関する事務管理及び執行状況点検及び評価報告書について       (3)令和元年5月・6月・7月分の例月出納検査結果報告       (4)令和元年度監査の結果報告(8月実施)       (5)令和元年度(公社)全シ協定総会決議にかかる要請活動について(要請)       (6)橿原市内建設関連業者に関する要望について       (7)既存住宅に対する地盤調査

橿原市議会 2019-09-01 令和元年9月定例会 目次

…………………1-6    (1)議会事務報告    (2)教育に関する事務管理及び執行状況点検及び評価報告書について    (3)令和元年5月・6月・7月分の例月出納検査結果報告    (4)令和元年度監査の結果報告(8月実施)    (5)令和元年度(公社)全シ協定総会決議にかかる要請活動について(要請)    (6)橿原市内建設関連業者に関する要望について    (7)既存住宅に対する地盤調査

奈良市議会 2019-03-06 03月06日-02号

先日の観光文教委員会で、我が党の北村議員質問の中で明らかにされましたが、PTAが実施されたアンケートでは回収率が約9割、その中で、奈良市の説明に理解できない、引き続き説明を求めるという回答が約8割、3月議会施設体型の小・中学校の設計地盤調査を予算化することには反対回答が6割を超えています。 

橿原市議会 2018-11-01 平成30年市庁舎建設及び八木駅周辺整備事業等に関する特別委員会 本文 開催日: 2018-11-01

この中身を読みますと、「構造形式地震の揺れを抑制でき、地震発生時の業務の継続性が高い免震構造基本とするが、庁舎規模免震性能建築費地盤調査などを総合的に検討し、基本設計の段階において適切な構造形式を決定します」というふうに書いているので、要は基本的に考えているけど、全て提案を受けるというふうな文言になっているんですよ。うちの市は、免震だけ免震やと言っているんですよね。

広陵町議会 2017-09-22 平成29年第3回定例会(第4号 9月22日)

⑧同園舎増築工事は、事前に地盤調査を行わずに進めたために、建設後の地盤調査の結果軟弱地盤が判明し、基礎補強もせず、町が使用中止にしたので、さらに問題が拡大した。これちゃんと父兄への説明会のときにも出てましたわ、心配やと。  ⑨平成29年4月14日には、一連の事務方責任者であった副町長辞職勧告決議を可決しました。  6-4、今後のチェック機能のあり方、ここが大切であります。  

王寺町議会 2017-09-14 09月14日-02号

用地取得もでき得ればということでの計上であったわけでありますけれども、国庫補助の内示が低かったために、事業費ベースでは1,100万程度の予算執行を予定しておりまして、内容としては、現地の測量でありますとか地盤調査あるいは家屋調査、こういった調査実施したいというふうに考えているところでございます。 

広陵町議会 2017-07-27 平成29年第2回定例会(第4号 7月27日)

町長地盤調査等に関しましては、県の部分提出資料等は要らないのでしていないと。基本的には木造の2階建ての小規模だから要らないんだというふうにお答えしておられます。地盤調査は、普通建物を建てる前にするものでしょうか、それとも建てた後にするものでしょうか、お尋ねいたします。 ○議長笹井由明君) 中川理事! ○理事中川 保君) 基本的には地盤調査をして、建物基礎を決定する手順になると思います。

広陵町議会 2017-07-20 平成29年第2回定例会(第2号 7月20日)

実態は、地盤調査をせずに建てたために、後で軟弱地盤とわかりまして、ことしの4月から使用中止、このようになっております。3,000万円以上お金をかけてつくったんですけれども、使用中止となって、3,000万円以上かけてつくりましたが、まだ使っているのは3年ということで、減価償却も済んでいないと、この4月以降は物置きに使っていると、こういう話なんですけれども、まだ実態はわかりません。

広陵町議会 2017-03-24 平成29年第1回臨時会(第1号 3月24日)

北保育園増築工事に関し、地盤調査をせず、工事を行った理由についての質疑に対し、待機児童解消を急ぐ余り今回の結果となった面もあるとの答弁がありました。  こども園のカリキュラムはどこまで進んでいるのかとの質疑に対し、5月ごろをめどに完成させたいとの答弁がありました。  なお、継続審査を求める動議がありましたが、採決の結果、賛成少数で否決となりました。  

広陵町議会 2017-03-09 平成29年第1回定例会(第3号 3月 9日)

建築後の地盤調査で危険となっている園舎を放置して、そして11億円をかけて住民受けする新設園舎建築を急ぐ。広陵北認定こども園はそれを利用する園児のための安全な建物でなければなりません。北保育園の増築したプレハブ園舎は、地盤調査をした結果、安全でなかったことがわかったということは、要は虚偽の申請になってしまいます。さきの議員懇談会町長地盤補強するとしましたが、どのようにするのでしょうか。  

橿原市議会 2017-03-03 平成29年市庁舎建設及び八木駅周辺整備事業等に関する特別委員会 本文 開催日: 2017-03-03

それ以降、地盤調査を1回もしておりません。  ボーリング調査というのは、古いものであっても地中のものでありますので、変わらずそのままで残っておりますので、以前のものであっても、別に消費期限があるというようなものではないので、使えるというふうに考えております。

橿原市議会 2017-03-03 平成29年市庁舎建設及び八木駅周辺整備事業等に関する特別委員会 本文 開催日: 2017-03-03

それ以降、地盤調査を1回もしておりません。  ボーリング調査というのは、古いものであっても地中のものでありますので、変わらずそのままで残っておりますので、以前のものであっても、別に消費期限があるというようなものではないので、使えるというふうに考えております。

広陵町議会 2016-12-13 平成28年第4回定例会(第3号12月13日)

○11番(谷 禎一君) それで、9月議会で、この地盤調査をするときに、副町長土木事務所現場で立ち会いの上、当時は西保育所は目視しただけで調査にあらずということで、北保育園についてはN値確認しなさいということはなかったということは、これ土木と一緒に来たということですな、現場へ。 ○議長笹井由明君) 中尾副町長

広陵町議会 2016-09-12 平成28年第3回定例会(第3号 9月12日)

保育園は、地盤調査を行わず、既定地盤の強度が未確認のまま着手され、安全確認が行われていないまま利用されております。幼い園児が利用する建物です。確かな安全が確認された建物の上で保育されなければなりません。  そこで質問です。  1、両園の地盤調査平成27年11月に行われました。結果はどうだったのでしょうか。既定安全値は確保されているのでしょうか。  

  • 1
  • 2